普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

ルーティーン(routine)は、生産性を高める上で、とても大切なことです。日常にルーティーンを取り入れることでどのようなメリットがあるのかを解説します。


エネルギーを集中できる

私たちは日々、気づかないうちに、膨大な情報量の中、多くの選択と決断を迫られています。
『スタンフォードの自分を変える教室』(大和書房)で、著者のケリー・マクゴニガル氏は、食べ物に関する決断だけでも、一日で200回以上もの選択を無意識に行っているという研究結果を紹介しています。

優先順位の低いことでも判断には力が使われます。その結果、大切なことにおける判断に支障がでてしまう可能性もあるのです。Apple創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が、いつも黒のタートルネックのセーターを着ていたのは有名な話ですね。

脳が一日に使えるエネルギー量は限られていることをご存知でしょうか。一流の人たちは、そうした細かい判断を日常から意図的に排除することで、大事な「集中力」や意志力というエネルギーを分散させず、ここぞという場面で本来の力を発揮できるように温存する工夫をしているのです。

時間を効率的に使える

段取りやスケジュールが決まっていないと、物事をスムーズに進めることが困難です。これは仕事に限らず何をするにおいても、共通することです。事前に段取りを決めずにあれをやろう、これをやろうと、考えながら作業をしていると、余分に時間がかかってしまうものです。

あるビジネスパーソンは、毎日メールをチェックする時間を決めているといいます。その方に限らずデキる人に共通する特徴は、とにかくレスポンスが速いということ。その方は、メールを読む時間に加えて、メールの対処の仕方に関してもルールを決めていました。読んだメールには必ずその場で返信をする、何かの事情でその場で返信できないメールは、未読状態に戻すといいいます。

仕事のメール一つとっても、対応方法を事前に決めておけば、判断にかける時間と労力を省略することができます。

感覚を研ぎ澄ませる

毎日同じ物を食べていると、味がいつもと違って感じることがありませんか。実は、そういった変化に敏感になることは、自分の状態をチェックすることにも繋がります。

毎朝ヨガのポーズや呼吸を同じシークエンス(順序)で練習するのも、これと同じ意味があります。昨日はすんなりできていたポーズが今日は上手くできない。それが天気のせいなのか、前日の深酒の影響なのか、職場のトラブルを引きずっていて気持ちが乗らないからなのか、自分を観察しながら原因を探っていくことができるからです。このように毎日変わらないルーティーンを日常に取り入れることは、感覚を研ぎ澄ますことになるのです。

こういった方々は、世の中のちょっとした変化に気づき、次の流れを読むことで、ビジネスでも大きなチャンスを掴むことがあります。ルーティーンは、ただ単純化しているということではなく、無駄を省きながらも、一つ一つ丁寧に向き合うことに繋がります。

まとめ

継続していると自分にとって調子が良いことや、自分を向上させると思えることがあれば、積極的にルーティーンとして取り入れてみましょう。

例えば、食事をする時は感謝の気持ちをもって味わう。ストレッチでも、体の声に耳を傾けながら行う。朝のウォーキングも自分の息遣いや足の運びに意識を向けるなど。そういったルーティーンが、物事に対して丁寧に向き合い、感覚を研ぎ澄ませることになるのです。



元記事「普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと」は2017年12月11日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。 | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/mental/7035

「デキる人は、ヨガしてる。」(著:石垣英俊、及川彩)より 道徳的な日常生活の「実修」に専念する「カルマ・ヨーガ」は、ポーズや呼吸法、瞑想をしなくても行うことができる生き方のヨガといえます。 デキる人たちと接していると、こういった経典に基づくヨガの哲学を学んだかのように、実に毎日を自然体で過ごしているように見えます。 ここでは、ヨガ哲学が教えてくれる智慧と、「デキる人」たちの思考や習慣を、私たちなり

関連するキーワード


ルーティン 習慣

関連する投稿


そのこだわり、おことわり。将来を潰す”執着”から解放されよう。

そのこだわり、おことわり。将来を潰す”執着”から解放されよう。

道徳的な日常生活の「実修」に専念する「カルマ・ヨーガ」は、ポーズや呼吸法、瞑想をしなくても行うことができる生き方のヨガといえます。この記事では、ヨガ哲学が教えてくれる智慧と、「デキる人」たちの思考や習慣をヨガ的な習慣としてまとめました。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ