独学のおとも!おすすめの電験三種参考書3選

独学のおとも!おすすめの電験三種参考書3選

電験三種を受験する際の必須アイテム、参考書。独学で勉強する際にオススメの参考書をご紹介します。


電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者試験で、
電気主任技術者の主な仕事は、高圧の電気設備の維持・運用・監督などです。

電験の需要は増えている

ある一定規模以上のビルや工場などは、そのほとんどに高圧受電設備がありますので、電気主任技術者を置く必要があります。
また最近話題のソーラー発電所なども、大規模なものは電気主任技術者が必要になります。
そのため電験三種の需要は近年ますます増えており、
それまでは年1回しか試験が実施されなかったのですが、2022年からは試験の実施が年2回になります。
つまり現状として、電験三種は世の中に多く必要とされているということになります。

初学者におすすめの電験参考書は?

この電験三種ですが、高校や大学で電気を専門に習った人が受けるような試験で、専門的な知識がないとなかなか合格は難しいといえます。
しかし近年では、電気を専門とした人以外でも受験することが増えているようです。

電験三種を受験する人に向けた参考書は、たくさん出回っていますが、
その多くが、高校や大学で電気を学んだ人に向けて書かれた参考書になります。

それ以外の人が一般的な参考書を利用しても、なかなか理解できない場合もあります。

そのような人達はどの参考書を、使用したらいいのでしょうか?
電気を学んでこなかった人に向けた参考書を、紹介したいと思います。

誰でもわかる電験参考書
電気初心者に向けた、誰が読んでもわかりやすい人気の参考書です。

みんなが欲しかった! 電験三種 教科書&問題集
わかりやすいと、今人気のある参考書です。

電験三種 やさしく学ぶ
オーム社の電験参考書で、初級的位置づけの参考書です。

電験参考書は色々なレベルのものが販売されていますので、自分に合った参考書を見つけて勉強を進めるのが合格への近道になります。

最新の投稿


現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

みなさんは苦手な教科はありますか?苦手教科を克服したいけれど、なかなか克服できずに悩んでいる人は多い。僕が塾で日頃指導している中でも、「苦手教科を克服するためにどうやって取り組めばいいのか」と、よく相談されます。 苦手な教科は克服したいと思いつつ、苦手だからこそなかなか勉強したくないものです。今回の記事では、苦手教科を克服する方法をご紹介しましょう。


思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期になると、家族以外との関係を重視するようになります。これは、体だけでなく、心も成長することで起こる正常な変化です。しかし、この頃から人間関係の悩みも抱えるようになります。 今回は思春期ならではの人間関係の悩みについて、解決案とともに解説します。


身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

最近、羽がないスリムな形の扇風機が多く販売されています。扇風機といえばその形を思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、今までは羽がついた扇風機が一般的でした。 羽がある扇風機と、羽のない扇風機では、どのような違いがあるのでしょうか。


【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

日本人の約7割がiPhoneユーザーであると言われていますが、一般的に認知されていない機能も多いようです。中には、隠し機能と呼ばれる裏技のような機能もありますが、今回は裏技ではなく「コントロールセンター」の機能について解説します。 シンプルで便利なコントロールセンターの機能を使い、iPhoneと快適な生活を送りましょう。


「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

関西電力送配電で架空送電設備を保守するプロ職唯一の女性社員として活躍され、テレビ番組「深イイ話」に出演された関西電力送配電 大阪北電力本部 野江電力所に所属する西岡 鈴夏さん。西岡さんはなぜこの業界に興味を持ったのか、そのきっかけとなった高校時代の経験、そして現在のお仕事まで「送電線業務」の魅力について語っていただきました。


今月のおすすめ