備えあれば憂いなし。もしもの停電に備えておきたい6つもの

備えあれば憂いなし。もしもの停電に備えておきたい6つもの

「急に電気がつかなくなった!」 停電はそう頻繁に起こるものではありませんが、自然災害が多い日本で暮らす私たちにとって、日頃から“万が一”のために備えておくは非常に大事なことです。この記事ではいざという時に役立つ停電への備えと心構えについて解説します。


起きてからでは遅い!停電前に備えておきたいもの

携帯電話に懐中電灯、飲み水や非常食…。停電などの非常時に必要なものといえばこれらが思い浮かぶのではないでしょうか。停電時に役立ち、「あれば助かる!」グッズには、以下のようなものがあります。事前に備えておくといざという時に役立ちますよ。

これは必須!懐中電灯

停電が起きると身の回りの明かりが消えて視界が悪くなります。昼間はまだしも、夜間では何も見えず、身動きがとりづらいことも。また、暗闇の中では不安が大きくなってしまうため、なるべくリビングや寝室など、部屋のあちこちに懐中電灯や LEDのランタンなどを数本用意しておきましょう。懐中電灯の上に水を入れたペットボトル乗せるだけで、光が拡散して部屋全体を照らすことができます。懐中電灯のみでは光が一箇所に集中しやすいため、停電時はこの方法を覚えておくと安心です。

携帯、懐中電灯などの充電に!電池やバッテリー

懐中電灯やラジオを準備していても、いざスイッチを入れたら電池切れだった!そんな時を想定して、電池類は多めにストックしておくとベスト。持っている機器の電池の種類を調べて、普段から少し余分に購入しておきましょう。また、充電式の電池やモバイルバッテリーもあると非常に便利です。とくにソーラーパネルのついたモバイルバッテリーは、太陽さえあれば再充電できるため、何度も利用することができる強力なアイテム。最近ではコンビニでも購入できますので、事前にチェックしてみて下さいね。

これは欠かせない!飲料水

大きな災害がおきた際に、電気・ガス・水道などのライフラインが復旧するまでにかかる時間が3日と言われています。備蓄する量は、1人当たり1日3リットルが目安とされていますので、1人暮らしの人は「3日×3リットル=9リットル」分のお水を用意しておきましょう。

グルメなラインナップが増えている非常食

非常食も飲料水と同じく、3日分の備蓄をしましょう。賞味期限が長く、軽量でコンパクト、持ち運びしやすいものを選びましょう。一般的にはアルファ飯、レトルト食品、チョコレート、カンパン、缶詰類がありますが、ビタミン類、アミノ酸、バランスよく栄養がとれるようなラインナップを揃えましょう。長期保存可能な野菜ジュースや防災食セットなど、最近では保存食もバラエティ豊か。選ぶ方も楽しくなりそう。

自分の体調を管理しよう。薬や衛生用品

停電時は通常と同じ生活ができず、環境の変化やストレスによって体調を崩しやすくなります。普段から飲んでいる薬や風邪薬などがあれば、持ち出せるようにまとめておきましょう。また、マンションでは停電によって断水する可能性があるので、手洗いができないことを想定してウェットティッシュや除菌スプレーなども備えておくと便利です。停電すると冷暖房機器が使えなくなりますので、夏場は熱中症対策に小型扇風機や冷えピタを、冬場はカセットボンベで使えるストーブもあるといいでしょう。

関連するキーワード


停電 備え

最新の投稿


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ






























最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ