「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分らしさって何だろう」「自分は一体何者なんだろう」…誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、思春期の心の悩みの1つであるアイデンティティについて、そしてアイデンティティを理解して進路を選択する方法をご紹介します。


自分は何者・・?

思春期になると体つきに変化が見られ、それに伴い心の変化や悩みも増え始めます。

・男らしさや女らしさとは何だろう
・自分は他人からどう思われているだろう
・自分は周りにどんな自分を見せたいのだろう

など、自分自身について考えはじめるものの、なかなか答えを出せずに深く考え込んでしまうことがあります。このように、自分らしさについて考え込むことは、現実逃避ではなく成長の過程であり、多くの人が通る悩みなのです。

アイデンティティとは

心理学では、「自分らしさ」や「自分が何者か」など、自分の存在を定義づける感覚をアイデンティティと言います。
学生時代は周りからいろいろな意見を聞き、多感な時期を過ごすなるため、他者と自分の違いをいっそう区別しようとする時期です。自分の存在について考え、アイデンティティの形成がうまくいかないと、心が不安定になって自信が低下してしまうことも。しかし、多くの場合は成長の過程でアイデンティティを形成し、「自分は自分で良いんだ」という安心感を得ることができます。

アイデンティティの例

アイデンティティを分かりやすく説明すると、「あなた(自分)はどんな人ですか?」という質問に対する答えのようなもの。

・私は高校生で、アニメが大好きです
・僕は友だちが少ないけれど深い付き合いができます
・私は一目ぼれしやすい性格です など

自分で自分を客観的に紹介してみるとアイデンティティが分かりやすくなります。そして、その紹介にしっくりくるほど、自分にとって確かなアイデンティティであると言えるでしょう。

進路とアイデンティティ

アイデンティティについて考え込む学生の多くは、自分のやりたいことが分からないという思いから、「どんな進路に進めばいいんだろう?」など、将来について悩みやすい傾向があります。これまでの自分について時間をかけて振り返り、今後の進路選択をすることは、とても大切な作業です。自分のやりたいことが分からないなどアイデンティティが不安定な場合は、次の3つの対策を参考にしてみてください。

① 優先順位をつけてみよう

ひたすら考え込んだとしても、あれこれと考えが浮かび思考のまとまりが悪くなりやすくなるため、まずは自分の中で優先順位をつけてみましょう。少しでも興味があることややりたいと思ったことを書き出すだけで、自分の気持ちに気づきやすくなります。書き出したことの順位づけが難しい場合は、各項目に点数をつけて優先順位をつけてみましょう。

【進学希望の例】
・学びたい学部がある…90点
・近い大学…70点
・学費が安めである…40点 など

自分の思いが明確になることで、アイデンティティの形成にもつながっていきます。

② 落ち着いて考える時間をつくろう

思春期は周りの意見が気になりやすく、特に自分が属するコミュニティの意見から影響を受けやすい時期です。
周りの意見を自分に取り入れすぎてしまうと自分の軸を見失うこともあるため、落ち着いて考えられる時間も大切にしましょう。意外と多いのは、他人の意見を自分のやりたいことだと思い込んでいる例です。
1人で冷静に自分の意見や気持ちを整理することで、自分が本当にやりたいと思ったことに気づくことができます。

③ 大人に話を聞いてもらおう

進路や自分のやりたいことを考えても分からなくなってしまったときは、信頼できる大人に相談してみることも有効な対策です。話を聞いてもらうことで、自分の気持ちも整理しやすくなります。また、似た経験をした大人から客観的なアドバイスを聞けることで、今の自分について新しい視点で考え直すことも可能です。

まとめ

「自分は一体?」と考えれば考えるほど、多くの人々は進路ややりたいことがわからなくなる傾向にあります。完璧を求めすぎることなく、「悩みが多い今の自分も自分だ」と認めてあげることも大切です。自分について考えることは、思春期のアイデンティティでもあります。今こそ自分の気持ちに耳を傾けて、アイデンティティを形成し、自分の人生を楽しく過ごしていきましょう。

プロフィール

しあん

臨床心理士・公認心理師。国立大学院修了後、精神科クリニックや学校現場にてカウンセラーとして従事。専門領域は臨床心理学、心理アセスメント。また、心理系大学院を目指す人のために『サイコロブログ』にて情報発信中。Twitterのアカウントはこちら

関連するキーワード


進路 アイデンティティ

関連する投稿


高校生のための進路の考え方3ステップ【大学・短大・専門学校】

高校生のための進路の考え方3ステップ【大学・短大・専門学校】

私はこれまでに学習塾で高校生の進路指導を10年以上行っており、現在も『兵庫いぶき塾』という学習塾で、生徒のみなさんに進路指導を行っています。大学進学から、就職・短大・専門学校まで、これまで様々な種類の進路選びのサポートをしてきましたが、進路を決めることはとても決して簡単なことではありません。 この記事では、進路を決めるまでの流れを大きく3つのステップに分けてお話します。進路選びに悩む高校生に役立つ内容ですのでぜひご覧ください。


高校生に読んでほしい記事14選

高校生に読んでほしい記事14選

今、高校生に読んでほしい記事をWattMagazine編集部が厳選。 進路や受験勉強の悩み解決につながる記事や今日から使える電気のマメ知識を読んでみよう。


進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

10代は、勉強や進路、友人関係など、多くの悩みや不安を感じやすい時期です。「将来、大丈夫かな?」という漠然とした不安は誰にでもあるものですが、その気持ちが積み重なっていくと、不安に押しつぶされてしまうことも。この記事では、不安を軽減する簡単な方法をご紹介します。


自分を知ろう!10分でできる「エゴグラム性格診断」

自分を知ろう!10分でできる「エゴグラム性格診断」

自己分析をする事で自分の得意なことや不得意な事が見えてきます。そんな時によく利用されているツールの一つに【エゴグラム性格診断】です。 これはアメリカの精神科医エリック・バーンが考案した理論を活用したもので、自分の性格を【5つの自我】の状態に分け、それぞれの優位性で性格診断します。その特有の性格を知ることで就職活動時においては自分にあった仕事のスタイルや職業が見えてくる場合もあるのです。今回は【5つの自我】をもとにした一番シンプルなエゴグラム診断を紹介します。


受験勉強中に突然やる気がなくなったら…?試してほしい2つの対処法

受験勉強中に突然やる気がなくなったら…?試してほしい2つの対処法

高校卒業後の進路として、進学を選んで日々頑張る受験生は多いはず。しかし、ある日突然、「あれ、なんだか急にやる気がなくなった」、「何のために勉強していたんだっけ?」という気持ちが襲うことも…。今回は、受験生が陥りやすいやる気の低下と、受験勉強のやる気を維持するための2つの対処法を解説します。


最新の投稿


現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

現役塾講師が答える「苦手な教科を克服するための3つのコツ」

みなさんは苦手な教科はありますか?苦手教科を克服したいけれど、なかなか克服できずに悩んでいる人は多い。僕が塾で日頃指導している中でも、「苦手教科を克服するためにどうやって取り組めばいいのか」と、よく相談されます。 苦手な教科は克服したいと思いつつ、苦手だからこそなかなか勉強したくないものです。今回の記事では、苦手教科を克服する方法をご紹介しましょう。


思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期の子どもたちが抱える人間関係の悩み~解決の糸口は「自己効力感」

思春期になると、家族以外との関係を重視するようになります。これは、体だけでなく、心も成長することで起こる正常な変化です。しかし、この頃から人間関係の悩みも抱えるようになります。 今回は思春期ならではの人間関係の悩みについて、解決案とともに解説します。


身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

身の回りにあるギモンを解決!扇風機の常識を覆した羽のない扇風機はどうやって風を送るの?

最近、羽がないスリムな形の扇風機が多く販売されています。扇風機といえばその形を思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、今までは羽がついた扇風機が一般的でした。 羽がある扇風機と、羽のない扇風機では、どのような違いがあるのでしょうか。


【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

【iPhone攻略】今日から使えて超便利 ! コントロールセンターの機能とカスタマイズ手順

日本人の約7割がiPhoneユーザーであると言われていますが、一般的に認知されていない機能も多いようです。中には、隠し機能と呼ばれる裏技のような機能もありますが、今回は裏技ではなく「コントロールセンター」の機能について解説します。 シンプルで便利なコントロールセンターの機能を使い、iPhoneと快適な生活を送りましょう。


「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

「高校時代に目に焼き付いた鉄塔上からの景色が忘れられなくて」テレビ番組にも出演した女性送電設備保守作業員が語る送電業務の魅力とは

関西電力送配電で架空送電設備を保守するプロ職唯一の女性社員として活躍され、テレビ番組「深イイ話」に出演された関西電力送配電 大阪北電力本部 野江電力所に所属する西岡 鈴夏さん。西岡さんはなぜこの業界に興味を持ったのか、そのきっかけとなった高校時代の経験、そして現在のお仕事まで「送電線業務」の魅力について語っていただきました。


今月のおすすめ