もう一度学ぼう「フレミングの法則」

もう一度学ぼう「フレミングの法則」

電気関係の法則で一番といってもいいほど有名な「フレミングの法則」。誰もが中学校で勉強しているはずですが、その理由は電気の勉強の中でも非常に重要な内容だからなのです。すっかり忘れてしまったという方、覚えているけど改めて勉強してみたいという方、本記事で僕と一緒に勉強しませんか?


フレミングの左手の法則とは

正式名称は、「フレミングの左手の法則」です。電気現象をわかりやすく理解するために左手を利用した法則で、電(中指)、磁(人差し指)、力(親指)とそれぞれのエネルギーを表現します。視覚的にわかりやすく、電流、磁力、力、の方向について一目で把握することができます。

たとえば、コイルに電流を流し、近くに磁石を置くことで、コイルに力が働きます。

この原理を応用することで、世の中では「モーター(電動機)」という製品が活躍できるのです。モーターとは電気の力で重いものを運んだり、ものを動かしたりしてくれるもので、身近な場面ではエレベーターや携帯電話に用いられています。

フレミングの右手の法則とは

左手については教科書通りに学びますが、右手の法則については中学校では習うことはありません。こちらも右手で電(中指)、磁(人差し指)、力(親指)とそれぞれのエネルギーを表現したもので、電流、磁力、力、の方向について一目で把握することができます。

しかし、右手の法則は左手の法則とは逆の現象を説明するものになります。たとえば、コイルに人が力を加え(コイルを動かす)、コイル付近に磁石を置くことでコイルに電流が流れます。

この原理を応用することで、世の中では「発電機」という製品が活躍しています。
発電機とは力を加えることで発電(電気をつくる)してくれるもので、身近な場面では自転車のライトに用いられています。

フレミングの法則は、実は電験三種でも出題されます。

「中学校で出題されるから簡単なものなのでしょう?」と思われた方、実際はそんなことはありません。

難関国家資格である電験三種でも出題されるもので、試験では公式を駆使して数値を導く必要があります。ただし、工業高校や大学に進学すれば講義で扱うと思いますので、しっかり勉強すれば知識が身につくことでしょう。

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設で電気主任技術者として電気保安業務を担当。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」を運営中。

ブログ

Twitter

Note


関連するキーワード


フレミングの法則

最新の投稿


電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電線の形状が変わると電気の性質も変わる

電気はどのように発電所から送られてくるか、ご存知でしょうか。 電気は銅やアルミのような金属を線にした「電線」に流すことで、私たちの家庭に送られます。また、その電線の太さを変えることで電気の性質は変わってくるのです。普段の生活においてはあまり気にならないかもしれませんが、少し知識を深めてみませんか。


「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

「コロナうつ」を防ぐにはーセルフチェック方法と3つの対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に不安が尽きない毎日ですが、感染症の流行が生み出す「恐怖」や「偏見」も人から人に広まってしまうことをご存知でしょうか?この記事では、「コロナうつ」と呼ばれるメンタルヘルス不調から身を守る方法を紹介していきます。


「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

「プラズマってなんだろう?」その疑問に答えます!

あなたは「プラズマ」という言葉を知っていますか?この言葉を聞いて、「あのピカッとするやつでしょう?」と思う方もいるでしょう。プラズマはとても身近な現象ですが、実際に説明するとなると簡単にはいきません。知っているようで知らないプラズマ。今回はプラズマについて学んでいきましょう。


電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

今回、Watt Magazineでは「エッセンシャルワーカー」という言葉を認知している学生を対象に、エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査を実施しました。 縁の下の力持ちである電気業界、学生さんたちはどんなイメージを抱いているのでしょうか…?


たった5分で適性がわかる!?ビッグファイブ診断

たった5分で適性がわかる!?ビッグファイブ診断

自分はどんな特性を持っているんだろう。何が得意だろう。案外パッと答えることができる人は少ないものです。そこで将来のこと、今後の進路を決める際によく活用されるのが適性診断です。 世の中に数多くある適性診断の一つにビッグファイブ理論を活用したものがあります。これはアメリカの心理学者「ルイス・ゴールドバーグ」が発案した理論で、人の特性を5つの要素で統計したものです。今回はこの「ビッグファイブ」理論を活用した適性診断を紹介しましょう。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ


























































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ 関東電気保安協会 電験二種