10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

今後、AIやロボット技術、VRや5Gなどが当たり前になることで、私たちの生活は大きく変わってくることが予測されます。この激変する環境下で、この先を見据えたスキルや考え方を身につけておけば、10年後にも活躍できるはず。この先の環境変化や求められるスキル・考え方を理解し、経験や学習を通して必要なスキルを身につけませんか。


新興テクノロジーによって働く環境が激変する

今後は、AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の進化・導入により、私たちの労働環境が大きく変化していきます。近年、ロボット技術の発達により、様々な業界であらゆるテクノロジーが活用されています。今までは、単純労働のようなものがほとんどでしたが、人工知能やセンサーなどの発達で、より高度な分野での労働が可能になりつつあります。そのため、単純作業、ルーチンワークと呼ばれるものはますますロボットに置き換わっていくことが予想されます。新たにロボットが普及することでロボットコンサルタント・アドバイザー(このお仕事の場合、どのようなロボットを使えばいいのかアドバイスする人)や、データアナリストなど、その進化したロボットの効果的な活用方法などを教える仕事が誕生。

その反面で、ロボットでは置き換えることのできないもの、医者・看護師、教員・保育士、芸術家、カウンセラーなどの仕事は今後も活躍が期待されています。

都心でも地方でも同じように働ける

社や、自分の出世のためだけに仕事をする!という時代は過去のものになりつつあります。これからやってくるのは、ワークライフバランスを重視したり、仕事環境を優先したり、自分自身で働き方を選ぶ時代です。

仕事とプライベートを両立する、地域に密着した働き方などを希望する人は増えてくることでしょう。また、コロナを機に一気に普及したリモートワークですが、この働き方を主体とする企業も増加傾向にあります。さらに、社会問題解決や、地域課題の解決に向けた取り組みを中心に行うNPO法人なども増えており、働き方も生き方も、一人ひとりが自分らしさを描ける時代へ変わろうとしています。今から多くの体験を通して、たくさんのものを見て、聞いて、感じることを大事にしてください。

副業(複業)はもはや当たり前になる

2018年1月に、厚生労働省が発表した「副業・兼業の促進に関するガイドライン」により、副業を容認する企業も増えてきました。2020年には、ソフトバンク・アサヒビール・みずほフィナンシャルグループなどの大手企業も続々と社員の副業を許可しています。10年先を考えると、副業が当たり前になる可能性も考えられるでしょう。本業で稼ぎつつ、副業では自分の経験や専門性、知識や得意なことを活かし、新たなコミュニティの形成、価値観の醸成ができるようになるはず。また、企業側もスポットで専門性や能力の高い人材を活用できるため、プロとして副業人材を受け入れる傾向も強くなっています。
自分がどのような専門性を身につけたいか、あなたの持っている専門知識は何か、これから追求していきたいことは何かなど、自分の強みを客観的にみて、伸ばしていきましょう。

人生100年時代に生きるチカラとは

経済産業省「人生100年時代の社会人基礎力」

来るべき未来に向けて、どのようなスキルを備えておくべきでしょうか。
厚生労働省が提唱する、「人生100年時代の社会人基礎力」。これを見るとこれから社会人になる人は、3つの視点・3つの能力を身につけるための行動を求められていることがわかります。

【3つの視点】            【3つの能力】
① 何を学ぶか          ① 前に踏み出す力
② どのように学ぶか       ② チームで働く力
③ どう活躍するか        ③ 考え抜く力

まとめ

10年後に求められるスキル・考え方を知り、今から自分自身が納得できる働き方を選べるように準備をしませんか。

関連する投稿


進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

10代は、勉強や進路、友人関係など、多くの悩みや不安を感じやすい時期です。「将来、大丈夫かな?」という漠然とした不安は誰にでもあるものですが、その気持ちが積み重なっていくと、不安に押しつぶされてしまうことも。この記事では、不安を軽減する簡単な方法をご紹介します。


「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分は一体何者なんだろう?」方向性を見出すアイデンティティの形成について

「自分らしさって何だろう」「自分は一体何者なんだろう」…誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、思春期の心の悩みの1つであるアイデンティティについて、そしてアイデンティティを理解して進路を選択する方法をご紹介します。


電機メーカーに就職した電気主任技術者の仕事内容とは?電力機器を想定してお伝えします

電機メーカーに就職した電気主任技術者の仕事内容とは?電力機器を想定してお伝えします

もし、あなたが大学の電気科に入学したら。 卒業後、将来のイメージを想像できるでしょうか。電気科卒業後の進路は建設業、電力会社、電気保安会社などさまざまです。中でも、電機メーカーへの就職希望者は多いようですが、実際にどのような仕事をするのかまでは、イメージがつきづらいかもしれません。今回は、電気系の技術者としてキャリアを歩んできた僕が実際に経験した仕事の内容を踏まえてお伝えしていきます。


自分を知ろう!10分でできる「エゴグラム性格診断」

自分を知ろう!10分でできる「エゴグラム性格診断」

自己分析をする事で自分の得意なことや不得意な事が見えてきます。そんな時によく利用されているツールの一つに【エゴグラム性格診断】です。 これはアメリカの精神科医エリック・バーンが考案した理論を活用したもので、自分の性格を【5つの自我】の状態に分け、それぞれの優位性で性格診断します。その特有の性格を知ることで就職活動時においては自分にあった仕事のスタイルや職業が見えてくる場合もあるのです。今回は【5つの自我】をもとにした一番シンプルなエゴグラム診断を紹介します。


受験勉強中に突然やる気がなくなったら…?試してほしい2つの対処法

受験勉強中に突然やる気がなくなったら…?試してほしい2つの対処法

高校卒業後の進路として、進学を選んで日々頑張る受験生は多いはず。しかし、ある日突然、「あれ、なんだか急にやる気がなくなった」、「何のために勉強していたんだっけ?」という気持ちが襲うことも…。今回は、受験生が陥りやすいやる気の低下と、受験勉強のやる気を維持するための2つの対処法を解説します。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ