落雷でネットが落ちた!いますぐにできる予防策と対応策を教えます。

落雷でネットが落ちた!いますぐにできる予防策と対応策を教えます。

落雷によってインターネットにつながらなくなってしまった経験はありませんか?落雷でネット障害が起きる原因と、万が一、障害が起きた際の対処法をご紹介します。


なぜ落雷によってインターネットの接続が切れるの?

落雷には、対象物に直撃する「直撃雷」と、遠方で発生した落雷が電線や電話線を伝わって発生する「誘導雷」の2種類があります。インターネットの接続が途切れるのは、落雷によって、高圧の電流が電力線やアンテナを伝わり、自宅のコンセントに流れることでダメージを受け、接続していた端末機器が故障したり、不具合を起こしたりするためです。落雷により、通常は100Vの電圧が急激に数千Vまで上がったり、電話線やデータ回線、アンテナ経由で高電圧や大電流が流れたりすることを、通常、雷サージと呼びます。

いつも利用しているパソコンには大切なデータや処理中のデータなど、あなたが日頃から利活用する多くの情報が詰まっています。落雷はパソコンが故障する可能性があるだけでなく、インターネットの使用環境にも影響を与えることがあるので、十分に注意をしてください。

落雷の予報が出たら

天気予報やニュースなどで、事前に雷注意報が出ている場合は次のような対策を行いましょう。たとえ、遠方で雷が発生している場合でも、影響を受ける可能性はありますので、対策をしておいたほうが安心です。

・パソコンや、モデム、ONUは電源を切る
・電源ケーブル類はコンセントから抜いておきましょう。
・モデムやONUに接続されている電話線を抜いておきましょう。

いずれも、機器類は電源を落とし、ケーブル類はコンセントから抜くことで落雷の予防対策になります。要するに「通電していなければ雷の影響を受ける心配はない」ということです。

ただし、雷が鳴り始めたら感電の恐れがあるため、電源コードには触れないようご注意ください。

事前に備えておきたい落雷対策

天気予報が当たらない時のように、落雷は予期せぬ時に発生するものです。そのため、外出などで予防対策ができない場合を想定し、事前対策を取っておくとより安心です。

予防策その1:雷ガードを利用する

直撃せずとも落雷による雷サージを防ぐには、電源ケーブル落雷の影響を軽減させる製品を使用し、被害を抑える「雷ガードタップ」を利用するのが有効です。コンセントにつなぐだけなので、設置も簡単。家電を取り扱うお店などで、安いものは1000円前後から購入できます。

予防策その2:アース線をアース端子につなげる

自宅や機器のコンセントにアース線が付いている場合は、アース線をアース端子につなげておきましょう。アース端子はほとんどのコンセントに装備されており、蓋を開けてボルトで締めれば取り付けることができます。もしもの際の漏電を防ぐ役割もあります。

もし、落雷が原因で障害が起きたら

もし落雷が原因でネット接続に障害が発生した場合、以下の流れでモデム(ONU)の再起動を行うと復旧する可能性がありますので、試してみてください。

1.パソコンをシャットダウンする
2.モデム(ONU)の電源を落とす(コンセントから抜く)
3.30秒ほど空けて、再び電源を入れる
4.モデム(ONU)のランプが点灯したらパソコンを起動する
5.ネット接続できるか確認して完了

電源を入れ直してもつながらない場合は、落雷の影響によって機器に何らかの異常が発生した可能性があります。そのため、各機器の製造元へ問い合わせて対応を確認しましょう。

関連するキーワード


落雷 インターネット

最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ