【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

【受験生必読】受験勉強中は体調を崩しやすい?心と身体を整える方法3選

受験とは、多くの学生にとって緊張しやすい大事なライフイベントですが、「受験勉強中はあまり寝つけない」「本番前に風邪をひきやすい」など、中には体調を崩す人もいるようです。そこで、この記事では、受験勉強期間でも心と身体を整える方法を3つ紹介します。


受験前に体調を崩しやすい…?

受験シーズンは、日頃のプレッシャーのためか腹痛や発熱、不安感などに襲われたり、突然の悪天候で風邪を引いたり、体調を整えにくい時期です。受験はほとんどが秋~冬に行われることが多く、体調を崩しても「季節の変わり目だから」「空気が乾燥するから」と気にしない人もいます。しかし、実は受験のプレッシャーや不安感から心身の不調を引き起こす場合もあるのです。志望校に合格するため、憧れの職業に就くためなど、目標を持っていつも以上に勉強に打ち込むことも重要ですが、追い込みすぎると体調不良につながる可能性は高くなってしまうのです。

心が引き起こす体調不良

受験期は、本番が近づくにつれて「うまくいかなかったらどうしよう」「休んだらライバルに勝てなくなってしまうかも」など、不安やプレッシャーを感じやすくなります。ある程度のストレスはつきものですが、不安やプレッシャーを抱えたままさらに追い込みをかけてしまうと、以下のような心因性の体調不良が現れる場合も。

・頭痛、腹痛などの身体の痛み
・下痢、便秘などの違和感
・寝つけない、何度も目が覚める
・発熱や倦怠感
・気分の落ち込みやイライラ、焦り など

身体に原因がなくて体調不良がある場合は、受験のストレスが原因かもしれません。

受験に向けて心身の調子を整える方法3選

受験を成功させるためにも、勉強とあわせて心身へのケアも行い、万全の体制を整えて行きましょう。

① セルフモニタリングをしよう

自分の状態を正しく知るため、自分の行動や感情を振り返ってみましょう。「全然勉強が足りない…」と漠然と不安がるのではなく、セルフモニタリングで客観的に自分を把握します。その方法は、その日に自分が勉強した内容や勉強にかかった時間、その日に感じたこと、気づいたことなど、ランダムに紙へ書き出したり人に話したりするだけ。セルフモニタリングすることで、不安を軽減する方法も見つけられるでしょう。

② 小さなルールを作る

受験勉強中は、不安から何日・何時間と時間をとにかく長くとってしまいがちですが、無理をしては本番に力を発揮できない可能性も。そこで、焦る気持ちを止めるためにも、「22時まで勉強」「大問1で終わろう」「be動詞を理解する」など小さなルールを作ってみましょう。区切りをつけることで勉強にメリハリがつき、生活リズムを整えるきっかけにもなります。

③ 計画的に休もう

受験勉強中は「休まず勉強し続けなければ」と、休みを取らずにひたすら打ち込む人もいます。長期間頑張り続けるのはつらいものですから、勉強の計画を立てるときには、休息の時間も意図的に組み込んでみてください。休みを計画的にとることで、定期的に心身のガス抜きができ、「休んでも良いんだ」と、心の安定を得られやすくなります。

追い込み期こそ落ち着きを意識しよう

受験期には、本番でベストを尽くして合格するために受験勉強を詰め込む人が増えます。目標達成のために頑張れることは素敵ですが、ストレスを抱えすぎてまで頑張り続けると、体調不良として心身にSOSが現れることも…。受験勉強中の体調不良は軽視せず、自分の心身を振り返るチャンスです。

・セルフモニタリング
・ルール作り
・休みの計画化

これら3つの方法で心と身体を整えて、受験本番で力を発揮できるようにしましょう。

プロフィール

関連する投稿


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

知らなきゃ損する、糖質制限の真実。「炭水化物はいらない栄養素」は正しくない!

本記事では『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』より、タンパク質に関する間違いがちな食の知識についてご紹介します。筋トレ・ダイエットでよく聞く炭水化物抜きは本当に健康にいいのでしょうか…?


満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

満腹感の決め手は「ほかほか・とろとろ」?どか食い・むちゃ食いを防ぐ胃のトレーニングとは

食べ物を口にしてから「お腹いっぱいだ」と感じるまで、およそ20分かかると言われています。多少の物足りなさを感じても、20分待てば自然と満腹感を得られ、食べ過ぎなくなる、そのメカニズムとは?


健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

健康は正しい姿勢から!いい姿勢のとり方とは?

姿勢を改善したい、正しい姿勢を理解したい、そんな人は必見です。


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ