面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


Q1 就活・転職活動の面接で自信を持つ方法について

企業との面接をする際、どうしても嘘をついている気分になってしまい罪悪感が拭えません。どうすればそのような感覚を払拭できるでしょうか?


[回答]

これは本当によく聞く話です。自信とは、基本的にその仕事で成果を出すことでしか生まれないもの。ですから、まだ始めてもいない仕事で自信がないのは当たり前なのです。稀に、根拠もなく「自信を持て」といったアドバイスを見受けますが、根拠のない自信を持つ人は遺伝で決まりますので、参考にしない方が無難です。

さらに言ってしまえば、自信があるのが本当に良いのか問題というのもあります。自信についての研究で分かっているのは、根拠がない自信を持つ人は実際には能力がなく、成果も出せず、単にナルシシズムのレベルが高いだけだとわかっています。そんため、実社会でなかなか活躍しづらいと言えるでしょう。

対策の1つに、成長マインドセットを身につけることがあります。これは、自分の能力は生まれつき決まったものではなく、後から伸ばせる感覚を言うのですが、これがない人ほど罪悪感に絡め取られやすいという傾向があります。どんな人もそれなりに努力しているはずなので、自分の成果というよりか努力の総量にフォーカスして自分を褒めてあげましょう。

就活や転職だといかに面接を乗り越えるかといったゴールにフォーカスしてしまいがちですが、この面接でどんな成長ができるか、どのようなものが得られるかにフォーカスしてみるとで多少緊張が緩和されるでしょう。「いつもより大きな声で挨拶できた」など、些細なことでも良いのです。

Q2 どのくらいの期間で仕事の適性を判断すればいいか?

就いた仕事が自分に適しているかを見極めるのに必要な期間はどのくらいなのでしょうか?


[回答]  

明確な基準はありませんが、ざっくり言って3カ月ほどである程度見極めることができるのではないでしょうか。3カ月おきに「科学的な適職」の中で紹介されている「ヒエラルキー分析」や「仕事満足度尺度」を試してみてください。ただし、自分が求める価値観が明確になってないと自分が幸福かどうかは判断できないので、自分の価値観をはっきりさせることが第一です。

中には「なんか嫌だな」など、非常に漠然とした感覚で物を見ている場合、いつまで経っても見極めることができません。それには、自分の基準をはっきりさせてから判断しましょう。その時に「科学的な適職」で挙げた「仕事の幸福度を決める7つの徳目」を参照にするのも良いですし、他に何か基準があればそれを取り入れても良いと思います。

職場の問題に関して調査レポートがあるわけではないんですが、1つのコミュニティに入ってから、全体がどういう価値観で動いているのか、どういう性格の人が働いているのかが分かるには、だいたい3カ月くらいかかることがほとんどです。

Q3 就活・転職活動でエージェントに相談するのはいい方法ですか?

転職や就活をする際、エージェントに相談するのはよい手段だと言えるのでしょうか?


[回答]

自分の中の可能性を広げることができるので、一つの手段として良いと言えるでしょう。広くアンテナを張っておいた方が受け取れる情報も増えます。また、実務的なことでいうと、転職サイトからの応募だけでは機械的に落とされるケースが結構ありますが、エージェントを利用すると間を取り持ってくれるケースが結構あります。ただし、エージェントの方もお仕事としてやっているので、前提として自分の価値観をしっかり定めてから相談することが大切です。

Q4 就活・転職活動をするほど、どの職がいいか決められないのですが…

「まずはやってみて合うか判断する」より「はじめからいい職に就こう」と考えすぎて前に進めません。


[回答]

これはマキシマイザー問題と言われるものです。マキシマイザーっていうのはMaximizer、つまり常に最大化を求める人のことです。

これはわりと根が深い問題で、現代人に増えつつある傾向。選択肢がすごく増えたために選択できなくなったことで、最高を求めるようになるという傾向が全てにおいて見受けられるようになっています。これに関しては自問のテクニックが必要です。そもそもなんで自分はそういう会社に入りたいのか。この質問を掘り下げて行きましょう。

パソコンが欲しいと思った時に商品を選べなかったとして、そもそもなんで自分はパソコンが欲しかったのか、文章を書きたいのか、動画を編集したいのか、そういうそもそもの目的によって選択は異なってきます。動画編集だったらスペックが必要ですし、文章を書きたいのなら軽スペックなものを優先した方が良いでしょうし。それは企業選びでも同じことが言えます。

ですから、自分がそもそも何を求めているかはっきりさせましょう。そもそも、自分にとって「良い職」とは何なのか、ということに立ち返って考えてみるのが大事です。


元記事「面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-」は2020年9月8日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A- | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

https://business-life.jp/business-skill/17733

発売1週間で5万部突破、「就職・転職・キャリア設計に役立つ!」と話題の書籍『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』(鈴木祐 著)。→試し読み・関連記事はこちら この記事では、事前アンケート・読者アンケート等で読者の方から寄せられた「キャリアにまつわる疑問」から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップ。著者の鈴木祐氏に回答いただきました。 第1回「夢を追い続けた人

関連するキーワード


就職活動 仕事

関連する投稿


通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


市場価値を高めるための科学的なポイント|科学的な適職Q&A「強み・市場価値」編

市場価値を高めるための科学的なポイント|科学的な適職Q&A「強み・市場価値」編

この記事では、アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきました。


夢を追い続けた人は幸福になれるのか?|科学的な適職Q&A「好きを仕事に」編

夢を追い続けた人は幸福になれるのか?|科学的な適職Q&A「好きを仕事に」編

多様化するキャリアの中で、次々と湧いてくる「キャリアにまつわる疑問」。本記事では、「就職・転職・キャリア設計に役立つ!」と話題の書籍、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』の著者である鈴木祐さんから「好きを仕事にするには?」にまつわる疑問についてご回答いただきました。


つまらない仕事を「遊び」に変える科学的テクニック<<前編>>

つまらない仕事を「遊び」に変える科学的テクニック<<前編>>

社会人でもアルバイトでもフリーターでも。どんな仕事もどうすればもっと楽しいものへと変えることができるのでしょうか。科学的なテクニックから解説します。


つまらない仕事を「遊び」に変える科学的テクニック<<後編>>

つまらない仕事を「遊び」に変える科学的テクニック<<後編>>

社会人でもアルバイトでもフリーターでも。どんな仕事もどうすればもっと楽しいものへと変えることができるのでしょうか。科学的なテクニックから解説します。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電験三種合格は無理ではない!僕が独自で見つけた勉強方法と習慣化

電気業界の資格の中でも最難関と言われる第三種電気主任技術者試験、通称「電験三種」。電験三種の資格を取得するなんて…と尻込みしてしまう人も少なくはありません。とはいえ、無理だと決めつけて何もしなければ合格の可能性は0のまま。鼻っから無理だと諦めず、戦略的な勉強方法を見つけてチャレンジしてみませんか?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ