入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社4年目といえば、経験をそれなりに積み、仕事に慣れてやりがいと自信を感じる時期ではないでしょうか。同時に多くの失敗も経験し、苦い経験に右往左往することもあるでしょう。今回は新人ではないけれどベテランとまでは至っていない、入社4年目の女性職員・佐久間絵里さん(仮名)にWattMagazine編集部がインタビューを実施。北海道電気保安協会で電気主任技術者として働く佐久間さんが、入社4年目になって知った仕事の魅力とは?


「いつまでも新入社員のような気持ちではいけない」と注意されてしまった

――佐久間さんは現在どのようなお仕事をされているのでしょう。

 

「電気設備の保安管理業務をしています。一般のご家庭では低圧の電気設備を使いますが、工場や大きなビルでは高圧の電気を受電する電気設備を使用します。そのような施設には、有資格者を常駐させ設備点検を定期的に行う必要があります。有資格者を常駐させるのが難しい場合、私たち北海道電気保安協会がお客さまから委託を受けて、電気設備の保安管理業務を実施しています。電気設備の保安管理業務を行うには第三種電気主任技術者という資格を取得していなければなりませんし、限定的に小さめなお客さまの設備を担当できるまでには4年、その限定が解除になるには更に1年の実務経験も必要です」

 

――では、佐久間さんはこの資格を持ってらっしゃる?

 

「はい、第三種電気主任技術者の資格は取得しています。しかし実務経験はまだまだ。(20208月時点で)資格取得から3年目となり、2021年には限定的なお客さまの設備を担当できます。今は先輩に同行し、現場で仕事を教えてもらいながら業務を覚えていますが、早く一人前になりたいですね!」

 

――現時点では、まだ一人で保安管理業務を担当できないのでしょうか。

 

「はい、まだ出来ません。そして情けないことに4年目になってもまだまだ失敗ばかりです。でもそこから学ぶことは多々ありますから、ネガティブに捉えすぎないようにしています。そうそう、失敗で思い出しましたが、少し前にあるお客さまの業務を数人で行ったんですね。そこは作業内容が多いので数班に分かれて各々作業を行うのですが、その業務は年に何回か実施したことがあったので、作業手順が分かっているだろうと、先輩に作業を任されました。しかし実際に着手すると作業を細部までは覚えておらず手が思うように動かない…! その時、なぜしっかりとメモに残しておかなかったのかと後悔しました。以前、先輩から『いつまでも新入社員のような気持ちではいけない』と注意されたことがありましたが、改めてその言葉を痛感しました」

 

――そんな失敗が…。でも成功体験もあるんじゃないですか?

 

「うーん…。あっ! 思い出した。高圧の電気設備には保護継電器という各種センサーが付いているのですが、例えば電気の使いすぎを検知すると自動的に電気を切るようにスイッチに働きかけます。このスイッチが正常に働かないと、火災や地域一帯の停電の原因になる、非常に重要なもの。しかし、この保護継電器が正常に働いているか確認する際は、建物を停電させる必要があるため、決められた時間内に終わらせなければなりません。そのため、点検に行く前に予習と練習をしてその日に臨みました。そのかいもあって、時間内に完了! 準備をしっかりして業務ができたので達成感がありました」

 

北海道胆振東部地震に遭遇。復旧作業で被災地へ

――成功体験は自信に繋がりますね。その他に、達成感を得られた経験はありましたか?

 

「この仕事をしていると電柱に登ることもあるのですが、実は高いところが苦手で…。上の方に登ると電柱の揺れを感じて、足がすくんでしまうのです。ロープの支えなしで腕力だけで登っていかないといけない瞬間もあるので、その時は腕がブルブルふるえてしまいます。でも先輩方が電柱に登る機会を多く作ってくれたおかげで、最近になってやっと上の方へ到達することができました!」

 

――おお! 電柱を登る場面があるなんて知りませんでした。危険な仕事ですね。

 

「そうですね。なので電柱に登る際は、安全作業のために定められた作業手順を順守しています。また、この仕事は被災地に向かうこともあります。2018年に北海道胆振(いぶり)東部地震が発生しましたが、そのとき私は震源地が管轄内にある苫小牧支部にいました。地震によって高圧の電気設備に異常がないか巡回に行ったり、震源地近くの避難所に電気を供給するのを手伝ったりと非常に記憶に残る経験をしました。避難所へ近づくにつれて道路の隆起や崖崩れした山の痕が視界に入り、内心は非常にドキドキしていました。そのとき私は、人々の生活を元に戻すため、復旧に努める重要な仕事の1つに就いたのだと身をもって感じました」

 

――それは非常に印象的な出来事でしたね。

 

「あとは入社してすぐ、女性職員が集まる会合に出席したことも思い出深いですね。その会は電気保安を担う女性技術者が全国から集まるイベントだったのですが、各地域でたくさんの女性たちが切磋琢磨している姿を見ることができ、心強く感じました。そのイベントで、『電柱に登ったり、重いものを持ったりするのは大変』『子供を育てながら仕事が続けられるのか?』といった意見が出ていて、女性技術者への環境整備はまだまだこれからであり、自分も気づいたところは発信していかなければと思いました」

知らない場所へ潜入でき、綺麗な景色に出会える

――ここでしか経験できないことはありますか?

 

「多くのお客さまがいらっしゃいますので、いろんなお店や建物の中に入れることかと思います。例えば、商店やホテル、工場、地域によっては農場やテレビ局に行くこともあります。特に初めて入った建物は、とても新鮮で、もっとよく見ていきたいという気持ちになります。あと大きな建物は夜中にかけて仕事をすることもありますが、屋上での業務では綺麗な夜景を見られることもあります。山の上に行くこともあり、朝方は雲海が見えることも。このように色んな環境に関わる仕事でなければ経験できないことではないでしょうか」

――知らない世界や見たことのない景色に遭遇できるって楽しいですね。佐久間さんの今後の目標はなんですか?

 

「まず、実務経験を積んでお客さまを担当したいということがあります。しかし、一番目指したいことは、お客さまが困っている時に、しっかりと対応できるようになることです。電気が使えなくなったお客さまが連絡する先が、私たちです。その時、的確に判断し、原因を特定して対策を講じることが求められます。正しい判断は知識と経験がものを言いますので、そのためにも今は経験を積んで多くの事柄を学び、確実に対処するための練習をしていこうと思っています」

 

――大変だと思いますが、目標に向かって頑張ってください! では最後の質問になります。佐久間さんにとって電気とは?

 

「日常生活にあって当たり前、使えるのが当たり前。それが電気です。その電気を供給している設備は誰かが管理していかなければ使えません。そして危ないものでもあります。それをしっかりと管理していくのを陰ながらお手伝いするのが私の大切な役割だと感じています」


<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。



最新の投稿


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

静電気の不思議。パチッとならないためにはどうすればいいの?

寒い時期、ドアノブに手をかけると「パチッ」という音ともに小さな痛みが走った経験はありませんか。そう、静電気です。あなたはこの静電気が一体何者かご存知でしょうか。その正体を理解すれば、静電気を避けることができるのです。この記事では、一緒に静電気について勉強していきましょう。


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ






























最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ