NEAT(ニート)生活で消費エネルギーが増加!?

NEAT(ニート)生活で消費エネルギーが増加!?

NEAT(ニート)とは、私たちが日常的に行っている“運動以外”の動作で消費されるエネルギーのこと。肥満などの生活習慣病対策として、日々のNEATを増やす取り組みが注目されています。この記事では、座っている時間の長いデスクワーカーに向けて、NEATから日々の消費エネルギーを意識的に増やしていく「ニート生活」のポイントを紹介していきます。


NEAT(ニート)とは?

NEAT(ニート)とは、Non-Exercise Activities Thermogenesisの略で、日本語では直訳して「非運動性熱産生」です。「非運動性」とあるように、仕事、家事、通勤、通学、階段昇降、子どもとの遊び、犬の散歩、買い物など「運動以外の日常生活の動作による消費エネルギー」がNEATに該当します。

1日の生活で消費されるカロリーは、基礎代謝量+身体活動量+食事誘発性熱産生の3要素からなります。このうち、身体活動量(「運動」+「NEAT」)は、1日の総エネルギー消費量の約30%を占めています。

「運動」より「NEAT」から見直すべき理由

ここで、身体活動量を増やすなら運動を始めたほうが効果的だろうと思う方もいるでしょう。

しかし、運動不足を解消しようと急にランニングや筋トレを始めるのはあまりオススメしません。というのも、週に2回程度の運動をはじめても、70%程度の人が1年以上継続できていないという厚生労働省の調査結果※1もあるように、運動の習慣化は多くの人にとって大変難しいからです。

運動が続かない。忙しくて時間が確保できない、時間があってもすでにクタクタ…。運動習慣をつけようとして挫折してきた方や、仕事や家事に追われている方は、まずは日々の何気ない動作(=NEAT)を意識的に増やすことが消費エネルギーアップに効果的なアプローチになります。日々の生活において身体活動量を増やせれば、時間とお金の節約にもなり一石二鳥なのです。

NEATを増やす3つのポイント

ここからは「ニート生活」のポイントを3つほど紹介していきます。

①METs数値の高い生活動作を取り入れる

METs(メッツ):metabolic equivalentsとは、安静時を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動強度を示す国際的な単位です。例えば、普通歩行=3メッツ、階段を速く登る=8.8メッツ、バドミントン=5.5メッツ、ジョギング=7.0メッツ……といった具合に、運動の種類・種目によって運動強度が数値化されています。

厚生労働省は、身体活動量の基準(18〜64歳)として、「強度が3メッツ以上の身体活動を、週に23エクササイズ 行う。」と示しています。※2

23エクササイズとはどういうことかというと、「1メッツ×1時間 = 1エクササイズ」を基準に計算します。3メッツの運動を23 エクササイズやるには、7時間ちょっと(23÷3= 7.66……)かかり、この運動量を7日間で等分すると、3メッツの運動が1日1時間必要ということになります。

※『健康な数値』猪俣武範より作成

たとえば、普通歩行は3メッツですので、有名な「毎日1時間歩くのが健康に良い」という言説にもうなずけますね。

・職場との行き帰りで遠回りや早歩き、大股歩きをする。
・エレベーター・エスカレーターの代わりに階段を使う。
・自動車ではなく自転車。自転車ではなく徒歩で買い物に行く。

など、移動時間を活用してメッツを稼いでみてください。

②座りすぎ状態を改善する

最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ