夜間作業もあるし、お洒落も楽しめない…それでも女性技術者が現場で働き続けるワケ

夜間作業もあるし、お洒落も楽しめない…それでも女性技術者が現場で働き続けるワケ

現場作業は体力的にハードな時も少なくありません。そのうえ夜間作業もあるし、日々、ヘルメットと作業服でおしゃれさえなかなか楽しめない…。そんな現場でも毎日を前向きに働いているのが北陸電気保安協会に所属する小山怜美さんです。はじめは男性を想定した環境で戸惑いを感じたと言いますが、それでも働きつづける小山さんに、この仕事の魅力について語っていただきました。


慣れない現場でいつも電柱と戦っていた

――現在、電気主任技術者として、北陸電気保安協会で働かれているとのことですが、入協したきっかけを教えてください。

 

「工業高等専門学校の電気科で電気の勉強をしてきましたし、将来は電気に携わる仕事に就きたいと思っていました。それに、将来的にも電気の仕事は無くならないから、安心して勤めることができるだろうって。そうした理由から、卒業後の進路には発電所の修理をする仕事を志望していました。そのことを担任の先生に伝えたところ、山に籠って作業をするので、女性にはとてもハード。現場に入っても体力的に大変だから、考え直した方がいいんじゃない?と言われてしまって。それでも私は外で作業できる現場の仕事をしたいと伝えたら、北陸電気保安協会の会社説明会に行くようにアドバイスされました」

 

――先生はなぜ北陸電気保安協会を勧めたのでしょうか?

 

「おそらく一般家庭や工場や学校などの電気設備の保安をする業務だったからだと思います。現場にも行けますが、山に登るほどの体力を求められることはありませんし(笑)」

 

――説明会ではどんな話をされましたか。

 

「はじめに、『うちは現場で働く女性は一人もいないけど、大丈夫?』と聞かれました。夜間作業もあって化粧もできない。それでもいいかと、その時、覚悟を問われたような気がしたんです。それでもいいと私は思っていたので、『大丈夫です』と素直な気持ちを伝えました」

――実際に働いてみて、苦労したことや驚いたことはありますか?

 

「現場へ出はじめたときは、トイレに悩まされることが多かったですね。男性が使うことが前提とされているので、言いづらいですけどトイレットペーパーがない現場もあって…。また、水の入ったバケツが用意されていたトイレもあって、その水で排泄物を流すっていう。 そういう時はさすがにテンションが下がることもありますね。ただ男性の先輩方が、気を遣ってくれて、女性専用トイレのない現場へ行く日はコンビニに寄ってくれています。もちろん女性トイレが設置されている現場もありますが、ほとんどないと言ってもいいでしょう。あとは電柱にも悩まされました。保安業務をしていると電柱に登らないと行けないんですが、私の身長は149センチと小柄なので、電柱の足掛け場の間隔が広すぎて足がなかなか届かなくって…。最初の頃は電柱の真ん中あたりで力尽きてしまい登るのを断念。先輩に代わってもらっていました」

 

――電柱は男性が登ることを想定して作っているのかもしれませんね。今は登れるようになりましたか?

 

「はい。入社した頃より体力もつき、スイスイと登れるようになりました!」

いろんな現場へ出向き、現場ごとに発見があり退屈することはない

――女性“だからこそ”できることはなんでしょう。

 

「入社1年目の頃の話ですが、一般家庭の電気設備の点検で、訪問先のご自宅にあげてもらう必要があったんですね。その時、訪問先の方から、女性だからより安心できると言われました。女性一人で住んでらっしゃる場合、点検ではあっても男性を自宅内に入れるので不安に思う人もいるでしょう。それが女性同士だとなんの不安もなく、受け入れてもらいやすいみたいです。あとは女性更衣室やレディースクリニックなどにも躊躇なく行けるところも女性ならではですね」

 

――現場へ出向く女性の技術者は小山さんだけですか?

 

「同期入社した女性社員(年齢は2つ下)がいますし、後輩の女性が2人います。よく4人で飲んではトイレの愚痴について話していますし(笑)、体験や思いを共有して、協力しあっています。4人の中で私が一番、年上なので彼女たちの見本になれるよう心がけています。先ほどのトイレの件も含めて、今後は女性が働きやすい環境設備の提案を積極的に行っていきたいですね」

――素晴らしいですね。技術者としての目標を教えてください。

 

「現在担当できる事業場は、限られた条件の電気設備なのですが、2020年の12月からはその条件がなくなり、発電所などの電力設備も担当できるようになります。それに伴い、難易度の高い技術が求められることもあるので、今はそこに向けて勉強や準備をしている最中です」

 

――この仕事の楽しさとは?

 

「日々さまざまな現場へ行き、多様な電気設備をチェックし、異なる電気設備のトラブルに遭遇します。またお客さまとの応対などを通していつも気づきや発見があるので、退屈することはありません。外へ出て日々新たな発見を楽しみたいという方には、本当に楽しい職場ですよ!」

――ありがとうございました。女性の技術者として、今後もたくさんの現場で活躍していることを期待しています。それでは、最後の質問です。小山さんにとってデンキとは?

 

「この仕事をする前はデンキは単に日常生活になくてはならない存在だと思っていました。ただ働き始めてから知識と経験を積むうちに不安全な状態では感電や停電事故による災害につながるなど、デンキは命を危険に晒すものでもある、つまり二つの顔を持っているんだと実感しました。自分も含めてみなさんが安全に過ごせるよう、丁寧に護っていきたいです」

<小山怜美さんプロフィール>

父親が工業高校の電気科で電気を学んでおり、その影響で工業高等専門学校の電気科に入学。卒業後は一般財団法人北陸電気保安協会技術系女性職員の第一号として入協し、電気主任技術者に。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


仲間がいるから頑張れる! 電気業界で働く人の「チームワーク」とは

仲間がいるから頑張れる! 電気業界で働く人の「チームワーク」とは

職場を選ぶ際の重要項目のひとつに、「良好な人間関係」が上げられます。仕事で失敗した時、フォローしたり慰めたりしてくれるのは職場の仲間。プロジェクトが成功し、その喜びを共有できるのも職場の仲間。電気業界でもチーム力が欠かせません。今回は北陸電気保安協会の森﨑勇人さんに、「チームワーク」が求められる現場の働き方を伺いました。仲間がいるからこそ仕事を続けられると語る森﨑さん。チームで働く喜びとは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社4年目といえば、経験をそれなりに積み、仕事に慣れてやりがいと自信を感じる時期ではないでしょうか。同時に多くの失敗も経験し、苦い経験に右往左往することもあるでしょう。今回は新人ではないけれどベテランとまでは至っていない、入社4年目の女性職員・佐久間絵里さん(仮名)にWattMagazine編集部がインタビューを実施。北海道電気保安協会で電気主任技術者として働く佐久間さんが、入社4年目になって知った仕事の魅力とは?


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ