今日から使える!?Tik Tokを楽しむ裏ワザ

今日から使える!?Tik Tokを楽しむ裏ワザ

Tik Tokは、15秒から1分程度の短い動画を投稿したり、視聴したりできる近年人気の動画アプリです。 この記事では、Tik Tokをこれからインストールする人、イマイチ楽しみ方が分からないという人に向けて、Tik Tokをがっつりと楽しむコツをご紹介します。


Tik Tokを楽しむコツ

Tik Tokには数多くの動画が投稿されているので、ついつい目移りしてしまいます。初めて利用する方は、まず以下の3つのポイントで動画を視聴してみましょう。

好きなオフィシャル芸能人をフォローする

Tik Tokは、一般人だけでなく多くの有名人や芸能人がアカウントを持ち、動画を投稿しています。
たとえば、日本の有名人なら、渡辺直美さんやAKB48、DA PUMP、GENERATIONSなど、人気者が勢揃い。女子プロレスラーの世志琥(よしこ)さんは自宅でお菓子作り動画をアップしており、最近ではティックトッカーになっています。
また、ジャスティン・ビーバー、カーラ・デルヴィーニュ、エミリー・ラタコウスキー、BTS、BLACK PINK など、世界中で話題のセレブも動画を披露しています。好きな芸能人のアカウントをフォローすれば、表舞台とは少し違った素の表情が見られるかもしれません。

積極的にコメント機能で動画にコメントをして交流する

Tik Tokは、投稿動画に誰でもコメントをつけることができます。
気になった動画があれば、アプリの右にある吹き出しマークをタップし、自分の気持ちを投稿主に伝えてあげましょう。運がよければ返信がもらえるかもしれませんし、友達同士でコメントして動画を盛り上げて楽しむこともできます。

コメントの返信を投稿者が動画で返してくれる場合もあります。このようにやりとりを繰り返しながら、関係性を築いていくのがTik Tokを楽しむコツです。動画がアップされてすぐにコメントをすると、オンライン中の配信者からの返信率が高くなるので、裏ワザとして覚えておきましょう。

ハッシュタグで好きなジャンルの動画を見つける

ハッシュタグとは、共通するテーマの動画をつなげるために使われるタグです。たとえば「〇〇踊ってみた」や「全力〇〇」というハッシュタグで検索すると、同じテーマの動画や今話題の動画を見ることができます。
トレンドを知りたい時や同じテーマで動画を集めたい時にも使えますし、ペットやダンス、美容など自分の好きなジャンルで動画を視聴したい時にも役立ちます。

クリエイターとして活動するともっと楽しい!

Tik Tokは、スマホがあれば誰でも動画を投稿できるアプリです。もっと楽しみたいという方は、クリエイターとして動画を投稿し、参加するのも一つの手。
ダンスが好きな人ならダンス動画、料理が好きならレシピ動画など、自分が好きなことや特技を投稿することから初めてみませんか。その際に友達を誘ってグループで動画を作るのも楽しいですよ。
すでにスマホで撮影した動画や、別アプリで編集した動画をアップロードすることも可能です。

トレンドを取り入れた動画でバズらせる

動画をバズらせるポイントは、「その時の流行をうまく取り入れる」こと。

Tik Tokのトレンドには、リップシンク用の洋楽や人気曲、アーティストや有名人発信のダンス、表情を作る動画、イベントや季節ごとのメイク動画、流行っている料理を作る・食べる動画などが傾向として多いようです。
現在は外出自粛のため、料理や筋トレ、掃除や美容ルーティンなど、自宅で楽しむ方法が人気。#STAY HOMEでおうち時間を多くの人と共有し、自粛生活を楽しみましょう。

関連するキーワード


アプリ

関連する投稿


勉強のお供に!学生さんが日常使いしたい厳選アプリ7選

勉強のお供に!学生さんが日常使いしたい厳選アプリ7選

「もっと効率的に勉強したい」「わからないをなくしたい」そんな学生さんは必見!本記事では、スマホやタブレットを使って気軽に勉強できるアプリを7つ、厳選してご紹介します。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ