わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本4冊目

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本4冊目

「なぜ、勉強しなくちゃいけないの?」、「どうして学校に行かなくちゃいけないの?」――。これらは、学校に通う人なら誰もが一度は考えたことがある疑問だと思います。この疑問を、先生や親にぶつけてみたことがある人もいるでしょう。その時、納得できる答えはなかなか返ってこなかったかもしれません。今回は、誰もが思っていても納得できる「答え」が見つからないこの疑問に真正面から答えている本をご紹介します。


勉強するのは何のため?|日本評論社

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/6284.html

勉強するのは何のため?。苫野一徳氏。日本評論社は1918年創業。法律時報、法学セミナー、数学セミナー、経済セミナー、こころの科学、そだちの科学、統合失調症のひろば、など評価の高い雑誌を定期刊行しています。

『勉強するのは何のため?――僕らの「答え」のつくり方』

苫野一徳 著

日本評論社

この本は、大学の教育学部で教師を育てている著者の苫野一徳さんが、ご自身の専門である哲学の考え方を使って、中学・高校生向けにやさしく、「勉強するのは何のため?」という疑問に答えてくれています。 全5章構成のうち、第1章ではまず、冒頭の問いに哲学を使って答えるために、「一般化のワナ」と「問い方のマジック」という2つの基本的な考え方について説明しています。「一般化のワナ」は、私たちは自分の「経験」を過度に一般化して語ってしまいがちということです。「問い方のマジック」は、私たちは二項対立的な問いを提示されたとき、その「どちらかが正しいはず」と思ってしまいがちということです。


第2章からは、タイトルにもなっている疑問やそれに関連する素朴な疑問に答えていく構成です。「なんで勉強しなきゃいけないの?」(第2章)、「なんで学校に行かなきゃいけないの?」(第3章)、「いじめはなくせるの?」(第4章)、「これから学校はどうなるの?」(第5章)と、一度は考えたことがあるだろう疑問が続きます。

タイトルの疑問への「答え」はぜひこの本を読んで一緒に考えてもらいたいですが、この本の結論だけを簡単に述べると、「私たちが自由に、生きたいように生きるため」です。ですから、「なぜ、学校に行かなければならないのか」への答えは、私たちが「お互いの自由を認め合えるようになるため」です。なぜなら、私たちが自由に生きるためには、他者の「自由」もまた認められる必要があるからです。そのことを哲学では「自由の相互承認」と呼び、私たちが生きる社会(近代市民社会)の根本原理だと苫野氏は言います。


ただし、この答えは唯一絶対の「正解」ではありません。世の中の多くのことに絶対の「正解」はなく、哲学で導くことができるのは、とりあえず多くの人が同意できるであろう「納得解」だとも述べられています


サブタイトルにあるように、「僕らの『答え』」、つまり「自分なりの『答え』」は、「つくる」ものです。「勉強する意味」や「学校に行く意味」に疑問を感じている人こそ、ぜひこの本を読んで自分なりの「答え」をつくってみてください。

プロフィール

水無月游(みなづき・ゆう)

文学系の大学学部を卒業、社会学系の大学院修士課程を修了後、教育関連の専門書出版社に編集者として勤務。副業でライター業をときどき。主な関心分野は教育、福祉、政治など。読書は雑食、本棚が容量オーバーで本がいつも床に積まれています。

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連するキーワード


読書

関連する投稿


わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本3冊目

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本3冊目

「生きる」とは何か――。進路や将来、日々の人間関係などに悩んだとき、誰もが一度はこんな問いを頭に浮かべたことがあるかもしれません。今回紹介する本は、『生きるとは、自分の物語をつくること』。タイトルでずばりその問いに答えてくれています。


わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 2冊目「舟を編む」

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 2冊目「舟を編む」

みなさんは「『右』という言葉の意味は?」と質問されたらどう答えますか。「左ではない方」でしょうか。右利きの人にとっては「箸や鉛筆を持つ手の方」かもしれません。あるいは、「東に向いたとき南にあたる方」なんて答え方もありますね。突き詰めると、私たちが普段当たり前のように使っている言葉の意味も、いろいろな表現の仕方があり、多義的で、奥深いものだと気付かされます。今回はそんな本をご紹介します。


わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

わたしたちはなぜ本を読むのか〜10代のうちに読んでおきたい本 1冊目

「もっと本を読みなさい」 多くの方が、学校で先生から、あるいは自宅で両親から、こんなことを言われたことがあるのではないでしょうか。しかしその時、具体的にどんな本を読めばいいのか、本の読み方を教えてもらえたでしょうか。今回ご紹介する一冊目は、「何をどう読めばいいのか分からない」「読んでも分かった感じがしなくてモヤモヤする」と、選書に悩んでいる人に読んでいただきたい本です。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング