【最短で合格を目指す!】第二種電気工事士試験で最低限抑えるポイント

【最短で合格を目指す!】第二種電気工事士試験で最低限抑えるポイント

第二種電気工事士の資格取得を勝ち取るには、試験内容を把握して万全の体制で望むことが理想ですが、仕事や勉強があるため、限られた時間で学習をしなければなりません。今回は最低限抑えるポイントを抑えて出来る限り最短で合格を目指すために何をすれば良いのか解説します。


筆記試験対策

筆記試験は全50問中、6割以上正解できれば合格です。
この手の資格試験では最初にテキストを読んでその後で問題集や過去問を解いていく場合がほとんどですが、「最短で」合格を目指す場合、いきなり過去問から取り掛かっても問題ありません。第二種電気工事士の筆記試験の問題の大半は過去問と内容が近しいため、過去5回分程度、数周回往復すれば、ある程度の試験内容を把握する事ができます。

わからない問題はテキストを見て、内容を確実に理解する方法で、効率良く学習できます。学習期間は1ヵ月を目標に、最初の2週間で過去問を2週できればある程度内容を理解できます。余裕があれば、過去問を5回分より更に前の過去問も解いてみるといいでしょう。

識別

識別は図記号や写真を見て判別する問題で、この識別が筆記試験では一番重要です。写真を見て名称や用途を問われる問題や、複線図問題で図記号を問われる問題など、様々出題されますが、問題数が多いので識別を落とすと合格は遠ざかります。たまにテキストに載っていないような問題も出題されますが、最低限テキストに記載されているものは全て答えられるようにして下さい。

計算問題

計算問題は約10問出題されます。公式そのものが答えになっているのの、解き方を覚えてしまえば、一見難しそうな計算問題もすぐに解けるものも多くあります。計算問題ではルートを使った問題が多々出てきます。電卓は使用できませんが、試験の解答は4択ですので、消去法を使いながら解くと、全て完璧に計算する必要はありません。

電気技術者試験センター


この問題を解く場合、事前に公式を理解しておく必要がありますが次のように回答ができます。

実効値=最大値÷√2
この公式に当てはめると
148÷√2
となり、この時点で「ハ」と「ニ」は選択肢から消去できます。√2は約1.4なので
148÷1.4
となり、正解は「ロ」の105となります。このように公式さえ知っていれば簡単に答えに辿り着くので過去問を解きながら公式もしっかり覚えていきましょう。

配線図

配線図の問題は20問出題され、筆記試験の約半分を占めています。問題の半数は先程の識別で問われる問題と実際に複線図を書いて解く問題があります。最初は複線図を書くのに慣れずに時間が掛かるかと思いますが、ある程度出題パターンが決まっているので過去問の繰り返しで少しずつ慣れていきます。また、複線図は次の技能試験でも役に立つので筆記試験の段階でしっかり書けるようになればベストです。

技能試験対策

技能試験は一つでもミスをすると「欠陥工事扱い」となり、不合格となります。そのため、非常に神経質に行う必要があり、問題によっては時間が掛かる問題もあるので、しっかり対策を講じる必要があります。

技能試験の問題は全13問のうち一つが出題されて都道府県ごとで問題が異なります。この問題も毎年ほぼ内容が変わらないので、事前に対策を打つことが可能です。技能試験は自分で工具や材料を購入して練習しますが、筆記試験の合否判定の後では売り切れる事があるので、合否判定の前に購入する事をオススメします。

実際に練習していく中で重点的に練習した方がいいのは、「ランプレセプタクルの接続」と「アウトレットボックスの接続」です。この2点は頻出する部分なので必ず完璧にできるまで練習しましょう。他にはVVRケーブルやねじなし電線管などあまり出題されないものもありますが、試験に出てくる可能性は十分あるのでしっかり対策しておく必要があります。
他は全体的に絶縁被覆の切り方やコンセントの接続など似たような作業が多いので繰り返し練習して試験に望みましょう。
期間として、こちらも1ヵ月を目安に1日1つ作成し、難易度の高い問題(No7やNo11)などは数回練習していけば問題ありません。

まとめ

今回は第二種電気工事士試験に最短で合格する方法について解説しました。最初は難しく感じるかもしれませんが、ポイントを抑えてしっかり対策を講じればどなたでも合格する事ができる資格です。次回以降は筆記試験と技能試験のもっと深堀りした内容について解説していきます。

プロフィール

kiki

2児のパパ。主に資格取得を目指す方に向けて攻略記事を、他には案件の紹介、ジャンルを問わない雑記記事を書いています。

ブログはこちらです。

ブログでは、今回の電気工事士以外にも危険物甲種や高圧ガス、ボイラー技士など主に工業系の資格をメインに解説しています。

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連する投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編③

みなさんは自分の家の分電盤を見たことがありますか? どこのご家庭にもあるブレーカーとその仕組みについて解説し、出題される問題を一緒に解いていきましょう!


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(工具編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(工具編)

第二種電気工事士筆記試験での重要ポイントの一つである「識別」の中で、今回が最後となりますが、「工具」について解説します。どれも試験に出やすいものをピックアップしていきますので、是非参考にしてみて下さい。


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編②

毎日、何気なく利用している電気用品ですが、誰もが安全に使えるように検査に合格したものだけが販売されています。普段はあまり意識して見ることはないかもしれませんが、勉強を兼ねて家にある家電のマークを調べてみましょう。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング