静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


静電気とは何者か

静電気と聞いてみなさんが想像するのは、何かに触れた時に発生する、あの「パチッ」ですよね?そもそも、なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

物体に接触や摩擦などが起きると、その物体を構成する原子から電子が移動します。安定したエネルギーを持つ原子からマイナスのエネルギーを持つ電子が移動することで、物体はプラスに帯電するのです。
それでは、マイナスの電子を受けた物体はどうでしょう。マイナスのエネルギーが移動してくるわけですので、その物体はマイナスに帯電します。

それぞれの物体(下敷きと髪の毛をイメージしてください。)のエネルギーは、プラスとマイナス、いずれかに該当します。プラスとマイナスのエネルギーが近づくと、電気が流れます。このプラスとマイナスというのは乾電池と同じしくみです。乾電池も、+と-があることで電気が流れますよね。

本来、静電気はどの季節にも発生する現象です。冬以外のシーズンで発生しないのは、湿度が高いことや、身体に汗が発生することで導電性が高まり、定期的に地面に向かって電気(電子)を流しているからなのです。

ドアノブの「パチッ」を避ける方法

静電気の定番とも言えるドアノブ。何度もひどい目にあった!という人も多いことでしょう。ドアノブの静電気を回避するために、対処法をいくつかお教えします。

触れる前に放電する
ドアノブは金属です。金属は導電性が高く電気が発生しやすくなっています。ですから、帯電した手で触れると静電気が発生し、パチッとなるわけです。そうならないようにするには、ドアノブを触れる前に手を帯電していない状態にしておきましょう。

たとえば、ドアノブより先にコンクリートや木、紙に触れておくという方法があります。これらは金属ほど電気が流れやすい物質ではないので、放電せずゆっくり電気を身体から逃がしてくれます。

手の平で触れるようにする
手全体の中でも、指は細く長いですよね。これが実は静電気を発生させやすい形なのです。

この構造を応用したもので世の中では「避雷針」というものが存在します。先端が細くとんがっているので、電荷がたまりやすく集めやすい、そして電気が流れやすい構造になっています。この避雷針に雷の電気エネルギーを集めることで、雷から建物や人を守ることができるのです。

つまり、触れる箇所が細くとんがっていなければいいということ。ですから手の平で触るようにしましょう。こうすることで静電気の発生を防止できます。嘘だと思う人はぜひ一度お試しください。もちろん僕もドアノブはいつも手のひらで触るようにしています。

実はあなたの身近で活躍している静電気

静電気と聞くと、通常良い印象を持つ人はいません。しかし、「指の先端に電気エネルギーを持って、どこでも誰でも自由にそれを使える」と考えることができませんか?

そしてそれは今や誰でも持つスマートホンのタッチパネルで利用されています。スマホのタッチパネルは、ひと昔前に使われていた携帯電話のボタンみたいにぽちぽちと手で文字を入力しなくても反応しますよね。それはなぜかというと、手が持つ電気の力に反応しているからです。そう聞くと、静電気に対するネガティブな印象が少し変わってきませんか?

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカーで電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」を運営中。」Twitterのアカウントはこちら

関連するキーワード


静電気

最新の投稿


電験1種を合格した 驚愕の20歳 ~しかもインタビュアーは2種持ち~

電験1種を合格した 驚愕の20歳 ~しかもインタビュアーは2種持ち~

20歳で電験1種を制覇した人がいる… その人はどうも、カフェジカに片道750kmもの距離を福島からカブで来た、ぶっ飛びお祭り男らしい… 二十歳ながらにして、資格は30を超えるらしく… 一体全体、どんな人?え!? どうも電気工事をするケモノを広めていきたいと思っているクレイジーでやばすぎる… その名は 鐵獣(てつけも)さん!!! 今回そのインタビューはミズノワと、、、元新聞記者であり、電験2種の合格者でもある和田剛さんと共に構成しているのです!! ということで、電験所有者同士の熱いインタビューの模様をとくとご覧あれ!!! 内容が深すぎます…


電験三種の問題を解いてみよう【フレミングの法則を利用する】

電験三種の問題を解いてみよう【フレミングの法則を利用する】

電気保安をするうえで欠かせない資格「電験三種」。しかしながら合格率10%前後という非常にハードルが高く、取得が困難な資格として知られています。そのため、「難しいから」と受験への道を途中で諦める人も少なくありません。とはいえ、実は学校で習った知識を活かして解答できる問題も一部ではありますが存在するのです。今回は、過去問をベースにどのような解き方ができるのかを一緒に見ていきましょう。


座りっぱなしの健康リスクと対策4選

座りっぱなしの健康リスクと対策4選

あなたは1日にどれくらいの時間座っていますか?「座りっぱなし」の悪影響は単に運動不足になるだけではありません。この記事ではデスクワークの多いビジネスパーソンに向けて、座りすぎが招く健康被害と、その対策をご紹介します。


眠りたいのになかなか寝つけない…質の良い睡眠のメリットとポイント

眠りたいのになかなか寝つけない…質の良い睡眠のメリットとポイント

「次の日を考えると眠れない」「寝ているのに眠く感じる」など、睡眠の悩みを感じている人は少なくありません。十分な睡眠をとれず、集中力が低下していたり日中に居眠りしてしたりしてしまう場合は、不眠症の可能性があります。今回は睡眠の効果睡眠の質を上げるために気をつけることについて解説します。


導体と絶縁体 電気を使うには「絶縁体」が重要だ!

導体と絶縁体 電気を使うには「絶縁体」が重要だ!

電気を流すには、電線が必要。それは、誰でも知っていることかと思います。しかし、もし僕らが電線に触れたとしても感電することはありません。その理由は、導体と絶縁体という電気素材の性質をうまく利用しているからです。 少し難しいかもしれませんが、この現象を知ることであなたの世界がきっと広がるはず。電気のミクロな世界を一緒にのぞいてみませんか。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ




























































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ