【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、関東電気保安協会が主催する「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした第8回高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いたのが、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さんです。WattMagazine編集部は丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。前編では電気に興味を持ったきっかけから、作文のことまで聞いてきました。作文では、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていた丸山さん。高校3年生の丸山さんが考える、“電気の未来”とは?


私たちの生活を守るけれど危険な存在でもある。そんな電気にギャップ萌え

※最優秀賞に輝いた丸山さんの作文はこちらからお読みください。

※高校生作文コンクールの入賞作品一覧はこちらからご確認ください。



――現在、山梨県立甲府工業高等学校の電気科で学んでいる丸山さん。普通科ではなく、電気科を選んだ理由を教えていただけますか?

 

「中学生の時、自宅のスイッチを何気なく操作していて思ったんです。あれ??オンにしたら一瞬で明かりが点いて、オフにしたら即時に消える。これって何でだろう??どういう仕組みなんだろうって。普通に過ごしていれば、スイッチのオンオフで電気がつくのは当たり前のことかもしれませんが、なぜかその時はすごく不思議に感じてしまって。配線の仕組みはどうなっているのかな、そもそも電気はどこから来ているんだろうとか。調べれば調べるほどどんどん疑問が湧きでてきて、電気ってこんなに身近なのに奥深いな~と感じました。この体験をきっかけにもっと電気のことを知りたい!と思ったため、電気科がある高校への進学を決めたんです」

 

――電気のどのような部分がとくに奥深いと感じましたか。

 

「電気は私たちの生活の中でもっとも身近な存在であり、私たちの生活を守るもの。その反面、感電死や火事を引き起こすとても危険な存在でもある。そんな電気を…ええと、なんて表現したらいいかな…(しばし悩む)」


――ギャップがありますよね。つまり、ギャップ萌え?

 

「そう、ギャップ萌えですね(笑)」

高2で第二種電気工事士の資格に合格! 電気技術者として踏み出す一歩に

――丸山さんは、「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした作文コンクールで今年度の最優秀賞に輝きました。遅ればせながら、おめでとうございます!

 

「ありがとうございます!!」

 

――作文の中で、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていました。まずは「女性の社会進出」について質問させてください。高校生の丸山さんから見て、電気業界では、女性がまだ活躍しているイメージは弱いと感じますか。

 

「作文の中でも書きましたが、電気工事業界へ就職する女性の割合は全体のわずか2%程度なんです。これは他の業種と比べても極端に低い数字だなって、率直に思いました。ただ授業の一環で、職場体験に行った時、女性職員の方も男性職員と同じようにテキパキと働いている姿を見て。最近は少しずつ変わってきているようにも感じました。でも、まだまだ活躍できるシーンはあるでしょうし、女性が活躍できる業界になればと思っています」

――そうですね、電気業界は男女関係なく活躍できる環境がありますし、女性が活躍する姿をもっと見たいですね!続いて「環境にやさしい電気」についてお聞きします。なぜ地球環境をテーマとして取り上げたのでしょう。

 

「二酸化炭素の排出量の増加や世界各地での大きな集中豪雨や熱波といった異常気象、昨今のニュースを観ていて、地球温暖化対策に取り組むことが大事だと思うようになりました。そこで、環境保全のため電気はどんなことに取り組んでいるだろうと調べたら、電気工事業界では二酸化炭素の排出抑制の対策や太陽光、風力などの再生可能エネルギーの開発をしていると知りました。知らないだけで、いろいろな取り組みが進められているのです。ですから、あまり知られていない業界の取り組みをもっと多くの人に知って欲しいと思って、今回、作文で『環境にやさしい電気』について書いたんです」

 

――電気と地球温暖化はどのように関係しているのでしょう。

 

「火力発電を例にお話しすると、 石炭を燃やして電気を作るので、二酸化炭素が大量に出てしまうんです。しかし、太陽光発電や風力発電であれば、自給自足で電気を生み出すことができるし、地球にもとっても優しい。そういう発電方法で作られた電気を使うことは、地球保全の一歩だと思っています」

 

――高校2年生の時に第二種電気工事士の資格を取得したそうですね。なぜ取ろうと思ったんですか?

 

「授業の一環で取得しました。必ずというわけではありませんがが、電気科の生徒はほぼ全員、資格試験を受けるんです。試験前は、何度も何度も過去問を解いて試験対策をしましたが、専門的な内容が多くて本当に大変で…。でも、なんとか無事、一発合格できました! 第二種電気工事士の資格を持っていることで、家の電気設備工事ができるようになるんですよ。今後は大きな建物の電気設備工事ができる第一種電気工事士の資格も取りたいですね。これを持っていれば、より大規模な工事に携われますし」

 

――丸山さんにとって、電気の資格にはどんな意義があるとお考えですか。

 

「電気の仕事をするためには資格が必ず必要です。なんといっても、電気の仕事は危険を伴うものですから。もし電気工事士が家の電気設備の配線を間違えたら、そこに住む人が危険な目に遭うかもしれないでしょう。だからこそたくさん勉強すべきですし、安全・安心して電気を取り扱うためにも資格が重要なのです。それに、資格があることで電気の仕事に携わる道も開けますしね。だから、私にとって資格とは電気技術者として踏み出す“大きな一歩”ですね!!」

後編では丸山さんの高校生活や将来の夢について語っていただきます!

 

 

<執筆>

野田綾子

 

関連するキーワード


高校生 関東電気保安協会

関連する投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


【高校生インタビュー・後編】将来は大好きな地元で地域貢献をしながら電気に関わる仕事に就きたい!現役女子高生が語る「私の夢」

【高校生インタビュー・後編】将来は大好きな地元で地域貢献をしながら電気に関わる仕事に就きたい!現役女子高生が語る「私の夢」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いた、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さん。WattMagazine編集部は受賞を果たした丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。後編では、丸山さんの現在と未来についてお話を伺いました。将来は電気に関わる仕事に就きたいと夢を明かしてくれた丸山さんの現在の高校生活とは?将来の夢についても語っていただきました。


高3で進路が決まらない悩みを解消するには

高3で進路が決まらない悩みを解消するには

高3になったけど、まだまだ進路が決まらない。そんなとき、どうすればいいの?


最新の投稿


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ