知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

「計算問題が苦手」という人もご安心を。電気工事士の資格取得試験で出題される計算問題にはいくつかパターンがあり、ポイントさえ抑えれば攻略することができるのです。この記事では、重要な攻略ポイントを3つお伝えします。


第二種電気工事士学科試験の計算問題の種類

学科試験では、6~10問の計算問題が出題されます。受験者の中には計算問題が苦手という方も少なくありませんが、過去問題を何回か解いていくといくつかのパターンが見えてきます。電気工事士試験では計算機や計算尺等の使用は禁止されていますが、裏を返すと、計算機が使用できない=複雑な計算問題はなく、暗算か手計算で解答が求められる問題しか出題されないということです。なお、第二種電気工事士の学科試験では√2、√3やπなど、計算に必要な値は問題用紙等に記載されています(CBT方式でも画面上で確認できます)。

計算問題の出題傾向は次のとおりです。

①抵抗の直列接続と並列接続の合成抵抗(全体の抵抗値)を求める問題、または、合成抵抗とオームの法
則を組み合わせた問題
②電線の抵抗の求め方、計算式の説明、又は太さの異なる電線の抵抗値の違いなどの問題
③抵抗で消費される電力に関する問題
④単相交流回路における、電力および力率、電圧降下等に関する問題
⑤三相交流回路における、電力および力率、電圧降下等に関する問題


広範囲で一見難しそうに見えますが、実はいくつかの公式を覚えると解ける問題がほとんど。条件として提示される、抵抗、電圧、電流などの値も毎年ほぼ同じような値を使用した問題ですし、出題された回路図を見ると複雑な計算をせずに解けるような問題も何回も出題されています。

分野ごとでは、①~③は直流回路、④は交流回路、⑤は三相交流回路です。難易度は 直流回路<交流回路<三相交流回路になりますが、パターンを覚えておくと解ける問題も多いため、分野問わず解ける問題を増やすことが合格への近道です。

実際の計算問題に触れてみよう

令和5年上期午前の問1の問題は以下のとおりでした。出題傾向でいうと①「直流回路」です。

この問題で必要な知識は次の通りです。

やや難しく思えるかもしれませんが、ルールさえ理解できれば答えが出しやすい問題が出題されますので、とにかく解答に必要なルールや公式を覚えることが正解のコツです。
それでは、上のルールをもとに問題を解いてみましょう。

以上が正攻法の解き方ですが、実はこの手の問題には裏技があります。

近年では、令和4年上期午後問1、令和3年上期午前問1、2019年上期(回路変形)で出題されています。併せて覚えておくと、簡単に解くことができます。

計算問題攻略のポイント

覚える知識量はそれほど多くありません。また、出題される問題もほぼ同じ文章・数値の問題が何回も出題されており過去問題を解いていくと解答方法が見えてきます。ポイントは次の3つです。

①問題を解くために必要な知識(武器)を手に入れる
問題を解くことはゲームをすることと似ています。この試験を必要な武器を身につけ、敵を攻略していくゲームと考えましょう。電気工事士試験の問題は、今まで述べてきたようにパターン化されていて、必要な知識も決まっています。すなわち、武器の種類もある程度決まっているので、それをひとつでも多く手に入れましょう。

②パターンで解ける問題を優先し、必要な知識と解き方を攻略する
電気工事士は過去問から同じような問題が出題されることも多く、パターンで解くことができます。
もちろん予想外のものもありますが、できるだけパターン問題を優先し、確実に解ける問題を増やすことが得点するカギです。

③すべての問題に対応しようとせず、解ける問題を増やしていく
パターン問題でも難易度の高いものは含まれます。よって、自分で解けるもの、理解しやすいものを優先して確実に解けるようにし、その数を試験までに増やしていくことをオススメします。

まとめ

計算問題は一見難しそうにみえますが、過去問を研究し、解ける問題を増やしていけば計算が苦手な方でも対応できます。一つひとつできる問題が増えていく過程を楽しみながら、計算問題を解いていってくださいね。

プロフィール

TAC電気工事士講座 三原 政次(みはら まさじ)講師

1950年鹿児島県生まれ。東芝テクノネットワーク(株)を経て「オフィスみはら」として電気工事や家電製品についての講師業を開設。現在は大学非常勤講師、企業講師としても活躍中。

TAC電気工事士講座ホームページ

TAC電気チャンネル-YouTube

TAC電気工事士講座公式Twitter

この記事のWriter

電気工事士・電気主任技術者をはじめとした電気・設備関連の資格試験対策講座を開講。資格の学校として多くの合格者を輩出してきたノウハウをもとに、文系の方や初めて学習する方にもわかりやすい講義・教材とカリキュラムで合格に導く。電気工事士技能試験対策コースでは、完成作品を画像でメール送付する「メール添削」、Web会議システムを使用し講師が配線チェックなどをマンツーマンで指導する「オンライン添削」など、通信講座でも安心の添削サービスを提供。

関連する投稿


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

みなさんは自分の家の分電盤を見たことがありますか? どこのご家庭にもあるブレーカーとその仕組みについて解説し、出題される問題を一緒に解いていきましょう!


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

毎日、何気なく利用している電気用品ですが、誰もが安全に使えるように検査に合格したものだけが販売されています。普段はあまり意識して見ることはないかもしれませんが、勉強を兼ねて家にある家電のマークを調べてみましょう。


電気工事士を取得すれば、DIYも楽しくなる!

電気工事士を取得すれば、DIYも楽しくなる!

電気工事士の資格は、電気工事の仕事をしている人にしか関係ない資格だと思っていませんか? 最近、メディアではDIYやリノベーションが特集を組まれるほど人気がありますが、このDIYやリノベーションで電気工事の資格を活かすことができるのです。今回は、電気工事士の資格を取得することでどんなメリットがあるのか解説します。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング