電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


知らない世界を覗けるこの仕事が楽しい。辞めたいと思ったことはない!

――萩原さんは普段どんなお仕事をされているんでしょう。

 

「主に工場やビル、病院、学校など施設では、高圧受電設備を使用しています。その電気設備の保安管理業務をしています」

 

――この仕事に就こうと思った理由を教えてください。

 

「もともと本土(沖縄県以外の都道府県を意味する)の大学で電気を専攻しており、学んだことを活かせる仕事を地元・沖縄でしたいと思っていました。本土は沖縄県民の私からしたら寒いんですよね(笑)。なので、年中温暖な気候の沖縄で働ける仕事を探していたら、沖縄電気保安協会を見つけて、『ここだ!』と思い、応募しました。新卒で入社して、あっという間に時間が流れ、今年で23年(20208月時点)が経ちましたね」

――勤続23年ですか! 辞めたいと思ったことは?

 

「この仕事って楽しいから、辞めたいと思ったことはないんです。いろいろな施設の奥に入り電気設備の点検をするので、知らない世界を覗けたような気分になりますし、視野が広がります」

電気事故を起こす可能性もある。だからこそ勉強し続けないといけない

――どんな時にやりがいを感じますか?

 

「感謝された時にやりがいを感じますね。停電などの電気トラブルに遭ったお客さまから電話相談がきて、現場へ行って原因を究明し、復旧させる。そんな時、お客さまから助かったとお礼を言われると、お客さまの役に立って嬉しいと思いますし、この仕事をやっていて良かったと感じます」

――この仕事をしていて辛いと感じることは?

 

「う~ん、正直に言うとないんですが。あえて挙げるなら、いろいろな場所へ行くので、いろいろなお客さまに会います。その人、その人に合わせたコミュニケーションを取るのが難しいと感じる時があります。私はそんなに喋りが得意な方ではないので、どうやってコミュニケーションを取ればいいのか悩むこともあるんです」

 

――この道一筋の萩原さん。23年間でどんなスキルを培ってきましたか?

 

「スキルと言っていいのか分かりませんが、味覚以外の感覚を研ぎ澄まして、電気設備の異常を察知する力が付いたと思います。点検している時も、電気が問題なく使えているので問題ないように見えますが、見えないどこかで不具合を起こしかけているかもしれません。そういう電気設備は、異常な音やいつもと違う臭いを出しています。そうやって“シグナル”を感じて点検してきたので、感覚を使って感知するスキルは磨かれたんじゃないかなって。出かけた先のビルを見ては、異常がないかをチェックする癖がついてしまいました。職業病ですね(笑)」

 

――どんな性格の方が、電気主任技術者という仕事にマッチしていますか?

 

「まずは勉強熱心であること。電気設備の点検は、感電をしてしまう危険がありますから、事故を起こさないためにも、点検場所の電気設備の構造を理解していなければなりませんし、普段から図面をみたり、最新の電気設備や保護継電器等を学んだりすることは必須です。あとは真面目であること。手を抜こうと思えば抜けますが、それでは危険を招くだけですから。真面目が一番ですね」

 

――萩原さんは真面目ですか?

 

「自称、真面目な男です(笑)」

明りを灯したり、家電を動かしたり、人を動かしたりする電気は「変幻自在」

――沖縄ならではの仕事ってありますか?

 

「沖縄は毎年、大型の台風が通過するので、台風が去った後は停電の問い合わせが急増し、復旧活動に追われます。あとは離島への転勤をすること。昔、宮古島へ転勤したことがありますが、宮古島の人はお酒好きが多く、ゆったりとした時間が流れるなか仕事をして、島の人達と楽しく飲む日々を送り、とてもお世話になりました」

 

――この仕事を知らない人に向けて、電気主任技術者という仕事をアピールするならどんな言葉をかけますか?

 

「先ほども申し上げたように、この仕事は普段、立ち入れないところに入ることができるなど、一般の人が経験できないことやワクワクするような楽しいことに遭遇できる仕事です。ぜひ興味を持ってもらえたら嬉しいですね」

 

――気になった方は沖縄電気保安協会のサイトをチェックしてくださいね! では最後の質問です。萩原さんにとって電気とは?

 

「一言で表現するならコレです!(画用紙を出して)電気とは『変幻自在』なもの。なぜかというと、スカイツリーのライトアップや部屋の照明など、電気は明かりを灯すことができます。また、テレビを視聴できたり、音楽プレーヤーで音楽を聴けたりできるのは、電気のおかげ。エレベーターや電気自動車など人を運ぶ力も持っています。そうやって電気はいろんなモノを動かすために変化しているんです。停電したお客さまのところへ出向き復旧できた時、最初に言われる言葉が『電気がないと何も出来ない』です。そのことを考えると、電気は世界中で無くてはならない存在なのかなって思いますね」

関連する投稿


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社4年目といえば、経験をそれなりに積み、仕事に慣れてやりがいと自信を感じる時期ではないでしょうか。同時に多くの失敗も経験し、苦い経験に右往左往することもあるでしょう。今回は新人ではないけれどベテランとまでは至っていない、入社4年目の女性職員・佐久間絵里さん(仮名)にWattMagazine編集部がインタビューを実施。北海道電気保安協会で電気主任技術者として働く佐久間さんが、入社4年目になって知った仕事の魅力とは?


最新の投稿


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ






























最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ