性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


あまり考えずに第三種電気主任技術者の資格勉強をはじめたけど…結果オーライ!

絶縁抵抗測定中!

――現在、中部電気保安協会で電気保安従事者として勤務されているそうですね。こちらに入会する前は何をされていたのでしょう。

 

第三種電気主任技術者の資格を取るため、専門学校で勉強していました。高校生の時に、就職に有利だから何か資格を取ろうと、色々調べていたんです。そこでたまたま目があったのが、『第三種電気主任技術者』の資格。言葉の響きがカッコいいな~という単純な理由だけで、第三種電気主任技術者の資格をとるための勉強ができるNKC名古屋工学院専門学校に進学。真剣に学び、2年生の秋に試験に合格しました」

 

――言葉の響きだけで選ぶとは意外な理由ですね。実際に勉強してみたら、「思っていたものと違うなあ」というギャップは感じませんでしたか?

 

「うーん、なかったですね。あまり詳しく調べずに入学したので、フラットな状態からスタートしたんですよ。第三種電気主任技術者の資格を取れば、ビルや工場にある電気設備の保守点検をできるということも、入学後に知ったくらいで。ただ、先入観がないまま入学したおかげで、『第三種電気主任技術者の資格勉強はこういうものなんだな』とすんなり受け入れることができ、不満を抱くことなく勉強に臨めましたね」

――とはいえ、資格試験の取得から実際の現場でお仕事となると、またギャップがありそうです。

 

「今考えると、少し安易な考えで入学を決めたことは無知な行為だったかもしれません。しかし実際に働いてみたら、この仕事は自分に合っていたので結果としてはよかったなって。辛いと感じたことはないし、辞めたいと思ったこともありません。あっ、唯一驚いたのは電柱に登ること。もちろん、現場で登ることは知っていたんですが、かなりの頻度で登るので驚きました(笑)。え?今日も?みたいな。電柱に登るのはアスレチックみたいな感覚なので、楽しいですよ!」

 

――専門学校を卒業後、中部電気保安協会へ入会されたそうですね。

 

「はい、2013年に中部電気保安協会に入会しました。第三種電気主任技術者としての資格は持っていましたが経験がないため、4年間は補助として先輩に同伴し、点検先の現場を回る日々。ちょうど4年が過ぎた頃、経験も積んだし一人前だね!と言うことで担当を任されることになりました。ずっと、一人で担当したいと思っていたので、初日は本当に嬉しかったですね。ただ、1年目は、私にとって試練の日々でもありました。入会してからずっと訓練はしていましたが、実践と訓練は大きく異なるものです。1人でこなすことはこんなに大変なんだと現実を知りました」

お勉強も大事な仕事。

手を抜こうと思えばできる。だけどそれが事故に繋がる

――所属先の名古屋南営業所では、現場に出る女性技術者は関さんだけだと聞きました。女性であるがゆえに苦労したことはありましたか?

 

「体力面で男女の差を感じることはありますね。重い道具を持って現場に出ることもあるため、そういう時に荷物をたくさん運べず、男性の技術者に助けてもらうことがあります。ただこの仕事は技術職なので、本来は性別関係なくできる仕事です。

むしろ大切なのは、“好きであるかどうか”だと思います。電気について学ぶことが好きとか、人と喋ることが好きとか、外に出ることが好きとか、そういう『好き』があるならこの仕事は楽しめると思います。あとは真面目なことも重要ですね。手を抜こうと思えばできるんですが、もし手を抜いてしまったら、事故にも繋がります。ですから、真面目に点検することもこの仕事に就く大切な要素です」

プライベートではお菓子作りが好き。

――関さんが仕事をする上で大切にしていることは? そして目標は?

 

「先ほどの言葉と重複しますが、どんな業務に対しても真面目に取り組むことです。手を抜いたら点検先のお客様に申し訳ないですし、自分も後悔すると思います。そして目標はもっと上手に喋れるようになること。保守点検の内容についてお客様に丁寧にわかりやすく説明することも大事な業務ですが、私自身、喋るのが苦手なんです。もっと上手く説明できるようになって、お客様との信頼関係を深めていきたいと思っています」

これから電柱に登ります。

軽々と登っちゃいます。

――頑張ってください! 最後の質問です。関さんにとって電気とは?

 

「生活になくてはならないもの。日常生活で電気は当たり前に使うものですが、それが無くなると生活が不便になってしまいますよね。だからこそ電気を守っていかねばならないという使命感を抱いて働いています」


<関ひかるさんプロフィール>

中部電気保安協会、名古屋南営業所所属。専門学校在学中に第三種電気主任技術者試験に合格し、入会後には、エネルギー管理士を取得。こうした高度な専門資格を保有する一方、女性目線に立ってお客さま対応できる電気保安従事者として活躍している。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

電気を守る仕事に就きたい! しかし電気の仕事をするには国家資格が必要です。今回は電気保安業務にはどのような資格が必要かについて、九州電気保安協会の梅林良行さんに教えていただきました。梅林さん自身は試験に落ちた経験があるとのことで、不合格という経験を糧に合格を獲得、次のステージへと飛躍してきた梅林さん。資格取得までに苦労したこと、資格を取ったことで得た仕事の楽しさとは?


入社5年目。“なんとなく”はじめた仕事が今は私の心に灯をともす--22歳女子の仕事観

入社5年目。“なんとなく”はじめた仕事が今は私の心に灯をともす--22歳女子の仕事観

学生時代を終え、社会人としての第一歩を歩む始めの職場は自分の人生を決める重要な場所。しかし社会に出たことがない学生さんにとっては、どんな会社がいいのか分からず、“なんとなく”で決めてしまうことも。四国電気保安協会の梶村彩姫さんもそんな一人でした。しかし、「仕事に向き合うなかで徐々に仕事愛が芽生えていった」と語る梶村さん。4年間で変化した仕事観とは?


今は電気でロックする。仕事と音楽、どっちも本気で両立できた元バンドマンが語る“仕事の流儀”

今は電気でロックする。仕事と音楽、どっちも本気で両立できた元バンドマンが語る“仕事の流儀”

職場では電気を守り、プライベートではバンドマンとして歓声を浴びる。そんなオンとオフのギャップが激しい方が電気の世界にいました。それが、中部電気保安協会の三重県津市営業所に勤務する柳浩崇さんです。かつてパンクバンドのフロントマンとしてマイクの前でシャウトしていた柳さんは、電気のお仕事を続けながらも本気で音楽に取り組んでいました。時には遠方へライブしに行くなど慌ただしい日々を送っていた柳さんですが、仕事とプライベートをどのように両立させていたのでしょうか…?


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ