「わかっちゃいるけど行動できない」のは脳のせい!? チェックすべき5つの理由

「わかっちゃいるけど行動できない」のは脳のせい!? チェックすべき5つの理由

「すぐに行動に移せなくなっているのは、その人の“性格”や“やる気”とは関係ありません。脳が“すぐやる”モードになっていないからです。自分の脳がどうすれば動きやすくなるのかを考えればすぐできるようになります」と話すのは、10万部を突破した話題の書籍『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』の著者であり作業療法士の菅原洋平さん。この記事では、菅原さん監修のもと、すぐできるようになるための脳のつくり方を紹介します。


私たちはなぜ、すぐ行動できないの?

すぐに行動ができないのは、「脳」と「身体」が上手に連携がとれていないから。たくさん情報があると脳はパンクぎみになり、判断が鈍ります。その結果、脳から明確な指令を得られない身体はどうしていいかわからず、動けなくなってしまうのです。

【1】上手な睡眠ができていない!
脳を効率よく働かせる大前提として、十分に睡眠がとれていることが必要。睡眠は疲れを取る以外に、翌日のパフォーマンスを向上させるためにすべきことでもあります。上手な睡眠というと、早寝早起きをイメージしがちですが、夜型の生活であれば、夜型なりに生体リズムを整えればOK。人はそれぞれ体内時計と呼ばれる一定の規則性(リズム)を刻んでいるから、それを意識して。例えば、夜に働き、お昼の13時に起床する人であれば、13時が自分にとっての「朝」になるように生体リズムを作りましょう。次に公開する記事内で紹介している『4-6-11の法則』を取り入れれば、睡眠の質が向上します!

【2】脳にウソをついている!
「今日は家じゅうキレイにしよう!」「午前中に20キロ走ろう!」と高い目標を立て、やれるかどうか疑わしい自分に対して、言い聞かせているのだとしたら、それは脳にウソをついているということ。できると口に出したことが、“実際はできなかった”となると、脳はそれを記憶します。高い目標を掲げるたびに、脳は“できなかった自分”の行動を命令することにつながるわけ。この悪循環が「結局、自分は何もできていない」という否定となり、行動できない重しになってしまうのです。

【3】「問題が起きたら対処しよう」という考えが強い!
「疲れたら栄養ドリンクを飲んで何とかする」など、問題が起こってから対処する発想を持っていることは、問題そのものの解決から目を背けていることと同じ。“すぐやる”モードに必要なことは、「問題が起こらないようにする」という発想。できない状況になってから、「やらなきゃ!」と自分を奮い立たせるのは、誰にとっても至難のワザ。だから、その前の段階で脳を“すぐ動ける状態”にコントロールすれば良いのです。

【4】SNSなど他人の情報に感化されている
今やインスタグラムやフェイスブックなどのSNSを利用することは当たり前。ところが、これが大きな落とし穴! SNSは知人や友人とつながれる一方で、見たくもない友人たちの写真を見る機会にもなるわけです。その写真の中には、彼女たちの“イケている写真”や“何かを成し遂げた写真”も多数含まれているはず。実は、他人の「できた」を脳に見せると、「自分以外の人はどんどん達成している」と感じ、ますます自分は動けなくなってしまうのです。承認欲求のツールともいえるインスタグラムなどは、他者の「できた」アピールが激しいため、知らないうちに自分の脳に負荷をかけていることに。腰が重いときは、SNSを見ないことを心がけましょう!

【5】「私は〇〇なタイプ」と思い込んでいる
「切羽詰まってから土壇場でやるタイプ」「せっかちなので最初に手をつけるタイプ」など、自分で自分のタイプをあてはめている人は少なくないはず。でも、そんなタイプはそもそも存在していないんです。夏休みの宿題を夏休み終了間近で終わらせていた人は、「私はギリギリになれば動ける」と思うかもしれないけど、それは自分の脳に都合のよい情報を与えているだけ。同様に「がんばらなきゃ!」と自分を追い込むこともNG。勝手に思い込んでも脳はうまく機能しないもの。いかに自分の脳を「すぐできる」ように仕向けられるかが大事なのです。


元記事「「わかっちゃいるけど行動できない」のは脳のせいだった! 5つの理由をチェック」は2018年7月18日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/mental/10952

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いだろう。そんな"現代人特有の疲労"にフォーカスした独自の疲労回復メソッドを展開しているのが、疲労回復専用ジム「ZERO GYM」だ。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著),松尾 伊津香(著),板生 研一(監修)

関連するキーワード


行動 行動的

関連する投稿


整理整頓は前頭葉を活発にする!机の上で分かるあなたの脳の状態とは?

整理整頓は前頭葉を活発にする!机の上で分かるあなたの脳の状態とは?

机の上の乱れは心の乱れ…?あなたの机は整理整頓されていますか?


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ