静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


静電気とは何者か

静電気と聞いてみなさんが想像するのは、何かに触れた時に発生する、あの「パチッ」ですよね?そもそも、なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

物体に接触や摩擦などが起きると、その物体を構成する原子から電子が移動します。安定したエネルギーを持つ原子からマイナスのエネルギーを持つ電子が移動することで、物体はプラスに帯電するのです。
それでは、マイナスの電子を受けた物体はどうでしょう。マイナスのエネルギーが移動してくるわけですので、その物体はマイナスに帯電します。

それぞれの物体(下敷きと髪の毛をイメージしてください。)のエネルギーは、プラスとマイナス、いずれかに該当します。プラスとマイナスのエネルギーが近づくと、電気が流れます。このプラスとマイナスというのは乾電池と同じしくみです。乾電池も、+と-があることで電気が流れますよね。

本来、静電気はどの季節にも発生する現象です。冬以外のシーズンで発生しないのは、湿度が高いことや、身体に汗が発生することで導電性が高まり、定期的に地面に向かって電気(電子)を流しているからなのです。

ドアノブの「パチッ」を避ける方法

静電気の定番とも言えるドアノブ。何度もひどい目にあった!という人も多いことでしょう。ドアノブの静電気を回避するために、対処法をいくつかお教えします。

触れる前に放電する
ドアノブは金属です。金属は導電性が高く電気が発生しやすくなっています。ですから、帯電した手で触れると静電気が発生し、パチッとなるわけです。そうならないようにするには、ドアノブを触れる前に手を帯電していない状態にしておきましょう。

たとえば、ドアノブより先にコンクリートや木、紙に触れておくという方法があります。これらは金属ほど電気が流れやすい物質ではないので、放電せずゆっくり電気を身体から逃がしてくれます。

手の平で触れるようにする
手全体の中でも、指は細く長いですよね。これが実は静電気を発生させやすい形なのです。

この構造を応用したもので世の中では「避雷針」というものが存在します。先端が細くとんがっているので、電荷がたまりやすく集めやすい、そして電気が流れやすい構造になっています。この避雷針に雷の電気エネルギーを集めることで、雷から建物や人を守ることができるのです。

つまり、触れる箇所が細くとんがっていなければいいということ。ですから手の平で触るようにしましょう。こうすることで静電気の発生を防止できます。嘘だと思う人はぜひ一度お試しください。もちろん僕もドアノブはいつも手のひらで触るようにしています。

実はあなたの身近で活躍している静電気

静電気と聞くと、通常良い印象を持つ人はいません。しかし、「指の先端に電気エネルギーを持って、どこでも誰でも自由にそれを使える」と考えることができませんか?

そしてそれは今や誰でも持つスマートホンのタッチパネルで利用されています。スマホのタッチパネルは、ひと昔前に使われていた携帯電話のボタンみたいにぽちぽちと手で文字を入力しなくても反応しますよね。それはなぜかというと、手が持つ電気の力に反応しているからです。そう聞くと、静電気に対するネガティブな印象が少し変わってきませんか?

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカーで電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」を運営中。」Twitterのアカウントはこちら

関連するキーワード


静電気

最新の投稿


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ