独学のおとも!おすすめの電験三種参考書3選

独学のおとも!おすすめの電験三種参考書3選

電験三種を受験する際の必須アイテム、参考書。独学で勉強する際にオススメの参考書をご紹介します。


電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者試験で、
電気主任技術者の主な仕事は、高圧の電気設備の維持・運用・監督などです。

電験の需要は増えている

ある一定規模以上のビルや工場などは、そのほとんどに高圧受電設備がありますので、電気主任技術者を置く必要があります。
また最近話題のソーラー発電所なども、大規模なものは電気主任技術者が必要になります。
そのため電験三種の需要は近年ますます増えており、
それまでは年1回しか試験が実施されなかったのですが、2022年からは試験の実施が年2回になります。
つまり現状として、電験三種は世の中に多く必要とされているということになります。

初学者におすすめの電験参考書は?

この電験三種ですが、高校や大学で電気を専門に習った人が受けるような試験で、専門的な知識がないとなかなか合格は難しいといえます。
しかし近年では、電気を専門とした人以外でも受験することが増えているようです。

電験三種を受験する人に向けた参考書は、たくさん出回っていますが、
その多くが、高校や大学で電気を学んだ人に向けて書かれた参考書になります。

それ以外の人が一般的な参考書を利用しても、なかなか理解できない場合もあります。

そのような人達はどの参考書を、使用したらいいのでしょうか?
電気を学んでこなかった人に向けた参考書を、紹介したいと思います。

誰でもわかる電験参考書
電気初心者に向けた、誰が読んでもわかりやすい人気の参考書です。

みんなが欲しかった! 電験三種 教科書&問題集
わかりやすいと、今人気のある参考書です。

電験三種 やさしく学ぶ
オーム社の電験参考書で、初級的位置づけの参考書です。

電験参考書は色々なレベルのものが販売されていますので、自分に合った参考書を見つけて勉強を進めるのが合格への近道になります。

最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ