【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

【高校生インタビュー・前編】ワタシが考える電気の未来。カギは「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」

未来の電気保安を担う電気技術者の応援を目的とし、関東電気保安協会が主催する「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした第8回高校生作文コンクール。応募者数665人の中から最優秀賞に輝いたのが、山梨県立甲府工業高等学校電気科の3年生、丸山侑晏さんです。WattMagazine編集部は丸山さんに直撃し、前編と後編の2回に渡ってインタビュー。前編では電気に興味を持ったきっかけから、作文のことまで聞いてきました。作文では、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていた丸山さん。高校3年生の丸山さんが考える、“電気の未来”とは?


私たちの生活を守るけれど危険な存在でもある。そんな電気にギャップ萌え

※最優秀賞に輝いた丸山さんの作文はこちらからお読みください。

※高校生作文コンクールの入賞作品一覧はこちらからご確認ください。



――現在、山梨県立甲府工業高等学校の電気科で学んでいる丸山さん。普通科ではなく、電気科を選んだ理由を教えていただけますか?

 

「中学生の時、自宅のスイッチを何気なく操作していて思ったんです。あれ??オンにしたら一瞬で明かりが点いて、オフにしたら即時に消える。これって何でだろう??どういう仕組みなんだろうって。普通に過ごしていれば、スイッチのオンオフで電気がつくのは当たり前のことかもしれませんが、なぜかその時はすごく不思議に感じてしまって。配線の仕組みはどうなっているのかな、そもそも電気はどこから来ているんだろうとか。調べれば調べるほどどんどん疑問が湧きでてきて、電気ってこんなに身近なのに奥深いな~と感じました。この体験をきっかけにもっと電気のことを知りたい!と思ったため、電気科がある高校への進学を決めたんです」

 

――電気のどのような部分がとくに奥深いと感じましたか。

 

「電気は私たちの生活の中でもっとも身近な存在であり、私たちの生活を守るもの。その反面、感電死や火事を引き起こすとても危険な存在でもある。そんな電気を…ええと、なんて表現したらいいかな…(しばし悩む)」


――ギャップがありますよね。つまり、ギャップ萌え?

 

「そう、ギャップ萌えですね(笑)」

高2で第二種電気工事士の資格に合格! 電気技術者として踏み出す一歩に

――丸山さんは、「電気技術者としての夢や抱負」をテーマにした作文コンクールで今年度の最優秀賞に輝きました。遅ればせながら、おめでとうございます!

 

「ありがとうございます!!」

 

――作文の中で、「女性の社会進出」と「環境にやさしい電気」をテーマに問題提起をしていました。まずは「女性の社会進出」について質問させてください。高校生の丸山さんから見て、電気業界では、女性がまだ活躍しているイメージは弱いと感じますか。

 

「作文の中でも書きましたが、電気工事業界へ就職する女性の割合は全体のわずか2%程度なんです。これは他の業種と比べても極端に低い数字だなって、率直に思いました。ただ授業の一環で、職場体験に行った時、女性職員の方も男性職員と同じようにテキパキと働いている姿を見て。最近は少しずつ変わってきているようにも感じました。でも、まだまだ活躍できるシーンはあるでしょうし、女性が活躍できる業界になればと思っています」

――そうですね、電気業界は男女関係なく活躍できる環境がありますし、女性が活躍する姿をもっと見たいですね!続いて「環境にやさしい電気」についてお聞きします。なぜ地球環境をテーマとして取り上げたのでしょう。

 

「二酸化炭素の排出量の増加や世界各地での大きな集中豪雨や熱波といった異常気象、昨今のニュースを観ていて、地球温暖化対策に取り組むことが大事だと思うようになりました。そこで、環境保全のため電気はどんなことに取り組んでいるだろうと調べたら、電気工事業界では二酸化炭素の排出抑制の対策や太陽光、風力などの再生可能エネルギーの開発をしていると知りました。知らないだけで、いろいろな取り組みが進められているのです。ですから、あまり知られていない業界の取り組みをもっと多くの人に知って欲しいと思って、今回、作文で『環境にやさしい電気』について書いたんです」

 

――電気と地球温暖化はどのように関係しているのでしょう。

 

「火力発電を例にお話しすると、 石炭を燃やして電気を作るので、二酸化炭素が大量に出てしまうんです。しかし、太陽光発電や風力発電であれば、自給自足で電気を生み出すことができるし、地球にもとっても優しい。そういう発電方法で作られた電気を使うことは、地球保全の一歩だと思っています」

 

――高校2年生の時に第二種電気工事士の資格を取得したそうですね。なぜ取ろうと思ったんですか?

 

「授業の一環で取得しました。必ずというわけではありませんがが、電気科の生徒はほぼ全員、資格試験を受けるんです。試験前は、何度も何度も過去問を解いて試験対策をしましたが、専門的な内容が多くて本当に大変で…。でも、なんとか無事、一発合格できました! 第二種電気工事士の資格を持っていることで、家の電気設備工事ができるようになるんですよ。今後は大きな建物の電気設備工事ができる第一種電気工事士の資格も取りたいですね。これを持っていれば、より大規模な工事に携われますし」

 

――丸山さんにとって、電気の資格にはどんな意義があるとお考えですか。

 

「電気の仕事をするためには資格が必ず必要です。なんといっても、電気の仕事は危険を伴うものですから。もし電気工事士が家の電気設備の配線を間違えたら、そこに住む人が危険な目に遭うかもしれないでしょう。だからこそたくさん勉強すべきですし、安全・安心して電気を取り扱うためにも資格が重要なのです。それに、資格があることで電気の仕事に携わる道も開けますしね。だから、私にとって資格とは電気技術者として踏み出す“大きな一歩”ですね!!」

後編では丸山さんの高校生活や将来の夢について語っていただきます!

 

 

<執筆>

野田綾子

 

関連する投稿


【関東電気保安協会×Gakken】よくわかるシリーズ「電気の安全を守るひみつ」が公開!

【関東電気保安協会×Gakken】よくわかるシリーズ「電気の安全を守るひみつ」が公開!

「学研まんがでよくわかるシリーズ」は、疑問に思うこと、知りたいことを、小学生向けにわかりやすいマンガで解説する、日本PTA全国協議会の推薦図書です。インターネットでも無料で読むことができるシリーズで、こどもと一緒に大人も楽しむことができます。今回は「電気の安全を守るひみつ」についてご紹介します。


若手職員が“先生”に!生徒と一緒に電気を学ぶ「特別講座」をちょっぴりのぞいてみた!

若手職員が“先生”に!生徒と一緒に電気を学ぶ「特別講座」をちょっぴりのぞいてみた!

日本電気協会中部支部では、年に6回、電気業界で働く若手職員が高等学校で教鞭をとり、「電気の魅力を伝える」ための特別講座を実施しています。2023年12月18日、愛知県にある岡崎北高校で特別講座が実施されると伺い、WattMagazine編集部も参加させていただくことに!和気あいあいとした教室で行われた電気の魅力たっぷりの講義内容をレポートします。


東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

東大病院の大規模電気設備の点検現場に潜入!停電ができない設備の点検ってどうやって安全に作業してるの?

今回、訪れたのは東京都文京区本郷にある東京大学医学部附属病院です。患者さんの命を守るためにも病院の電気設備は安全に使用できる状態を維持しなくてはなりません。今回、年に一度実施される試験業務の点検作業に携わる関東電気保安協会の人たちを密着取材しました。


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」ってどんな仕事?編集部が研修施設に潜入!【後編・レポート】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回は、関東電気保安協会についてご紹介すべく、WattMagazine編集部が同社の技術研修所へ潜入。後編では技術研修所について、レポート形式でご紹介します。


テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

テレビCMでお馴染みの「関東電気保安協会♪」はどんな仕事をしているの?編集部が研修施設に潜入!【前編・インタビュー】

関東エリアにお住まいの方なら、テレビCMで「関東電気保安協会♪」というフレーズを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、実際にどんな仕事をしているのか、どんな会社なのか、知らない方は多いはず。そこで今回、関東電気保安協会さまの技術研修所にWattMagazine編集部が潜入。どんなお仕事をされているのか、電気安全のプロ技術職員さんへお話を伺いました。


最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

グラフィックデザイナーの細谷巌さんや“ハマのドン”として知られる実業家の藤木幸夫さんなど、多くの著名人を輩出している神奈川工業高等学校。電気科、建設科、機械科、デザイン科があり、専門的な知識を学びたい学生さんに人気です。 今回は同校にて最先端テクノロジーに関する特別講義があるとのことで、WattMagazine編集部がお邪魔させていただきました。


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング