使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

スマホを触っていると、いつの間にか何時間もの時間が経ってしまった。そんな経験はありませんか?動画やチャット、SNSなど、もはや生活の中では欠かせないスマホですが、長時間利用することで目に大きな負担をかけてしまうのです。今回は、スマホによる目の疲労や負担を軽減する方法について説明します。


長時間のスマホ利用は疲れ目の原因になる

スマホを長時間使うと、なぜ、目に負担がかかるのでしょうか。その理由にはおもに次の3つが考えられます。

 

.スマホは画面が小さいため目を近づけて利用するから

テレビやパソコンはスマホと比べて画面が大きいため、視聴の際は距離を取りますが、スマホは画面が小さい分、文字も小さくなるため目との距離が近くなります。長時間小さい画面を集中して見ることで、目のピント機能がうまく働かなくなり、結果として疲れ目に繋がるようです。

 

2. 集中してみていると瞬きが少なくなるため目の表面が乾燥しやすくなる

また、スマホやパソコンのモニターを見ているとき、人は瞬きが極端に少なくなることが分かっています。通常は瞬きの回数が1分間に30回程度ですが、モニターを見ていると8回まで減少。

瞬きの数が少ない=目が空気に触れる時間が長くなり、目が乾いてしまうのです。目が乾くと、ゴロゴロとした異物感が発生したり視界がかすみやすくなったりします。この状態が続くと、ドライアイになるので注意しましょう。

 

3. 寝る前までスマホを使っていると、リラックスできず疲れが取れない

スマホの光をずっと浴びた状態では、体はなかなかリラックスモードに切り替えることができません。そのため眠れない時間が長くなる、朝起きた時に疲れが取れないなど、不調を感じやすくなります。

スマホを使う時に注意したいこと

スマホは使いたいけど疲れ目は避けたい。そのために、スマホと上手に付き合う方法をまとめました。

スマホ画面と顔の距離に気をつける

まずは、スマホと目の間に適切な距離を取ることを心がけましょう。スマホと顔の距離は目の負担を軽くするために、30㎝程度は離しておきましょう。

スマホの利用時間を決めよう

60分~90分ほど利用したら10分ほど休憩して目を休めて疲れを軽減してあげましょう。自宅であれば、タイマーをセットして休憩を挟むといいかもしれません。休憩中はピント機能を鍛えるために、遠くの景色を数分みるのもおすすめです。

 

中には、自分が1日のうちどれくらいスマホを見ているかレポートしてくれる機能や、1日の使用時間を過ぎたら電源が落ちる機能が搭載された機種もあります。勉強に集中したい時などに利用してもいいでしょう。

時間によって画面の明るさを調整する

スマホは設定画面やコントロールパネルで、画面の明るさが調節できます。時間帯によっては明るい画面がまぶしく感じることもあるので、夜や薄暗い空間でスマホを見る場合は明るさを抑え、目にかかる負担を和らげてあげましょう。

目が疲れたら、簡単に作れるホットアイマスクを!

目が疲れたら、ホットアイマスクを利用しましょう。目を温めることで詰まっていた油分の流れもよくなり、目の乾燥が改善されることもあります。

 

自宅で簡単にできるのが、電子レンジで作る蒸しタオルのホットアイマスク。フェイスタオルを水でしっかり濡らし、タオル全体が水気を含んだら、ぎゅっと絞ります。絞って電子レンジに入れたら30秒〜1分(600wでおよそ1分)を目安にチンします。レンジが鳴ったら、火傷をしないように軽くタオルに触れ、温度を確かめます。問題がなければ少し広げて、目の上に置きましょう。

 

寝る前にホットマスクを利用すれば、一日のリラックスタイムにも。寝る前ギリギリまでスマホを見続けるのではなく、体を休める時間も大事にしてくださいね。

関連するキーワード


スマホ 疲れ

関連する投稿


『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

『スクリーン門限』で質の良い眠りを手に入れる

仕事のパフォーマンスを上げるのに不可欠な良質な睡眠。安心して眠る状況をつくりだすために必要なものとは?


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ