第二種電気工事士の技能試験での「どっちでも良い」系の問題を対処する方法

第二種電気工事士の技能試験での「どっちでも良い」系の問題を対処する方法

これってどっち?と言う問題。あなたは迷ったことありませんか?


接続箇所の違いについて

まず、スイッチの裏に電線を挿しますが、右に白を挿す時に上に挿す場合と下に挿す場合があります。 初めて技能試験の練習をしようとテキストや動画を見る人が多いと思いますが、その時に「テキストと動画で挿し込む位置が異なっている…」と思った人もいるのでは。

3路スイッチの右側ですが、2つの画像でそれぞれ白と赤が逆に挿さっています。

次に4路スイッチですが、白と黒の挿す位置が逆になっています。

これはちょっと複雑ですが、候補問題のNo.10のパイロットランプとスイッチ、コンセントの繋げ方です。渡りの線は同じですが、3線の位置が全然違います。

最後にリングスリーブで圧着して接続する部分ですが、白白で接続する場合と白赤で接続する場合があります。一通り紹介しましたが、これらは全てどちらでも良い(どちらでも正解)なのです。

「どっちでも良い」がミスを生む

「どっちでも良いなら好きに挿してしまおう」と思う人がいる反面、「あれ…これってどっちだっけ?んん、どっちでも良かった気がするけど不安になってきた…」という人も中にはいるでしょう。 結論から言うと、「数多くある色んなテキストや動画を全て参考にせずに一つだけに絞ってそれを信じる」ことです。


テキストも様々な種類があり、動画も星の数ほど紹介されていますが、それぞれ微妙に方法が異なります。 結果的には同じですが、それぞれ参考にしているとごちゃごちゃになるため、いざ本番で無駄な葛藤が生まれ、余計なミスを誘発させると考えています。

おすすめは日本エネルギー管理センターさんが出している動画です。

【令和3年度対応!】第1種電気工事士技能試験演習解説 公表問題No,1作業解説

https://youtu.be/QrqW4uyFMSg

第1種電気工事士技能試験 公表問題No,1の作業解説動画です。三路スイッチと単相200Vコンセントが出題されます。2021年度(令和3年度)試験に対応しています。【目次】0:00:00 オープニング&公表問題について0:00:54 材料の確認0:04:23 複線図0:17:18 準備作業0:22:34 変圧器高圧...

何故どちらでも良いか解説

まずはスイッチ。

片切りスイッチの裏面を見てみるとこのような図が書かれています。 これは左右それぞれ上下の穴どちらに挿しても結果的には同じ事になる事を表しているので、下でも上でも問題ありません。

3路スイッチは複線図にて解説します。 まず1に赤、3に白(青色ですが白線)を繋げた場合、3路スイッチ間の電線はこのように繋ぎますが、実は3路スイッチ間の電線の色も逆でも問題ありません。 最終的に繋げたい電線同士を繋げるって事で特に色の指定は1,3と3路スイッチ間の電線に関しては有りません。

こちらは1に白、3に赤ですが、結果的には1に赤を繋げた場合と変わりません。 注意しなければいけないのは3路スイッチ間と繋げる時だけです。
テキストなどではそれぞれ繋ぎ方は異なると思いますが、個人的には1に赤、3に白を入れて赤赤赤、白黒白と繋げると覚えやすいと思います。 実際に繋いだ写真ではこのようになります。

※4路スイッチも一見複雑ですが、同じ要領なので自分の好きな色同士を繋げても問題ありません。 繋ぐ時に絶対守らなければいけないルールとして

・引っ掛けシーリングは接地側に白線

・ランプレセプタクルは受金ねじ部に白線

・コンセントや露出型コンセントなどコンセント系はWの表示がある部分に白線

・3路スイッチは0に黒線(電源から繋がっている線)

・アース線は緑線

このルールは大前提で守るとして、他の部分は基本的にはどちらでも良い系なので自分がしっくり来たテキストなどを参考にして下さい。 一見難しそうな感じがしますが、意外に自由度が高いので自分なりに覚えやすい覚え方で覚えていきましょう。

プロフィール

きき

過去に取得した資格の記事を中心に資格取得を目指す方に向けたブログ、「kiki blog〜資格取得応援ブログ〜」を運営中。
ボイラー技士二級、クレーン運転士、フォークリフト免許、第二種電気工事士、危険物乙3.4.5.6種、高圧ガス製造保安責任者(丙種化学特別)など、幅広く多数の資格を所持。モットーはお金を掛けずに合格すること。独学で学び取得した資格について、勉強のノウハウなどをわかりやすく解説します。

この記事のWriter

過去に取得した資格の記事を中心に資格取得を目指す方に向けたブログ、「kiki blog〜資格取得応援ブログ〜」を運営中。
https://kikiburogu.com/
ボイラー技士二級、クレーン運転士、フォークリフト免許、第二種電気工事士、危険物乙3.4.5.6種、高圧ガス製造保安責任者(丙種化学特別)など、幅広く多数の資格を所持。
モットーはお金を掛けずに合格すること。独学で学び取得した資格について、勉強のノウハウなどをわかりやすく解説します。

関連する投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

みなさんは自分の家の分電盤を見たことがありますか? どこのご家庭にもあるブレーカーとその仕組みについて解説し、出題される問題を一緒に解いていきましょう!


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(工具編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(工具編)

第二種電気工事士筆記試験での重要ポイントの一つである「識別」の中で、今回が最後となりますが、「工具」について解説します。どれも試験に出やすいものをピックアップしていきますので、是非参考にしてみて下さい。


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

毎日、何気なく利用している電気用品ですが、誰もが安全に使えるように検査に合格したものだけが販売されています。普段はあまり意識して見ることはないかもしれませんが、勉強を兼ねて家にある家電のマークを調べてみましょう。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング