はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

日本では運動不足が原因で毎年5万人が死亡しているとも言われており、※1「運動」は「食事」や「睡眠」と並んで心身の健康に絶対に欠かせない要素です。しかし、はたらく世代(20~64歳)の7割超は運動習慣を持っていないことが厚生労働省の調査で明らかになりました。


はたらく世代の運動習慣者は男女ともに3割未満

図1:令和元年「国民健康・栄養調査結果の概要」より作成

運動習慣者とは、1回30分以上の息のはずむ運動を週2回以上実施し、1年以上継続している人を指します。厚生労働省が令和元年に行った調査※2によると、20歳から64歳までの中で運動習慣のある者の割合は、男性で23.5%、女性で16.9%でした。

国は2023年までこの年代における運動習慣者の割合を男性36%、女性33%に増加させるという目標※3を掲げていますが、平成22年から令和元年までの9年間で、男性は2.8ポイント、女性にいたっては6.0ポイント減少しています。

国の目標とは裏腹に、なぜはたらく世代では運動習慣の定着が進まないのでしょうか。

定着の妨げになっている問題

①仕事や家事が忙しい

図2:令和2年度「スポーツ実施状況等に関する世論調査」(令和2年11月〜12月調査)より作成

はたらく世代に運動習慣の定着が進まない大きな要因として、運動を続ける時間の確保が難しいことが挙げられます。

スポーツ庁が令和2年に行った調査では、運動・スポーツを週に1回以上実施できていない、または直近1年運動をしなかった人を対象にその理由を回答してもらったところ、「仕事や家事が忙しいから」と答えた人が全体の47.0%で最も高い割合を占めました。(図2参照)

年代別に見ると、男女ともに20代~40代の半数以上が「仕事や家事が忙しいから」を理由に挙げており、他の年代よりも高い割合を示しています。

②改善意識が低い

はたらく世代で多く挙げられたもう一つの理由が「面倒くさいから」です。この回答には「時間はあっても外に出るのが億劫だ。」「わざわざ着替えや用具をそろえるのが面倒だ。」など、運動に対する各々のハードルが考えられます。

また、厚生労働省の「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」では、運動習慣の改善意思を問われた20~59歳の男性の37.9%、女性の40.0%※4が「改善することに関心がない」又は「関心はあるが改善するつもりはない」と回答したことが判明しています。

これらの調査から、はたらく世代に運動習慣が定着しない背景には“運動への消極的な姿勢”という内的要因が隠れていると推察できます。そのため、現状を改善するには運動しやすい環境整備に加えて、いかに個人のヘルスリテラシーを向上させるかが課題となります。

【健康経営】企業が身体を動かせる職場づくりを

国は、運動習慣の定着を阻む課題を解決するには、はたらく世代が1日の大半を過ごす職場において、身体を動かすきっかけをつくることが重要であると考えています。そして、企業側が従業員の健康増進に積極的に関与していく姿勢は「健康経営」としてその必要性を高めています。

健康経営とは、アメリカの臨床心理学者であるロバート・ローゼン氏によって提唱された「ヘルシーカンパニー」に基づいた経営方針です。経済産業省によって、“「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること”※5と規定されているように、企業として従業員の健康維持・促進に投資することで、企業の経営課題の解決、ひいては業績向上へとつなげる考え方になります。

国は社会保障費の増大を解決するために、健康寿命の延伸による「生涯現役社会」の構築を掲げ、目標達成に向けて健康経営の導入を推奨しています。また、社会的には長時間労働やハラスメントに対する評価が厳しさを増しており、企業には職場環境の健全化が強く求められているのです。


◾︎出典・参考文献

※1『THE LANCET』 日本特集号「国民皆保険達成から50年」より、特集号「なぜ日本国民は健康なのか」:http://www.jcie.or.jp/japan/pub/publst/1447.htm (2011

※2「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf

※3「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_01.pdf

※4「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」厚生労働省、図11運動改善の意思(20歳以上、性・年齢階級別)より計算

※5「健康経営の推進」経済産業省より引用:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html(2021/06/21閲覧

・「地域と職域の連携に向けたヘルスケア産業政策の推進について」経済産業省:

https://www.mhlw.go.jp/content/10901000/000512505.pdf

・「身体活動・運動と通じた健康増進のための厚生労働省の取組み」厚生労働省:

https://www.mext.go.jp/prev_sports/comp/b_menu/shingi/giji/__icsFiles/afieldfile/2018/11/01/1410412_03.pdf

元記事「はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを」は2021年6月21日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。


関連する投稿


レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋に食欲が増すのはなぜ?食欲と健康との関係

秋になると「○○の秋」という言葉をよく耳にしますが、そのうちの1つに「食欲の秋」があります。秋の味覚を堪能しすぎて、ついつい食べすぎてしまったという経験がある人もいるのでは。今回は、秋に食欲が増す要因や、食欲の乱れと心身の健康の関係について解説します。食欲をコントロールして、軽やかな体を手に入れましょう!


ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう!

ウォーキング、ジョギング、ランニング…違いを知って、生活習慣に取り入れよう!

走ることは、脳や心、体にもいいことはわかるけど、少しハードルが高い…。 運動があまり得意ではない人や、これまで体を動かす習慣がなかったという人は、そんな風に感じてしまうかもしれません。では「歩くこと」ならどうでしょうか?


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


最新の投稿


電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事士マンガ「転電虫」 第三回 ひきまわし

電気工事の仕事には、多くの道具を必要とします。この回では、通常では耳にしないとある道具がでてきます。


普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

普段の「習慣」を成功の糧に!ルーティーンを設けると変わる3つのこと。

ルーティーン(routine)は、生産性を高める上で、とても大切なことです。日常にルーティーンを取り入れることでどのようなメリットがあるのかを解説します。


レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

レジリエンスを高める4つのポイントーマインドフルネスでしなやかな心へ

日々のストレスが原因で人に当たってしまうことはありませんか。破滅的な方法でストレスを発散していては、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしかねません。この記事では、現代の人々に求められている能力「レジリエンス」を紹介します。


幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

幸せの源は食事!食事の時間を大切にして疲れない心と身体を手に入れよう

あなたは昨日食べたものを思い出せますか?もしかすると、今朝食べた朝ごはんやランチも思い出せなかったりするかもしれません。食べたものが身体をつくり、健康を支えているのだと頭では理解はしていても、仕事や趣味の時間が優先されてしまうことも。しかし、最終的に食べることは「幸せに生きる」ということにつながるのです。


「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

2021年7月23日、オリンピックスタジアムで東京オリンピック開会式が開催されました。五輪旗をリレー形式で掲揚台まで運ぶシーンに突入し、リレーの終盤という大役を任されたのは、アスリートでも著名人でもなく、8人のエッセンシャルワーカーの代表。そのうちの1人として抜擢されたのが、東京電力パワーグリッドに所属する南條優希さんです。大きな舞台で、堂々と勇ましい姿を見せてくださった南條さんに、開会式出演時の思い出から現在の仕事について、たっぷりとお話を伺いました。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ