今は電気でロックする。仕事と音楽、どっちも本気で両立できた元バンドマンが語る“仕事の流儀”

今は電気でロックする。仕事と音楽、どっちも本気で両立できた元バンドマンが語る“仕事の流儀”

職場では電気を守り、プライベートではバンドマンとして歓声を浴びる。そんなオンとオフのギャップが激しい方が電気の世界にいました。それが、中部電気保安協会の三重県津市営業所に勤務する柳浩崇さんです。かつてパンクバンドのフロントマンとしてマイクの前でシャウトしていた柳さんは、電気のお仕事を続けながらも本気で音楽に取り組んでいました。時には遠方へライブしに行くなど慌ただしい日々を送っていた柳さんですが、仕事とプライベートをどのように両立させていたのでしょうか…?


職場で電気に触れ、ステージでは観客にビリビリと刺激を与える

――現在、三重県津市の営業所で電気保安業務を担当されているとのことですが、仕事内容を教えていただけますか。

 

「学校や工場など、大きな建物の電気設備(自家用電気工作物)の保守・点検業務をしています。一般の家庭と違い、高い電圧(6600V)を使用しているので、漏電をしていないか等、設備が安全に運用されているかどうかを確認しなくてはなりません。それを毎日対応しているのが、おもな私の仕事です」

 

――なぜこの仕事をしようと思ったのでしょう。

 

「工業高校の電気科に所属し、3年間電気の勉強をしていたので、そこで得た知識を活かしたいと思ってこの仕事を選びました」

 

――就職と同時期にバンド活動を本格化されたそうですね。

 

「はい。祖父が尺八の先生をしていて、幼いころから音楽が身近な存在だったんです。小学校の頃から楽器に触れ、高校時代ではバンドを組んで音楽活動をしていましたが、本格的に活動をはじめたのは社会人になってから。友人から、名古屋で活動するとあるバンドがベースヴォーカルを探しているから仲間にならないかと誘われたことがきっかけです。それからいくつかのバンドを渡り歩きますが、4年前にバンド活動を休止しています」

――どんなジャンルの音楽を演奏されていたんですか?

 

「パンク・ロックです。このジャンルの代表的なバンドをあげると、ラモーンズとかセックス・ピストルズが有名かな。当時は革ジャン姿にメイクをして演奏していました。激しい音楽をかき鳴らしながら、バンドメンバーが釘バッドを振り回し、高圧ガスを発射。ヒートアップした時なんか、客席にダイブしちゃったり(笑)激しいバンドでしたね」

バンド活動を続けることができたのは、休みの希望が通る職場だったから

――バンドでは、そうとう過激なパフォーマンスを披露していたんですね(今の姿からは想像できません…)。

 

「たしかに過激ですが、電気の仕事同様、安全第一で演奏していましたよ。その頃は仕事が終わったら、当時の赴任先だった三重県四日市市から高速に乗って名古屋へ向かい、遅くまでひたすら練習。そして家に戻ったらベッドへ直行して、起きたらすぐに出社するという日々を送っていました。残業が少なく、1カ月以上先も予定を立てておけば休みを取得しやすい職場なので、バンド活動がしやすかったですね。ライブは平日に開催することもありましたが、その場合、日中にライブのリハや準備をしなくてはならないから、なんやかんやで丸一日かかってしまう。だから、平日でも休みを取らなければならない。その点、休みについては職場の理解もあったし、計画的に取ることができたので自分のやりたいこともバランスよくできて本当に助かりましたね」

 

――バンドを辞めた理由は?

 

「結婚して男の子が産まれたことです。結婚前は週2でスタジオ練習、他の日も個人練習や創作活動に充てるなど、プライベートの時間はほぼ音楽のみでした。それに、ライブ出演で東京や九州まで足を延ばすなど、活動範囲も広がってきていたので、このままでは結婚生活がうまくいかなくなるんじゃないかって。どちらも大事でしたが、今の自分にとっては奥さんと子どもと過ごす時間の方が大事。そう思ったので、バンドから離れることを決意しました」

――趣味としてバンド活動をすることもできたのでは?

 

「メンバーがみんな命がけで音楽活動をしていたので、趣味で参加することはできなかった。定職に就いていたのは僕だけで、ほかのメンバーはメジャーデビューを目標に日々頑張っていましたから。活動を優先するあまり、電気やガスが止まるメンバーもいたぐらいです。それだけ本気で、真剣な気持ちで音楽と向き合っているのに、仕事や家庭が中心の僕がいては、熱量に差が生まれてしまう…。中途半端な気持ちで参加したくなかったので、バンドから完全に離れようと決めたのです。これまでバンド活動に充てていた時間は現在、家事・育児に費やしていています。毎日が新鮮で刺激的ですよ〜」

 

――音楽はもう一切関わらない?

 

「いえいえ。趣味でアコースティックギターをはじめたので、今でも日常的に音楽と触れあっています。いまの夢は、息子が大きくなったときに2人でセッションすること。叶うといいな~(笑顔)」

現在は電気設備の保守・点検をしています

音楽活動中に言われた言葉がいまの自分を支えている

――そんなバンド活動の経験がいまのお仕事に生きていると思う瞬間は。

 

「ステージでたくさんの観客を前に喋っていた経験が生きていますね。点検先のお客様に対し、しっかりした発声と堂々とした振る舞いで、臆することなく説明できます。お客様から見られているという意識がありますし、ステージで見られることに慣れたことで度胸がついたのかもしれません。


あと、音楽活動を通じて自分にとっての教訓を得ることができました。バンドの先輩から『死ぬこと以外かすり傷』という言葉をもらったんですが、すごくいい言葉だなと思って心に留めています。新しいことにチャレンジしようかどうか悩んだ時、いつもこの言葉を思い出すんです。そっか、死ぬこと以外はかすり傷なのだから失敗を恐れずにまっすぐ挑戦すべきだ!と。自分を奮い立たせ、励ましてくれる魔法の言葉です」

 

――柳さんが挑戦した新しいこととは?

 

「点検業務以外の仕事にもどんどん挑戦してみたいですね。会社から経理の仕事をしてみないか?と提案された時も、是非やらせて欲しいと迷わず手を挙げました。また、最近では手続き業務もこなしていますが、これも自分からやりたいとお願いして担当させてもらったお仕事です」

――点検業務以外に経理の仕事や手続き業務をこなしているのは、所属先の営業所では柳さんだけですか?

 

「そうですね。これからも新しいことに積極的に挑戦し、営業所で重宝される存在になりたいです」

 

――そんな柳さんにとって電気とは?

 

「あるのが当たり前であり、生活に欠かせないもの。工場でラインがスムーズに動き、校舎で学生たちが授業をちゃんと受けられるために、必要な電気。その電気を守るのがこの仕事であり、縁の下の力持ちでいることに大きな魅力を感じています」

<柳浩崇さんプロフィール>

中部電気保安協会の三重県津市事業所に所属。高校卒業後、中部電気保安協会に入社。電気設備の保安、試験業務、電気安全使用の広報業務に従事。営業所では保安業務の若手の中心としてリーダーシップを発揮。業務改善や業務効率化など積極的に提案し、その行動姿勢は意欲的で職場での信頼も高い。

 


<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。



「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 前編

「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 前編

「電気業界はこのままで本当に大丈夫かな?」 電気の世界に身を置く僕が、今、肌で感じている不安、そしてあなたに伝えたいこと。


「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

電気保安の職場では「新卒入社→定年退職」が定番のキャリアコースでしたが、最近は中途採用にも力を入れています。とはいえ中途入社をすると、経験の差が出てしまい活躍できないのでは…と感じる方もいるかもしれません。しかしそんな不安は心配ご無用。九州電気保安協会の米田健志さんは、電気保安の経験ゼロで中途入社し、活躍しています。米田さんは「過去の経験が今に活きている」と語り、経験の差はあっても中途だからこそできることがあると明かします。また、教育制度が充実していて、先輩や同僚のフォローがありましたので安心だったとのこと。今回は米田さんから、中途社員が輝く方法を伺いました。


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


最新の投稿


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ






























最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ