電験三種の試験はなぜ、「難易度が高い」と言われているのか

電験三種の試験はなぜ、「難易度が高い」と言われているのか

「電験三種はとても難しい」。それは、例年合格率が10%前後であるという事実からも明らかです。とはいえ、具体的にどこがどのように難しいのか、なぜそこまで合格率が低いのか、本来の理由についてはよくご存じない方も多いはず。本記事では、電験三種の試験が難しいと言われている本質的な理由について解説します。よく理解したうえで、試験の準備を進めていきましょう!


難易度が高いと言われている理由その1:試験の内容がとにかく難しい

線間電圧、三相交流、リアクタンスなどなど…。電験三種の試験内容には難解な言葉が並びます。問題を解くには、まずこの言葉を把握して、覚えて、意味を理解するところから知識を積み上げていかねばなりません。それでは実際に難易度の高さを体感いただくために、電験三種の問題をみてみましょう。

令和2年 理論試験
(a) では電流値、(b)では電力値が問われています。こちらは複雑な公式を並べて解答する必要がありますが、まず問題をみただけでも頭がこんがらがりそうですね。日常生活ではほぼ、触れることのないイラストや記号がこれでもか!というほど並んでいますから…。
まずは出題形式や傾向を把握し、覚えるべき公式を暗記すること。そして、よく出題される分野に着目して取り組んでもいいでしょう。

難易度が高いと言われている理由その2:試験対策の準備が足りない

多くの方は、自分が試験に合格するための準備がどれくらい必要か把握していないものです。一般的に必要とされる内容をいくつか下記に記載します。

・勉強時間1,000時間
・過去10年~20年分の問題を解く
・科目ごとの参考書を利用して学ぶ

僕も最初の試験ではこれらの準備を怠っていました。勉強時間は少なかったですし、参考書に関しても4科目で1冊 (この場合、内容が薄いので一冊だけで合格するのは難しいと、後々感じました)を流し読みする程度で試験に挑んでしまいました…。もちろん完敗です。そもそも4科目もあるので、スケジュール策定や参考書選定に注力していては勉強する時間が足りないかもしれません。苦手科目を割り出し、どの科目にどれだけ時間をかけて勉強すべきか、明確な勉強スケジュールを組む必要があるでしょう。

難易度が高いと言われている理由その3:科目合格狙いのため、4科目合格対策をしていない

電験三種で4科目すべてに合格する人の割合はほんの数%。しかし、「科目合格制度」が設けられているので、一部の科目だけ合格を目指し、数年かけて資格を取得する人も多くいます。たとえば、1年目は電力と法規のみに注力し、理論と機械は何も勉強せずに挑む。そうなると2科目合格ができても残り2科目の合格は難しいかもしれません。こうした理由によって電験三種の合格率が低くなっているのです。

まとめ

電験三種の合格率が低いと言われる理由はおもにこの3点。参考書や試験サイトなどから情報を集め、自分に適した方法で合格を狙ってくださいね。

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設で電気主任技術者として電気保安業務を担当。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」を運営中。

ブログ

Twitter

Note

関連するキーワード


電験三種

関連する投稿


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


電験三種の試験まであと3ヶ月!今から勉強を進めるには

電験三種の試験まであと3ヶ月!今から勉強を進めるには

最近になって電験三種の存在を知り、「チャレンジしてみよう!」と受験を志す方もいるのではないでしょうか。しかし、インターネットなどで調べてみると「難関」「取得困難」という文字が踊ります。電気に関わる機会がないなど、自らの境遇が最適でない方は特に強く電験三種が大きい壁と感じてしまうでしょう。実際の試験まであとおよそ3カ月。初めての試験に向けて、今からできることを一緒に考えていきましょう。


【2021年度版】電験三種の資格 受講ガイド

【2021年度版】電験三種の資格 受講ガイド

GWがすぎ、今年もいよいよ電験の受験申し込みの季節がやってきました。今年の試験日や申し込み方法についてご紹介します。


電験三種の問題を見て、一緒に解いてみよう!「法規編」

電験三種の問題を見て、一緒に解いてみよう!「法規編」

電気保安をするうえで欠かせない資格「電験三種」。しかし、合格率10%前後とハードルが非常に高く、一般的には取得が難しい資格と言われています。その中でも難解な法令文が多数出題される「法規」という科目。参考書を片手にいきなり問題を読んでも、一体どこから手をつければいいのかわからない人も多いはず。そこでこの記事では、電験三種の出題形式と解答のポイントを一部、お教えします。


電験三種の問題を解いてみよう【フレミングの法則を利用する】

電験三種の問題を解いてみよう【フレミングの法則を利用する】

電気保安をするうえで欠かせない資格「電験三種」。しかしながら合格率10%前後という非常にハードルが高く、取得が困難な資格として知られています。そのため、「難しいから」と受験への道を途中で諦める人も少なくありません。とはいえ、実は学校で習った知識を活かして解答できる問題も一部ではありますが存在するのです。今回は、過去問をベースにどのような解き方ができるのかを一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ