見た目を変えれば自分も変わる?見た目と性格の心理とは

見た目を変えれば自分も変わる?見た目と性格の心理とは

秋は普段よりもおしゃれを楽しみたくなったり、何を着ようかと迷ったり、服装に関心が向きやすくなる季節。実は、服装には個人の無意識や性格が反映されやすい特徴があることをご存知でしょうか。本記事では色の心理学を紹介し、見た目と性格の心理について解説します。


服は心の鏡

学生だから制服を着る、社会人だからスーツを着るなど、服は個人の立場を周りに伝える役割だけでなく、自分の好みや性格、無意識を表す役割も持っています。たとえば、同じ学生服でもきちんと着こなす人もいれば、シャツを出したり、スカートを短くしたり、自分の好みに合わせて調整する人もいますよね。制服と異なり、私服は個人の性格や無意識の思いが表れやすいため、おとなしそうに見えて明るく派手な私服の人など、「人は見た目で判断できないなあ」と思ったことがある人もいるでしょう。ほかにも、

・週末は好きな人とデートだからいつも以上に華やかな色の服を着てみよう
・クールキャラな自分にはモノトーンが落ち着く
・気分が落ちこむ日はゆったりとした部屋着で過ごそう

など、意識して表現していることもあれば、自分の無意識の気持ちが服装に投影されている場合もあります。服は、私たちが思っている以上に心を映し出す鏡の役割があると言えるでしょう。

色の心理学

「天気の良い日や明るい気分のときは、色が鮮やかな服を着たい」「落ち込んでいるときは青や緑など、寒色系の色を見ると落ち着く」というように、色は普段から私たちの心に大きな影響を与えています。色の効果や特徴について大きく4つに分けて解説するので、自分の心理やファッションと照らし合わせてみてください。

暖色

おもに赤やオレンジ、黄色系が該当します。活動的になっているときに、優位になる交感神経へ影響を与える色です。エネルギッシュで元気な印象を強く与えます。

・赤…明るい、気分の高揚、情熱的、攻撃的など
・オレンジ…陽気な・活発な、暖かさなど
・黄…元気な、フレッシュな、幼い、注意など

寒色

寒色は青や水色系を指し、人が落ちついているときに優位になる副交感神経に影響します。涼し気なイメージからも、心を穏やかにしてくれるイメージです。

・青…知的な、爽やかな、冷たいなど
・水色…希望、自然体、現実逃避など

中性色

中性色は、暖色と寒色に属さない緑や紫などを指します。色によって、緑系は若々しさを、紫系は大人っぽさを感じます。

・緑…集中しやすい、安らぎ、若さ、調和など
・紫…上品、神秘的、不安定、不満など

白黒

上記3色に属さない白黒系は他の色と合わせやすく、かしこまった場面で使われることが多い色です。

・白…純粋な、清潔な、誠実な、シンプルなど
・黒…高級感、威厳、暗いなど

身に着ける物で性格も変わる

このように、色はそれぞれ心に影響を及ぼす効果や特徴を持っており、人はその時の気分に合う色を無意識に選びとっていることが多いようです。少し落ち込んでいるときは黒の服をまとって気分を重ねたり、明るい性格になりたくて暖色の服を取り入れたりするなど、服の色と自分の気持ちを重ねることを同一視と言います。活発になりたい人は暖色系、落ち着きたい人は寒色系の服や小物を身に着けると、色の特徴に合った性格を同一視しやすくなります。

地味だから白黒のファッション、子どもっぽいから黄色など明るい色の服を着るなど、人は無意識のうちに自分に合った服装をしてしまいがちです。しかし、「この色は自分に似合わないから…」と遠慮せずに、大人っぽくなりたい、自信をもちたいなど、「なりたい自分」に標準を合わせて、ファッションを楽しんでみませんか。

プロフィール

しあん

臨床心理士・公認心理師。国立大学院修了後、精神科クリニックや学校現場にてカウンセラーとして従事。専門領域は臨床心理学、心理アセスメント。また、心理系大学院を目指す人のために『サイコロブログ』にて情報発信中。Twitterのアカウントはこちら

この記事のWriter

臨床心理士・公認心理師。国立大学院修了後、精神科クリニックや学校現場にてカウンセラーとして従事。専門領域は臨床心理学、心理アセスメント。
また、心理系大学院を目指す人のために『サイコロブログ』にて情報発信中。
https://saikolodsm.com/

関連するキーワード


おしゃれ 心理学

関連する投稿


勉強の際にやる気を出す方法は…? モチベーションを高める心理学

勉強の際にやる気を出す方法は…? モチベーションを高める心理学

「勉強しなきゃいけないのにやる気がでない」「全然集中力が続かない」 受験や期末試験、資格試験など、試験日が決まっていてもなかなか勉強へのやる気が出ないときってありませんか。今回は、やる気と似ているけど少し異なる、モチベーションに関する心理学的観点をもとに、受験や資格試験の勉強でやる気を出す方法を解説します。


転職先で早く職場に慣れたい!新しい環境に馴染むコツとは

転職先で早く職場に慣れたい!新しい環境に馴染むコツとは

「仕事に慣れることはできるかな」「職場に馴染めるかな」 いざ入社時期が近づいてくるとさまざまな不安がよぎるもの。多くの場合、慣れるには時間が必要ですが、不安が高いといいパフォーマンスを発揮できないこともあります。今回は、転職後に職場で馴染むコツを解説します。


仕事で使える優先順位のつけ方〜ビジネスに活かせる心理学

仕事で使える優先順位のつけ方〜ビジネスに活かせる心理学

目の前に仕事がありすぎて「今日も終わらなかった…」「また残業だ」と困った経験はありませんか?どれも緊急度が高い気がして結果的に仕事が終わらなかったり、残業が増えたりすることもあるのでは。今回は、ビジネスに役立つ心理学“優先順位”について解説します。


予言の自己成就は本当にあるの?心理学的な要因と事例を紹介!

予言の自己成就は本当にあるの?心理学的な要因と事例を紹介!

「予言の自己成就」という言葉を聞いたことはありますか? ある事柄について信じたり期待したりすることで、その事柄が実現するという現象のことです。例えば、自分は成功すると思う人は成功しやすく、失敗すると思う人は失敗しやすくなることなどがあります。 このように予言の自己成就は、人生に大きな影響を与える可能性があるのです。 しかし、予言の自己成就は本当に起こるのでしょうか?科学的な証拠や事例はあるのでしょうか? この記事では、予言の自己成就について詳しく解説します。あなたの考え方や行動に変化をもたらすかもしれません。


秋に寂しい気持ちになるのはどうして?心の専門家が解説

秋に寂しい気持ちになるのはどうして?心の専門家が解説

夏の暑さが少しずつ終わり、過ごしやすくなる秋。何かをしようという意欲もわく一方で、何故か寂しい気持ちになることもあります。今回は、秋の気候と寂しい気持ちになる心理について解説します。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング