電気予報士・伊藤菜々さんレポート!電験三種に合格するまでの1年半体験記

電気予報士・伊藤菜々さんレポート!電験三種に合格するまでの1年半体験記

電験三種令和4年度下期試験で二度目のリベンジ合格を果たした伊藤菜々さん。実務経験がなく文系卒からのチャレンジでしたが、もっとく電気に詳しくなりたいと一念発起。電験三種に合格した1年半の体験記と勉強のコツをお話しします。


もっと電気に詳しくなりたいと思い一念発起!文系からの挑戦

私は電気の仕事をしていますが、制度や小売関連の分野であるため、実際に電気設備を点検したり工事したりしたことはありませんでした。しかし、お仕事の幅が広がるほど、現場の知識も必要なシーンにあったり、より詳しい電気の知識が必要な場面にぶつかったり、ステップアップをしなければと考えるように。

そこで、電気のお医者さんといえば電気主任技術者だ!と一念発起。電験三種に一発合格しよう!と決意したのです。一発合格を目指したのは、電力業界はカーボンニュートラルや電気代高騰による制度改革などで目まぐるしく進化を続けており、早く電気のプロになりたかったからです。
電験三種に合格するには文系卒の場合、約1000時間は必要と言われています。その時間がどれくらいに値するのかを良くわからず一発合格という目標を立てましたが、まずはスタートしなくては始まらないと思い、勉強を始めました。

私が見出した意外な勉強方法

電験三種の資格をとることは、文系卒の私にとって長い道のりでした。しかし、決意を守るため、そして、一緒に勉強できる仲間を見つけるために、youtubeやSNSで電験三種一発合格する!と宣言。すると、同じように電験三種の勉強をしている方や先輩方から暖かい応援メッセージやコメントが大きな励みとなり、勉強をやり切ることができました。

また、私のyoutubeで、自分が覚えたことを単元ごとに解説する番組も作りました。勉強はインプットと同じぐらいアウトプットも大事ですから、他の人にわかりやすく解説することで、私自身も本質を理解できるようになったのです。公式を解説時も、その意味を理解して説明できるよう、自分の中で整理して落とし込んでから話すようにしました。

そのほか、アウトプットの一つとしてSNSに投稿したり、ノートに書いてまとめたりするのもおススメです。テキストの内容を音読するのもいいですね。資格試験は勉強継続のモチベーションを保つこと、本質を理解してあらゆる問題に対処できるようになることが大事です。モチベーションを保つために周りの人を巻き込んだり、本質を理解するようにアウトプットすることを試みてくださいね。

一発合格は叶わず。悔しい想いをバネにした

電験三種一発合格の宣言からおよそ1年。いよいよ試験の日がやってきました。電験三種は4科目合格によって、晴れて電気主任技術者になることができます。科目合格制度があり、1科目でも合格できれば3年間持ち越すことができるのです。初めの試験では、惜しくも理論と電力の2科目のみ合格でした。一発合格を強く目指していたので、すごく悔しかったですが、科目持ち制度を活用して、半年後の試験では絶対に合格しようと決意。

まずは合格に届かなかった機械科目と法規科目の落ちた原因について考え、弱点の洗い出しをしました。私の場合は、機械科目では発電機や電動機の公式だけを丸覚えし本質を理解していなかったため、機械の仕組みを理解することにしました。法規科目では、細かい条文を覚えきれていなかったため、しっかりと繰り返すことで一字一句覚えることに。こうして半年後の目標に向けて、限られた時間の中で合格点をとれるような計画を立て、改めて再スタートをしたのです。

自分の苦手分野から逃げないことが合格のカギ

そして半年後の令和4年度下期試験で、悲願だった機械と法規科目にも合格!

勉強をしていると、自分の苦手分野に気づきます。勉強方法は人それぞれですが、私がリベンジした時には苦手分野の克服に重きを置きました。過去問10年間分を2~3回ぐらい解けば良いという話もありますが、得意な問題に時間をかける必要はありませんので、その時間を苦手分野に回したほうが効率はいいと感じました。

苦手分野は問題を解いていてもストレスを感じることも多いかと思いますが、その分野の問題を10問くらい連続で解くと傾向やパターンが見えてきて、そのうち自然と解けるようになります。苦手分野を克服したいという方は、ある程度集中的にその分野の勉強をするのを心がけてみてください。

電験三種合格はスタート地点!

電験三種に興味を持っていただけたでしょうか。電験三種は国家資格であり、現在の経済産業省が出している計算では10年後には約2,000人足りなくなると言われています。実務経験や理系の卒業歴などがなくても誰でもチャレンジできる資格です。電気主任技術者はいわば電気のお医者さん。研修医から経験を積んでベテランになるように、これからは実務経験を積みながらスキルを磨いていきたいと思います。その中で電気主任技術者というお仕事の内容や魅力をお伝え出来たら幸いです。

プロフィール

上智大学経済学部経営学科卒業。電力全面自由化に伴い新電力の立上げに関わった後2019 年から独立し、現在の有限会社スタジオガルを開業。

電力事業の立ち上げ・運営支援、企業PRや商品広報、ZEH住宅やマイクログリッド等の地域脱炭素活動を行う。実績として、電力会社や企業での講演、学校での講義、展示会やイベントの出演を行う。 電気業界をたのしく!わかりやすく!解説した Youtube チャンネル「電気予報士なな子のおでんき予報」を 2020 年 4 月開設し情報発信中。 第二種電気工事士、電験三種取得。現在電験二種の合格に向けて勉強中。

有限会社スタジオガルホームページ

Twitter

facebook 

Youtube

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連する投稿


今年こそ、電験三種を獲得だ!すき間時間で勉強するコツ

今年こそ、電験三種を獲得だ!すき間時間で勉強するコツ

「忙しい1日の中でちょっとしたスキマ時間したい」「短時間でも効果的に勉強したい」この記事では、電験3種の取得を目指すあなたへ、隙間時間を上手く利用して、効率的に学習する方法を紹介します。


電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

入力するエネルギー以上に熱を作ってくれる、省エネ効果抜群のヒートポンプ。エアコンやお湯を作るエコキュートなどにも使われています。どうして効率がいいのか、省エネ効果や、今後どういう場所で活用されるのか、現在研究されている内容も合わせて解説します。


電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「京極発電所に行ってきたよ!電力はバランスが大事」

電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「京極発電所に行ってきたよ!電力はバランスが大事」

電力は発電量(供給)と使用量(需要)が常に一致している必要があります。この状態は同時同量といい、気候によって発電量が変わる「再生可能エネルギー」の増加により、現在は同時同量が難しくなっています。そこで活躍するのが、需要と供給のバランスを整える役割がある揚水発電です。今回は北海道にある京極発電所に行って、揚水発電所の役割を取材してきました。 トップ画像:京極発電所上部調整池の前にて


電験三種の講習会で勉強したら合格した話。【2024年最新版】

電験三種の講習会で勉強したら合格した話。【2024年最新版】

第三種電気主任技術者。 多くの同志が時には乗り越え、時には散って行った電気界のラスボスと言える資格。 独学では限界を感じ、近くの講習会(通学講座)に参加。基礎講座から始め2年で合格した体験談・勉強方法を熱く語ります。


電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「地層処分ってなあに?避けては通れない大事な問題」

電気予報士・伊藤菜々さんレポート!「地層処分ってなあに?避けては通れない大事な問題」

原子力発電をした後に発生する燃料の燃えカスを高レベル放射性廃棄物と言いますが、放射線を発することから、人が生活する場所から離れた場所へ保管することが決められています。地下深くに埋めることを決めており、そのことを地層処分といいます。発電後の廃棄物処理は電気を使う私たちにとっても重要な問題なのです。


最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

グラフィックデザイナーの細谷巌さんや“ハマのドン”として知られる実業家の藤木幸夫さんなど、多くの著名人を輩出している神奈川工業高等学校。電気科、建設科、機械科、デザイン科があり、専門的な知識を学びたい学生さんに人気です。 今回は同校にて最先端テクノロジーに関する特別講義があるとのことで、WattMagazine編集部がお邪魔させていただきました。


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング