第一種電気工事士をめざす方に朗報!免状取得要件の実務経験年数が3年に!

第一種電気工事士をめざす方に朗報!免状取得要件の実務経験年数が3年に!

第一種電気工事士になるには、試験合格に加えて一定の実務経験年数が必要ですが、2021年4月1日より、実務経験年数が短縮されることになりました!本記事ではその詳細についてお知らせします。


実務経験年数が5年から3年に…!

経済産業省産業保安グループ電力安全課

1種電気工事士免状の取得にあたり、必要となるのが実務経験年数です。今までは電気工事士法施行規則第2条の42項により、大学または高等専門学校の電気工学系卒業生が3年以上、それ以外の方は5年以上とされてきました。

 

そんな中、電気工事の施工方法や作業工具の技術進歩等による作業の効率化などの環境変化を踏まえ、経済産業省が調査し国の審議会において議論を実施。実務経験は大学・高専の電気工学系卒の有無を問わず、一律3年以上が妥当との結論が得られ、電気工事士法施行規則の一部を改正する省令が2021210日に公布されました(20214月1日施行)

そのため、大学または高等専門学校の電気工学系卒業以外の方で第一種電気工事士試験に合格し、免状取得のための実務経験5年を目指してきた人は、202141日以降、実務経験が3年以上に達していれば、第一種電気工事士免状の交付申請によって、第一種電気工事士になることができるように。

 

つまり、免状取得要件が緩和されたことで、今までより早く資格を取得し「第一種電気工事士」として活躍できるようになったのです。一度取得すれば、将来的に電気業界で長く活躍できる本資格。第一種電気工事士になろうと経験を積みながらも、「実務経験5年はちょっと長いな…」と思っていた方、実務経験が必要だからと第一種電気工事士への道を迷っていた方、ぜひこの機会をポジティブに捉え、電気業界であなたの存在感を発揮してください!

参考情報

経済産業省ホームページ

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2021/02/20210210.html

 

参考:意見募集(パブコメ)の結果

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1040&id=595120136&Mode=1

 

審議会資料 P1416

https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/hoan_shohi/denryoku_anzen/hoan_seido/pdf/002_01_00.pdf

 

関連するキーワード


第一種電気工事士

最新の投稿


電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電気はどのように発電所から送られてくるか、ご存知でしょうか。 電気は銅やアルミのような金属を線にした「電線」に流すことで、私たちの家庭に送られます。また、その電線の太さを変えることで電気の性質は変わってくるのです。普段の生活においてはあまり気にならないかもしれませんが、少し知識を深めてみませんか。


「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

あなたは「プラズマ」という言葉を知っていますか?この言葉を聞いて、「あのピカッとするやつでしょう?」と思う方もいるでしょう。プラズマはとても身近な現象ですが、実際に説明するとなると簡単にはいきません。知っているようで知らないプラズマ。今回はプラズマについて学んでいきましょう。


「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分らしさって何だろう」「自分は一体何者なんだろう」…誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、思春期の心の悩みの1つであるアイデンティティについて、そしてアイデンティティを理解して進路を選択する方法をご紹介します。


電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

今回、Watt Magazineでは「エッセンシャルワーカー」という言葉を認知している学生を対象に、エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査を実施しました。 縁の下の力持ちである電気業界、学生さんたちはどんなイメージを抱いているのでしょうか…?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ


























































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ 関東電気保安協会 電験二種