関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


入社して一番の困難は「電験三種」の資格試験。先輩の支えで難関を突破!

――里本さんは現在、関西電気保安協会で電気主任技術者として働いてらっしゃいますが、具体的な仕事内容について教えていただけますか?

 

「現在は、『自家用電気工作物』の点検業務を担当しています。自家用電気工作物とは、600Vを超える電圧を受電して電気を使用する設備を指し、学校や工場など大きな建物に電気を供給するうえで必要なものです。この電気設備に故障や欠陥があると事故が起きる原因となるため、定期的に点検をしなければいけません。つまり私の仕事は、みなさんが安心して電気を使えるよう、電気設備を見守ることです」

 

――縁の下の力持ちというお仕事ですね。入社から現在まで、どのような軌跡を歩まれたのでしょう。

 

2013年に工業高校の電気科を卒業し、18歳で関西電気保安協会に入りました。自家用電気工作物を扱う電気主任技術者になるためには、『第三種電気主任技術者(電験三種)』という資格が必要ですが、この資格試験は“電気の司法試験”と呼ばれるほど難しいもの。そのため、入社してか働きながら必死になって試験勉強をしました。そして、4年目で念願の合格を勝ち取りました!!」

――おめでとうございます!

 

「ただ、資格だけ取得すれば良いわけではなく、実務経験も必要となります。僕の場合、5年の経験を積まなければならず、この期間は先輩の補助員として、経験を積みました。そして、2019年には担当できる設備限定付きの保安業務従事者に、そして本年2020年には限定解除の保安業務従事者に昇格。これにより自家用電気工作物の保安管理ができるようになりました。僕らの世界では『保安業務従事者』になって、やっと電気主任技術者として一人前のスタートが切れるという認識です」

 

――入社して8年目(20209月時点)でやっと一人前。長い道のりでしたね。その間、一番の苦労は?

 

「やっぱり、電験三種の試験勉強は辛かったです…。しかし、資格の取得は先輩方も歩んできた道でもあるので、避けては通れません。勉強は本当に大変でしたが、周囲の応援がとにかくありがたかったですね。会社に残って勉強していたら、先輩の1人が勉強に付き合ってくれたことも。あっ、試験で思い出しましたが、試験1週間前に、先輩から『ここは試験に出やすいから覚えておくように』とアドバイスをもらったら、実際にその問題が出たんです! そういう支えがあったからこそ、乗り切ることができたんだと思います」

18歳で社会に出て、それなりに経験を積み、一人前の男になった。

――感動的なエピソードですね! その他に、仕事に関して思い出深いエピソードはありますか?

 

「これは入社45年目の出来事ですが、当時、高低圧の絶縁監視装置を多数設置しているお客さまを担当していた時に、お客さまからある日、予算見直しのため契約を解除したいと言われてしまって…。契約が解除されてしまうと、関西電気保安協会としては大きな痛手になってしまう。これはピンチ!ということで、まずは課長や係長に相談しました。そこで上司から、先輩とタッグを組むよう言われ、2人でお客さまの元へ何度も足を運び、『さらに高度な装置を使ってみてはどうでしょう?』といった提案や説明を地道に続けた努力が実って、契約を更新していただくことができたのです」

――自分を成長させてくれる経験でしたね。それはおいくつの時でしたか?

 

2223歳の時ですね。高い金額の契約でしたのでめちゃくちゃ緊張しました。この頃はまだ経験も少ないですし、自分の引き出しの中身もほぼゼロに等しい状態。ただ、交渉中に話が止まってしまうとダメだと知っていたので、交渉材料をしっかりと準備して臨みました。そうすることで相手に『この人なら安心』という印象を与えられますから。そのおかげもあって、最後は『わかった』と言っていただくことができました。この経験を通して、『お客さまの要望に応えていくこと』『懇切丁寧に説明すること』がどれだけ大切かということを実感しましたね。」

 

――その若さで自分の足りない部分を冷静に見極め、判断するなんて素晴らしいですね。

 

18歳から社会に出て、それなりに経験を積んできました。それが役に立ったのかなと思います」

 

――(隣に座っている)川村さんにもお伺いしますが、里本さんの良さって何だと思いますか?

 

「里本くんは若手のホープと言える存在。真摯に仕事と向き合い、先輩の背中を見ながら一人前になりたいという強い思いを抱いて日々働いています。そんな彼を見ていると、責任ある仕事を任せても安心だなと思いますね。実は私にも同い年の息子がいますが、息子と比べると、本当にしっかりしているな~と感心しちゃいます」

 

近い未来、最新テクノロジーを使った保安管理業務へとシフトする。でも大切なものは変わらない

――里本さんが思う、この仕事の魅力って何だと思いますか?

 

「お客さまが喜ぶ顔が見られることです。僕の場合、同じお客さまのところへ定期的に訪問点検をしています。定期的に点検していると顔を覚えてもらえますし、点検後に『今日も異常ありませんでした!』と報告すると、お客さまから『安心した』という言葉をいだけます。これが仕事のやりがいにつながっているんです」

 

――お話が少し変わりますが、オフの日は何をされていますか?

 

「身体を動かすことが好きなので、ランニングや水泳をしてリフレッシュしています。あと、休日は子どもと遊びに出かけることも。2人目が生まれたばかりなので、仕事が休みの時は料理や家事もこなします。ワークライフバランスに点数をつけるなら? そうだな〜90点かな。ほぼほぼ満足していますが、休みの日もついつい仕事のことを考えてしまうので、完全にオフモードに入っているとは言えません。裏を返せばそれだけこの仕事が好きということですが。そこはマイナス10点かな」

――里本さんが思う、「電気業界が抱える問題点」とは何でしょう。

 

「年配の人が働いているイメージが強いことですね。僕がお客さんのところへ行くと、『20代の人が働いているとは知らなかった!』と驚かれることもあります。でも実際には、多くの20代が活躍していますから、もっと新鮮で若々しいイメージを伝わるように変えていきたいですね」

 

――電気業界の未来はどんな風になると思いますか?

 

「最近はAIやロボット、IoTなど新しいテクノロジーが注目されていますよね。そのうち、電気設備もそうした先端のテクノロジーを導入して保安管理していく未来が到来すると思います。その未来に向けて、僕たち技術者も勉強しなくてはなりませんが、『お客さまに安心を届ける』という目的はこの先もずっと変わりません」

 

――最後の質問になります。里本さんにとって“電気”とは?

 

「“気難しいやつ”ですね。電気って目に見えないですし、危険な存在でもある。触ったら感電しますし、漏電火災など事故の原因にもなります。ですが同時に、生活になくてはならない存在でもある。そんな気難しいやつと一緒に付き合っていかないといけないんだなって思っています。経験を積みつつ、時代が変わる中で電気と一緒に成長していきたいですね」

<里本樹さんプロフィール>

関西電気保安協会所属。2013年入社。電気主任技術者として、自家用電気設備の点検業務を担当。多忙な日々を送る中、課題に対して積極的に取組む姿勢が評価され、周囲からの信頼の厚い若手の有望株。プライベートでは、2児のパパとしての顔も。所有資格は、第3種電気主任技術者、第1種電気工事士、2級電気工事施工管理技士。

 

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


社会を支えるエッセンシャルワーカーが働く「電気業界」を調べてみた

社会を支えるエッセンシャルワーカーが働く「電気業界」を調べてみた

今回、「電気業界」を紹介するのはクロスメディアHR総合研究所(以下クロスメディア総研)です。クロスメディア総研は新卒向けに各地域で活躍する魅力的な企業を集めた書籍「こんな会社で働きたい」シリーズを展開しています。 クロスメディア総研は各企業にインタビューを行い、職場の様子や社員の育成、企業の強み・魅力などをわかりやすく、書籍にまとめています。シリーズ10弾の「愛知県編」では、送電線建築を行う「株式会社メイワイシー」さんを取材。これを機会に、「Watt Magazine編集部」と協力して「こんな業界で働きたい - 電気業界編」としてやさしく、わかりやすくお伝えしていきます。


電機メーカーに就職した電気主任技術者の仕事内容とは?電力機器を想定してお伝えします

電機メーカーに就職した電気主任技術者の仕事内容とは?電力機器を想定してお伝えします

もし、あなたが大学の電気科に入学したら。 卒業後、将来のイメージを想像できるでしょうか。電気科卒業後の進路は建設業、電力会社、電気保安会社などさまざまです。中でも、電機メーカーへの就職希望者は多いようですが、実際にどのような仕事をするのかまでは、イメージがつきづらいかもしれません。今回は、電気系の技術者としてキャリアを歩んできた僕が実際に経験した仕事の内容を踏まえてお伝えしていきます。


電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安とは、言葉のとおり電気を安全に利用するために定期的な点検や検査を行うことです。このお仕事が適切に行われないと、漏電や火災事故が発生する危険性が高まります。つまり、電気保安を行う電気主任技術者は、そうした危険から日々、私たちの生活を守っているということです。本記事では、電気主任技術者の資格を有する僕が、電気保安のお仕事について詳しくお伝えしていきます。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


最新の投稿


暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

暑い夏はなぜイライラしやすいの?気温が心理に与える影響を知ろう

梅雨を乗り越えると気温がぐっと高まり、多くの人が待ち望む夏休みがやってきます。「今までできなかったことに挑戦したい」「少し遠出をしたい」など、気持ちが前向きになるイメージが強い夏ですが、一方でやる気が出なかったり、イライラしたりすることも増えるようです。今回は、夏の気温が心理に与える影響について解説します。


電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

電験三種の勉強の始め方 独学や通信教育などについて検討してみました

「電験三種の受験に向けて勉強を始めたいけど何から勉強すればいいのかな」「そもそも、電験三種の勉強って、一人でできるものなのかな」そんな方のために、この記事では、具体的にどのような勉強スタイルがあるのかをまとめました。自分に合う勉強方法を模索してみませんか。


チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

チェックリスト付き!正しい深呼吸で体の中心からリラックスする方法

呼吸とは、酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すだけではありません。 ・人間は呼吸によって動いている生き物である。 ・息を吸えば、体幹に膨らむ力が生まれる。 ・息を吐けば、体幹にしぼむ力が働く。 じつはこの膨らむ、しぼむという呼吸の力による体の圧力の変化が、体調や体質の大きなカギを握っているのです。それを理解するためには、深呼吸を修得して自分の呼吸状態を知り、呼吸のメカニズムを掴むことが必要です。


発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

発酵食品は“毎日”食べよう!効果的に善玉菌を増やす食べ方とは?

乳酸菌やビフィズス菌は毎日摂らないと意味がない、って知っていましたか?この記事では、発酵食品から腸内環境を整える方法を紹介していきます。


試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

試験前のメンタル術!自己成就的予言で力を発揮する方法

期末テストや受験、就職・資格試験など、日常生活に試験は多くありますが、多くの人が試験前後に不安や緊張を感じやすいものです。試験前の気持ちは本番に影響しやすく、中には本来の実力を発揮できないという人も。 そこで今回は、現役心理カウンセラーが試験前に注意すべきこと、そしてメンタルマネジメントを行う方法について解説します。


最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 関東電気保安協会 電験二種 ストレッチ