夜間作業もあるし、お洒落も楽しめない…それでも女性技術者が現場で働き続けるワケ

夜間作業もあるし、お洒落も楽しめない…それでも女性技術者が現場で働き続けるワケ

現場作業は体力的にハードな時も少なくありません。そのうえ夜間作業もあるし、日々、ヘルメットと作業服でおしゃれさえなかなか楽しめない…。そんな現場でも毎日を前向きに働いているのが北陸電気保安協会に所属する小山怜美さんです。はじめは男性を想定した環境で戸惑いを感じたと言いますが、それでも働きつづける小山さんに、この仕事の魅力について語っていただきました。


慣れない現場でいつも電柱と戦っていた

――現在、電気主任技術者として、北陸電気保安協会で働かれているとのことですが、入協したきっかけを教えてください。

 

「工業高等専門学校の電気科で電気の勉強をしてきましたし、将来は電気に携わる仕事に就きたいと思っていました。それに、将来的にも電気の仕事は無くならないから、安心して勤めることができるだろうって。そうした理由から、卒業後の進路には発電所の修理をする仕事を志望していました。そのことを担任の先生に伝えたところ、山に籠って作業をするので、女性にはとてもハード。現場に入っても体力的に大変だから、考え直した方がいいんじゃない?と言われてしまって。それでも私は外で作業できる現場の仕事をしたいと伝えたら、北陸電気保安協会の会社説明会に行くようにアドバイスされました」

 

――先生はなぜ北陸電気保安協会を勧めたのでしょうか?

 

「おそらく一般家庭や工場や学校などの電気設備の保安をする業務だったからだと思います。現場にも行けますが、山に登るほどの体力を求められることはありませんし(笑)」

 

――説明会ではどんな話をされましたか。

 

「はじめに、『うちは現場で働く女性は一人もいないけど、大丈夫?』と聞かれました。夜間作業もあって化粧もできない。それでもいいかと、その時、覚悟を問われたような気がしたんです。それでもいいと私は思っていたので、『大丈夫です』と素直な気持ちを伝えました」

――実際に働いてみて、苦労したことや驚いたことはありますか?

 

「現場へ出はじめたときは、トイレに悩まされることが多かったですね。男性が使うことが前提とされているので、言いづらいですけどトイレットペーパーがない現場もあって…。また、水の入ったバケツが用意されていたトイレもあって、その水で排泄物を流すっていう。 そういう時はさすがにテンションが下がることもありますね。ただ男性の先輩方が、気を遣ってくれて、女性専用トイレのない現場へ行く日はコンビニに寄ってくれています。もちろん女性トイレが設置されている現場もありますが、ほとんどないと言ってもいいでしょう。あとは電柱にも悩まされました。保安業務をしていると電柱に登らないと行けないんですが、私の身長は149センチと小柄なので、電柱の足掛け場の間隔が広すぎて足がなかなか届かなくって…。最初の頃は電柱の真ん中あたりで力尽きてしまい登るのを断念。先輩に代わってもらっていました」

 

――電柱は男性が登ることを想定して作っているのかもしれませんね。今は登れるようになりましたか?

 

「はい。入社した頃より体力もつき、スイスイと登れるようになりました!」

いろんな現場へ出向き、現場ごとに発見があり退屈することはない

――女性“だからこそ”できることはなんでしょう。

 

「入社1年目の頃の話ですが、一般家庭の電気設備の点検で、訪問先のご自宅にあげてもらう必要があったんですね。その時、訪問先の方から、女性だからより安心できると言われました。女性一人で住んでらっしゃる場合、点検ではあっても男性を自宅内に入れるので不安に思う人もいるでしょう。それが女性同士だとなんの不安もなく、受け入れてもらいやすいみたいです。あとは女性更衣室やレディースクリニックなどにも躊躇なく行けるところも女性ならではですね」

 

――現場へ出向く女性の技術者は小山さんだけですか?

 

「同期入社した女性社員(年齢は2つ下)がいますし、後輩の女性が2人います。よく4人で飲んではトイレの愚痴について話していますし(笑)、体験や思いを共有して、協力しあっています。4人の中で私が一番、年上なので彼女たちの見本になれるよう心がけています。先ほどのトイレの件も含めて、今後は女性が働きやすい環境設備の提案を積極的に行っていきたいですね」

――素晴らしいですね。技術者としての目標を教えてください。

 

「現在担当できる事業場は、限られた条件の電気設備なのですが、2020年の12月からはその条件がなくなり、発電所などの電力設備も担当できるようになります。それに伴い、難易度の高い技術が求められることもあるので、今はそこに向けて勉強や準備をしている最中です」

 

――この仕事の楽しさとは?

 

「日々さまざまな現場へ行き、多様な電気設備をチェックし、異なる電気設備のトラブルに遭遇します。またお客さまとの応対などを通していつも気づきや発見があるので、退屈することはありません。外へ出て日々新たな発見を楽しみたいという方には、本当に楽しい職場ですよ!」

――ありがとうございました。女性の技術者として、今後もたくさんの現場で活躍していることを期待しています。それでは、最後の質問です。小山さんにとってデンキとは?

 

「この仕事をする前はデンキは単に日常生活になくてはならない存在だと思っていました。ただ働き始めてから知識と経験を積むうちに不安全な状態では感電や停電事故による災害につながるなど、デンキは命を危険に晒すものでもある、つまり二つの顔を持っているんだと実感しました。自分も含めてみなさんが安全に過ごせるよう、丁寧に護っていきたいです」

<小山怜美さんプロフィール>

父親が工業高校の電気科で電気を学んでおり、その影響で工業高等専門学校の電気科に入学。卒業後は一般財団法人北陸電気保安協会技術系女性職員の第一号として入協し、電気主任技術者に。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連するキーワード


電気主任技術者

関連する投稿


【電気なオシゴト図鑑】電気のプロフェッショナル〜電気主任技術者のオシゴト

【電気なオシゴト図鑑】電気のプロフェッショナル〜電気主任技術者のオシゴト

電気にまつわるお仕事はどんなものがあるの?のぞいてみよう、電気のお仕事の世界!


「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

電気の情報を発信している「電気通信ピカリ⚡」は東大阪にある(株)ミズノワが運営しています。その代表水島さんが新しく「実務経験を積むための電気保安法人」を立ち上げるため、クラウドファンディングを実施しています。https://readyfor.jp/projects/6600Vしかも実は2回目。一体どういう会社なのか、そしてどんな経緯があったのか、インタビューを決行させて頂きました


「保安法人を独力で立ち上げた日日是好日さん」 ~ 実務経験証明の壁 & 仲間たちと働ける場所としての保安法人 ~

「保安法人を独力で立ち上げた日日是好日さん」 ~ 実務経験証明の壁 & 仲間たちと働ける場所としての保安法人 ~

東京で保安法人を独力で立ち上げた驚くべき人がいる…そんな噂を聞きました。それは最近、Twitterでそのリアルな葛藤を描写し話題を呼ぶ、日日是好日(ハンドルネーム)さん。Twitterを見てみると、とても熱い方だという事が分かります。どうも電気主任技術者のお仕事をしながら今年、保安法人を立ち上げたようです。しかも一人で… どんな風になぜ立ち上げたのか、気になること実情をきいてみました


重いバーベルを上げる鋼の肉体が電気を守る-ウエイトリフティング選手と電気主任技術者、二つの顔を持つ19歳が語る「ぼくの好きな仕事

重いバーベルを上げる鋼の肉体が電気を守る-ウエイトリフティング選手と電気主任技術者、二つの顔を持つ19歳が語る「ぼくの好きな仕事

「自分、この仕事が好きです」 第一声でそう語ってくれた北陸電気保安協会の中本唯人さん。電気主任技術者として働く19歳(2020年3月時点)は、なんとウエイトリフティング選手でもあります。働きながら、選手としても活躍する中本さんは、仕事と競技を両立し、国体で優勝する(国体で入賞)など輝かしい実績を持っています。中本さんが語る好きな仕事について、選手としての日々と合わせて語っていただきました。


この仕事が育児がしやすい環境を与えてくれた--ママさん電気主任技術者に聞く「フリーランスの働き方」

この仕事が育児がしやすい環境を与えてくれた--ママさん電気主任技術者に聞く「フリーランスの働き方」

働き方改革が進み、組織に所属せず、自分の持つスキルを活かして個人事業者として働くフリーランスが増えてきました。そして、電気の世界にもフリーランスとして働く方がいます。その一人が遠藤智恵子さんです。一児の母である遠藤さんは、「個人事業者はワーク・ライフバランスが取りやすく、仕事と家庭の両立がしやすいのがメリット」だといいます。電気業界のフリーランスは、どのようにして仕事をもらうの? 初期費用はいくら用意すればいいの? さまざまな質問をぶつけてみました。


最新の投稿


猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

姿勢が悪い。ちょっと猫背気味だよね。 そんな言葉をかけられた経験はありませんか?本記事では猫背を解消する簡単な筋トレをご紹介します。


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

ついつい使いすぎてしまったお小遣い。月末までどうしようかな…そんな経験はありませんか?最近では簡単なアンケートやゲームをするだけでポイントが貯まり、お買い物時に利用できるアプリが次々と誕生しています。隙間時間にうまく活用してみましょう。


使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

スマホを触っていると、いつの間にか何時間もの時間が経ってしまった。そんな経験はありませんか?動画やチャット、SNSなど、もはや生活の中では欠かせないスマホですが、長時間利用することで目に大きな負担をかけてしまうのです。今回は、スマホによる目の疲労や負担を軽減する方法について説明します。


電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 ストレッチ 睡眠 資格 電気工事