電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


電気生成生物の代表、電気ウナギ

自分で電気を生成する生物でもっとも有名なのは「電気ウナギ」でしょうか。
電気ウナギ以外にも電気ナマズやシビレエイなど、海水生物の中には電気を自ら生成する生物は多数存在します。

電気ウナギは一体どのように電気を生成するのでしょうか。
私たち人間は微量ながら体内で電気が流れており、脳からの指令を電気信号として筋肉などに送り体を動かしています。電気ウナギは、この電気信号を受け取る筋肉が、発電板となり、この発電板が数千枚から1万数千枚体内にあるのです。

1枚あたりの発電量は小さいものの、数千枚以上となるとかなりの電力です。場合によっては500V以上の電力となり、他の動物が触れると死ぬ場合もあります。

電気ウナギ自体も高い電流を浴びてダメージを受けると思いきや、体には多くの脂肪が蓄えられているので、電気自体が絶縁しほとんどダメージを受けません。電気ナマズやシビレエイは電気ウナギ程強い電気を発生させませんが、危険なことには変わりないので、刺激しないようにしましょう。

太陽光発電を自分の体で?!オリエントスズメバチ

日本にはミツバチやアシナガバチ、スズメバチなど数多くの種類の蜂が存在しますが、インドなどに生息する「オリエントスズメバチ」はなんと自分の体を利用して太陽光発電をしています。
具体的には、蜂の体は茶色と黄色の縞模様になっていますが、このオリエントスズメバチに限って、茶色の部分で太陽光を浴びて、黄色の部分で発電しています。

しかし、その発電量は非常に少なく、この電力を何に使っているのかは分からず、現在研究中なので、近い将来蜂が電力生成に貢献する未来があるかもしれませんね。

電気って美味しいの?電気を食べるバクテリア

電気を生成…ではなく、中には電気を食べる生物もいるんです。
生物は通常、何か食物を食べて、それをエネルギー源として活動しますが、何も食べないと栄養も取れずに最悪生きていくことができません。
「バクテリア」は、厳密には電気ではなく「電子」を自身の細胞内に取り込んでエネルギー源にしています。

この電気を食べる微生物の発見は、生物が生存できる環境の可能性が広がる大発見でした。
オリエントスズメバチ同様、バクテリアがこれからの生活に今後大きく関わってくるかもしれません。

実は電気と関係ない?生物

電気クラゲ

正式名称は「オワンクラゲ」と言い、青白く発光しますが、この光も発電した光ではありません。体内に「GFP」と呼ばれるタンパク質と「イクオリン」と呼ばれるこちらもタンパク質があり、これらが刺激を与えたり興奮したりすると、体内のカルシウムと反応して青白く光るのです。

ヒカリゴケ

「ヒカリゴケ」と呼ばれるキノコは緑色に発光しますが、ヒカリゴケ自体が発電している訳ではありません。ヒカリゴケの細胞は特徴的な構造になっており、光を集めやすい構造になっています。その構造に光を当てると、ヒカリゴケ内部の緑色の細胞に反射して緑色に光っているように見えます。鏡みたいなものと言えるでしょう。

まとめ

今回は電気に関わりのある生物について解説しました。今後生物を利用して発電する仕組みが作られれば、私たちの生活は大きく変わるでしょう。今後の研究には注目したいですね。

プロフィール

kiki

2児のパパ。主に資格取得を目指す方に向けて攻略記事を、他には案件の紹介、ジャンルを問わない雑記記事を書いています。

ブログはこちらです。

ブログでは、今回の電気工事士以外にも危険物甲種や高圧ガス、ボイラー技士など主に工業系の資格をメインに解説しています。

この記事のWriter

WattMagazine編集部 編集長

関連するキーワード


電気のはなし 電気のしくみ

関連する投稿


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


虹やオーロラ、空をいろどる自然のアートと電気の関係性

虹やオーロラ、空をいろどる自然のアートと電気の関係性

雨上がりの空を見上げると、綺麗な虹がかかっています。この美しい虹はどのようにして作られているのでしょうか。空の現象と電気の相関関係はあるのでしょうか…?


電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

入力するエネルギー以上に熱を作ってくれる、省エネ効果抜群のヒートポンプ。エアコンやお湯を作るエコキュートなどにも使われています。どうして効率がいいのか、省エネ効果や、今後どういう場所で活用されるのか、現在研究されている内容も合わせて解説します。


家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で電気を使いすぎたり、落雷が起きたりすると発生する停電。身近な現象でありながら、いくつか種類があることや、具体的な対策まで熟知している方は少ないはず。そこで今回は停電に関する基本的な内容も含め、原因や対策などを解説していきます。


最新の投稿


【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

【第二種電気工事士】勉強に必要なモノまとめ【2024年最新版】

本記事は「第二種電気工事士の資格勉強で必要な物が分からない・・」という受験者さんに向けの内容です。ネットや書店を調べると多くの教材がある中で「結局どれがいいのかわからない」というのが本音なんじゃないでしょうか。 結論から言うと、私が実際にお世話になった「すい〜っとシリーズ」が1番理解しやすく、勉強を継続しやすい教材です。 工具については「ホーザンの工具セット」が鉄板で、材料は3周練習できるセットをご紹介します。本記事では失敗しない教材選びを厳選。ぜひ参考にしていただければ幸いです。


生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

生ごみや下水汚泥、家畜糞尿からエネルギー?バイオメタンの知られざる実力

石油や石炭などと同じ化石燃料として、温室効果ガスを発生させる液化天然ガス(LNG)は、カーボンニュートラルを目指した次世代において、使用を削減していかなければならない燃料のひとつです。 しかし、LNGは都市ガスに代表されるような一般家庭のガスや火力発電などにも毎日使用されておりすぐに使用を停止することができません。そこで、LNGの代わりとまではいきませんが、利用量を削減できる可能性のある新たなエネルギー源として、バイオメタンが注目されています。


電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気工事士の魅力・やりがいとは?【現役電気工事士が解説します】

電気屋さんの魅力とかやりがいってどんな時に感じるものなの?未経験の人にも分かるように教えて欲しい… 今回はこういった悩みに答えます。


月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

月の光で発電ができる?月の光の可能性と太陽光発電の最新研究

夜空に輝く綺麗なお月さま。雲が多いと隠れますが、天気が良いと月からの光がより強く感じたりもします。そんな月の光は、実は月から光を発しているのではなく、太陽の光が反射して私たちの目に映っているのです。 「太陽からの光なら、反射した月の光でも太陽光発電のように発電ができるんじゃないの?」 今回は過去に行われた月光を利用した「月光発電」の実験と、現在なお進められている太陽光発電の研究について解説していきます。


電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

電気と生物は密接に関わりがある…?自分で電気を生成する生物とは。

私たちの生活に不可欠な電気は、火力や風力、原子力などの動力を経て発電し、各家庭に配電されます。昔理科の実験などで電気を作ることに挑戦した経験がある人もいるかもしれませんが、自然界にも電気を生成する生物が存在するのです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング