はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを

日本では運動不足が原因で毎年5万人が死亡しているとも言われており、※1「運動」は「食事」や「睡眠」と並んで心身の健康に絶対に欠かせない要素です。しかし、はたらく世代(20~64歳)の7割超は運動習慣を持っていないことが厚生労働省の調査で明らかになりました。


はたらく世代の運動習慣者は男女ともに3割未満

図1:令和元年「国民健康・栄養調査結果の概要」より作成

運動習慣者とは、1回30分以上の息のはずむ運動を週2回以上実施し、1年以上継続している人を指します。厚生労働省が令和元年に行った調査※2によると、20歳から64歳までの中で運動習慣のある者の割合は、男性で23.5%、女性で16.9%でした。

国は2023年までこの年代における運動習慣者の割合を男性36%、女性33%に増加させるという目標※3を掲げていますが、平成22年から令和元年までの9年間で、男性は2.8ポイント、女性にいたっては6.0ポイント減少しています。

国の目標とは裏腹に、なぜはたらく世代では運動習慣の定着が進まないのでしょうか。

定着の妨げになっている問題

①仕事や家事が忙しい

図2:令和2年度「スポーツ実施状況等に関する世論調査」(令和2年11月〜12月調査)より作成

はたらく世代に運動習慣の定着が進まない大きな要因として、運動を続ける時間の確保が難しいことが挙げられます。

スポーツ庁が令和2年に行った調査では、運動・スポーツを週に1回以上実施できていない、または直近1年運動をしなかった人を対象にその理由を回答してもらったところ、「仕事や家事が忙しいから」と答えた人が全体の47.0%で最も高い割合を占めました。(図2参照)

年代別に見ると、男女ともに20代~40代の半数以上が「仕事や家事が忙しいから」を理由に挙げており、他の年代よりも高い割合を示しています。

②改善意識が低い

はたらく世代で多く挙げられたもう一つの理由が「面倒くさいから」です。この回答には「時間はあっても外に出るのが億劫だ。」「わざわざ着替えや用具をそろえるのが面倒だ。」など、運動に対する各々のハードルが考えられます。

また、厚生労働省の「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」では、運動習慣の改善意思を問われた20~59歳の男性の37.9%、女性の40.0%※4が「改善することに関心がない」又は「関心はあるが改善するつもりはない」と回答したことが判明しています。

これらの調査から、はたらく世代に運動習慣が定着しない背景には“運動への消極的な姿勢”という内的要因が隠れていると推察できます。そのため、現状を改善するには運動しやすい環境整備に加えて、いかに個人のヘルスリテラシーを向上させるかが課題となります。

【健康経営】企業が身体を動かせる職場づくりを

国は、運動習慣の定着を阻む課題を解決するには、はたらく世代が1日の大半を過ごす職場において、身体を動かすきっかけをつくることが重要であると考えています。そして、企業側が従業員の健康増進に積極的に関与していく姿勢は「健康経営」としてその必要性を高めています。

健康経営とは、アメリカの臨床心理学者であるロバート・ローゼン氏によって提唱された「ヘルシーカンパニー」に基づいた経営方針です。経済産業省によって、“「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること”※5と規定されているように、企業として従業員の健康維持・促進に投資することで、企業の経営課題の解決、ひいては業績向上へとつなげる考え方になります。

国は社会保障費の増大を解決するために、健康寿命の延伸による「生涯現役社会」の構築を掲げ、目標達成に向けて健康経営の導入を推奨しています。また、社会的には長時間労働やハラスメントに対する評価が厳しさを増しており、企業には職場環境の健全化が強く求められているのです。


◾︎出典・参考文献

※1『THE LANCET』 日本特集号「国民皆保険達成から50年」より、特集号「なぜ日本国民は健康なのか」:http://www.jcie.or.jp/japan/pub/publst/1447.htm (2011

※2「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf

※3「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_01.pdf

※4「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」厚生労働省、図11運動改善の意思(20歳以上、性・年齢階級別)より計算

※5「健康経営の推進」経済産業省より引用:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html(2021/06/21閲覧

・「地域と職域の連携に向けたヘルスケア産業政策の推進について」経済産業省:

https://www.mhlw.go.jp/content/10901000/000512505.pdf

・「身体活動・運動と通じた健康増進のための厚生労働省の取組み」厚生労働省:

https://www.mext.go.jp/prev_sports/comp/b_menu/shingi/giji/__icsFiles/afieldfile/2018/11/01/1410412_03.pdf

元記事「はたらく世代の7割超が「運動習慣なし」-健康経営で身体を動かせる職場づくりを」は2021年6月21日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。


関連する投稿


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

受験とは、多くの学生にとって緊張しやすい大事なライフイベントですが、「受験勉強中はあまり寝つけない」「本番前に風邪をひきやすい」など、中には体調を崩す人もいるようです。そこで、この記事では、受験勉強期間でも心と身体を整える方法を3つ紹介します。


知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

本記事では『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』より、タンパク質に関する間違いがちな食の知識についてご紹介します。筋トレ・ダイエットでよく聞く炭水化物抜きは本当に健康にいいのでしょうか…?


満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

食べ物を口にしてから「お腹いっぱいだ」と感じるまで、およそ20分かかると言われています。多少の物足りなさを感じても、20分待てば自然と満腹感を得られ、食べ過ぎなくなる、そのメカニズムとは?


健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ