考えるほど悪循環!? マイナス思考をストップさせる3つの方法

考えるほど悪循環!? マイナス思考をストップさせる3つの方法

「いつも良くないことばかり考えてしまう」「陰口を言われていないか心配」「ポジティブ思考になりたい」など、気づいたらマイナス思考になっている…。そんな経験はありませんか。人間関係や失敗体験を気にするのは仕方がないことですが、実は考えれば考えるほど悪循環に陥ってしまうのです。今回は、マイナス思考の悪循環を断つ手掛かりをご紹介します。


どうしてマイナス思考になってしまうの?

マイナス思考は突然起きるのではなく、自分に自信がもてないときや後悔したときなど、何かしらの原因があることがほとんど。自分自身や過去の出来事を振り返って反省することは今後の成長にもつながるため大切なことです。しかし、深く考えすぎてしまうと、「もしかしたら怒られるかも…」「あの時こうすれば良かったんじゃ…」など、不安や心配ごとばかりに注意が向き、いつの間にか自分を責めやすくなってしまうのです。

一度出てきた不安は新たな不安を連想させやすく、不安要素ばかりを考え込んでしまうとマイナス思考になります。

ネガティブ思考の癖にも注意

「どうせ自分なんて…」と、悲観的な考え方が癖になっている人もいるかもしれませんが、「ネガティブなことを考えちゃダメだ」と思うと、考えた瞬間に自分を否定してしまうため、真面目過ぎる人や完璧主義な人はネガティブ思考の癖に陥りやすいと言われています。

ネガティブな考え方が癖になってしまうと、本当はうまくいくこともうまくいかなくなってしまうことがあり、成功のチャンスを逃してしまう可能性があるため注意が必要です。

マイナス思考の悪循環を断つ3つの方法

マイナス思考には自己分析できるという良さもありますが、考えすぎると気分が落ち込むといったデメリットも多くあります。しかし、人は「考えすぎないように」と言われてもなかなか考えを変えることができないもの。ここからは、マイナス思考の悪循環を断ちやすくする3つの具体的な方法を解説します。

① 他事を考えたり身体を動かしたりする

マイナス思考を避けるためには、考え事をしない時間をつくることが有効です。
人間関係や失敗した出来事を振り返るのではなく、音楽や読書などまったく異なる趣味を楽しんだり、外出やスポーツ、サークルなどで身体を思い切り動かしたりしてみましょう。「考えないようにしよう」と思うほど意識が強まってしまいますので、マイナス思考から意識を逸らすために、別の行動を起こしてみてください。

② 捉え方を変えてみる

「挑戦してもうまくいかないかもしれない」など、ついついマイナス思考に考えてしまうときは、それ以外の考えも1つひねり出してみて捉え方を変えてみましょう。

・周りに笑われているかもしれない→周りは楽しそうに会話しているんだろう
・挑戦してもうまくいかないかもしれない→初めてやることはむしろ失敗しやすいだろう など

マイナス思考は自分の思い込みから生じている可能性が高いので、考えの幅を広げることで、マイナス思考を減らしていくこともできるのです。

③ マイナス思考を紙に書き出してみる

マイナス思考は自分の思い込みから悪循環へ陥る可能性が高いため、一旦、深呼吸をして、自分の考えを紙に書き出して整理してみましょう。頭の中だけで考えると、『認知の歪み』といって人は偏った考えをする傾向があります。癖のように自動的に思いつくマイナス思考をなくすためにも、文章やチャートなどで考えを視覚化し、冷静さを取り戻していきましょう。

関連するキーワード


マイナス思考 ポジティブ

最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ