入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


直前までベールに包まれていた開会式。ドキドキの2ヵ月間を過ごす

――東京2020パラリンピック開会式という世界が注目する舞台で、大峠さんは見事に大役を果たされました。出演のオファーを受けたときは、どのようなお気持ちでしたか?



「直属の上司に、『支社長から話があるらしいよ』と言われ、見当もつかないまま支社長のところへ。そこで予想もしていなかった開会式出演の話を聞いて、とにかく驚きました。

はじめのうちは実感が湧きませんでしたが、時間とともに徐々に冷静になり、本当に私でいいのかなという気持ちと、緊張感が高まっていったことを覚えています。支社長から声をかけられたのが6月。そこから8月に開幕するパラリンピックの2週間前まで、運営側からほとんど情報を明かされていなかったため、実際に何をするのだろうと、いろいろ想像していました」

――実際にパラリンピック旗を持って歩かれた瞬間はどんなお気持ちでしたか。



「パラリンピック旗を運んでいる私たちの周りで、楽しんで参加している選手たちの姿が見えました。拍手や声援が飛び交う、アットホームで温かい雰囲気のなか、本当に素敵な式だなと実感しながら、しっかりと任された大役を務めることができたと思っています。

実は、本番よりもリハーサルの時のほうがピリッとした緊迫感がありました。リハーサル当日は、私を含め8人のエッセンシャルワーカーが集まったのですが、最初は誰もユニフォームを着ていないため職業もわかりませんでしたし、声をかけることもできませんでした。

しかし、リハーサルでユニフォームに着替え、お互いの職業がわかると、エッセンシャルワーカー同士で話が盛り上がり、徐々に緊張もほぐれていったのです。その時に、『電気の仕事って、まさにエッセンシャルワーカーだよね』と声をかけていただき、改めて自分の仕事と会社を誇りに感じ、今まで先輩たちが作り上げてきたものは、本当に偉大だなと実感しました。パラリンピック開会式の舞台に立つというなかなか経験できない機会をいただいていることに感謝の念が湧くと同時に、社会のインフラを担う責任のある仕事をしているのだと、身が引き締まりました」

“社会のインフラを支える”という、使命感のある仕事への憧れた

――現在、大峠さんはどのようなお仕事をされているのでしょうか。


「私が所属する東京電力パワーグリッド株式会社は送配電事業の会社で、みなさんのもとへ電気を届けるという使命を持っています。私は2021年10月から、発電された電気を地中から届けるために使用するケーブルの冷却設備を新設したり、リプレースしたりする送変電建設センターの冷却設備整備グループに在籍しています。

大容量の電気を流す超高圧系のケーブルは、熱を持ってしまうと多くの電気を流せなくなります。そのため、水冷管等でケーブルを冷却し、できるだけ多くの電流を流せるように冷却設備の整備をしているのが私たちの部署です。以前、所属していた上野支社では、支社が保有する設備を保守する立場として設備管理や点検をしていましたが、今は冷却設備がある場所であれば、神奈川や千葉など、遠方に出向いて工事をしますし、新しく設置する設備の基礎設計も担当しています」


――就職先として電気業界を選ばれたのは、何かきっかけとなるできごとがあったからでしょうか。


「大学時代は土木を専攻していましたが、土木を選んだ理由は社会で非常に重要な役割を担うインフラ関係の仕事に憧れがあったから。就職活動では土木関係の建設会社も良いなと検討していたのですが、東京電力にも土木部門がありました。そこで、実際に話を聞いてみようと就職説明会に参加したところ、送電線を地下に入れるための洞道と呼ばれるトンネルを掘るなど、電気専門でなくとも、幅広く活躍できる場所があるとわかりました。

その後、インターンにも参加しました。自社で設備を持ち、それを保守・管理して社会のインフラを支えている先輩たちのまっすぐな姿を見て、『この会社で働きたい』という思いが膨らんでいったのです」 

壁にぶつかっても、一歩一歩、前進すればいつか道が開く

――普段、仕事のなかで心がけていることはありますか。


「専攻が土木でしたし、電気に関しては一から勉強するつもりで入社しましたので、得意な仕事も、苦手な仕事も、初めて見た雰囲気で物事を判断せず、とりあえずできる限りやってみることを心がけています。大事にしているのは、いつでもベストを尽くすということです」

――素晴らしいですね。その心がけがあるためか、大峠さんの表情は明るく、堂々と輝いています。ちなみに、今までの仕事のなかで一番印象に残っていることはなんでしょう。


「上野支社にいた時に設備補修業務で、古い型式の送電線の改修の計画を立てたことです。その計画とは、同じ型式がないため、新しいものにリプレースするという内容でした。入社から2年目ほど経過した時に任された仕事だったのですが、何十年も先を見据えつつ、リスクを考慮した計画をつくるのは本当に大変で…。最初は何も分からなくて、正直投げ出したい!と思うほど。

それでも、多岐にわたる検討事項を一つひとつ整理して進めていくと徐々に土台となる方針が固まり、上司の承認を得るところまでたどり着くことができたのです。今までの仕事の中で、一番達成感を感じた瞬間でした。思い通りにいかないし、膨大な時間がかかりましたが、コツコツと少しずつでも進めていけば、いつかはちゃんと形になる。それを実感できたのは、この時が初めてでしたし、新しい道を切り開いた気持ちになりましたね」


――入社から数年は経験も浅く、誰もが困難にぶつかると思います。それを大峠さんはご自身の努力で乗り越えられたのですね。


「他にも、楽しめたという点で印象に残っていることについてお話しさせてください。 私たちの部門は地中送電の送電線の保守なので、お客様と一対一で関わる機会はほとんどありません。

しかし、とある夏に、外販活動の一貫として、夏休み中の小学生を変電所の設備見学に招待するという活動を行ったのです。

場所は、地中送電では国内で一番電圧階級の高いケーブルの発着地点になっている変電所。どうすれば小学生に興味を示してもらえるのか、楽しんでもらえるか、あれこれとアイデアを出し合いました。実際の見学会は、外から見えない電気が流れている部分に検電器をあてて電気を測定してもらったり、小学生から鋭い質問をされて、今どきの小学生はすごいなあと思える体験をしたり。ちょっと特殊な仕事でしたが、私自身も大いに楽しむことができました」

周囲からの期待の声を、自らの原動力に変えて

――入社当初と比べて、仕事への取り組み方や仕事への向き合い方は変化しましたか。


「東京2020パラリンピック開会式で、他のエッセンシャルワーカーと話したことも大きく影響しますが、私が望んで入社した電力会社は、こんなにもすごいのだということをひしひしと感じています。普段は何気なく仕事をしているので気づかないことも多くありますが、期待の声を耳にしたことで、今まで以上に、もっと会社を、社会を良くしていきたいと思うように。

また、新しいことにも、とりあえずやってみよう!というチャレンジ精神が芽生え、興味あることにはチャレンジしたいというポジティブマインドが根付くようになりました」 

――すでに非常にポジティブなパワーを感じますが、普段の仕事のモチベーションになっていることはありますか?


「同期や年の近い先輩・後輩との会話です。社内には技術営業をはじめ、私とはまったく異なる仕事に従事する人も多く在籍しています。部門外の人と話をする機会が多いのですが、そこでどんな信念を持って仕事をしているのか、どんな目標を掲げているのかを聞くと、私も負けてられないと思います。

先輩たちには、保守の部門に長く在籍しているので保守に関しての知識が深い人、工事に詳しい人、異動でまったく違う部門に行って新規事業に携わっている人など、知識も経験も多く、話を聞いていると多くの学びや気づきがあります。そこで、何をやるにしても、やっぱり一生懸命、自分の信念を胸に頑張ろう、全力で目の前のことをやろうと強く感じることができるのです」

関連する投稿


【エッセンシャルワーカー対談 第二回】電気と教育の現場はDXが進む…? エッセンシャルワーカーの働く未来を考えてみた

【エッセンシャルワーカー対談 第二回】電気と教育の現場はDXが進む…? エッセンシャルワーカーの働く未来を考えてみた

新型コロナウイルスの感染拡大により、注目を集めている「エッセンシャルワーカー」。電気設備の保安点検を行う電気保安技術者は、エッセンシャルワーカーとして、多くの人々の生活を支えています。エッセンシャルワーカー同士が対談するこの企画、第二弾のテーマは“教育”です。 電気業界で研修を担当している立場と、大学で学生に教鞭をとる教授の視点、電気と教育の現場で働く両者から、互いの働く現場と今後、そして未来の教育のあり方について語っていただきました。


「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

「困っている人を助けることが私の使命」東京オリンピック開会式でエッセンシャルワーカー代表に任命された電気技術者が語る仕事への誇り

2021年7月23日、オリンピックスタジアムで東京オリンピック開会式が開催されました。五輪旗をリレー形式で掲揚台まで運ぶシーンに突入し、リレーの終盤という大役を任されたのは、アスリートでも著名人でもなく、8人のエッセンシャルワーカーの代表。そのうちの1人として抜擢されたのが、東京電力パワーグリッドに所属する南條優希さんです。大きな舞台で、堂々と勇ましい姿を見せてくださった南條さんに、開会式出演時の思い出から現在の仕事について、たっぷりとお話を伺いました。


【エッセンシャルワーカー対談 第一回】 電気と医療の現場で働く両者が気づいたインフラを支える仕事の共通点とは

【エッセンシャルワーカー対談 第一回】 電気と医療の現場で働く両者が気づいたインフラを支える仕事の共通点とは

新型コロナウイルスの感染拡大により、注目を受けた「エッセンシャルワーカー」。電気の現場で働く人はもちろんのこと、医療現場で働く人もまたエッセンシャルワーカーです。この2つの現場で働く両者が出会い、対談を実施。異なる現場で働くエッセンシャルワーカーが話し合う中で見出した共通点とは、何だったのでしょうか?


社会を支えるエッセンシャルワーカーが働く「電気業界」を調べてみた

社会を支えるエッセンシャルワーカーが働く「電気業界」を調べてみた

今回、「電気業界」を紹介するのはクロスメディアHR総合研究所(以下クロスメディア総研)です。クロスメディア総研は新卒向けに各地域で活躍する魅力的な企業を集めた書籍「こんな会社で働きたい」シリーズを展開しています。 クロスメディア総研は各企業にインタビューを行い、職場の様子や社員の育成、企業の強み・魅力などをわかりやすく、書籍にまとめています。シリーズ10弾の「愛知県編」では、送電線建築を行う「株式会社メイワイシー」さんを取材。これを機会に、「Watt Magazine編集部」と協力して「こんな業界で働きたい - 電気業界編」としてやさしく、わかりやすくお伝えしていきます。


電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

電気業界に興味がある学生は51.4%!エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査

今回、Watt Magazineでは「エッセンシャルワーカー」という言葉を認知している学生を対象に、エッセンシャルワーカーの認知/関心度調査を実施しました。 縁の下の力持ちである電気業界、学生さんたちはどんなイメージを抱いているのでしょうか…?


最新の投稿


転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

転電虫・番外編 電気工事士への転職までの道のり①【決意・お金・手続き編】

いろいろな理由で自分と同じ40代で転職を考えられていらっしゃる方々、その他の年代で転職を考えておられる方々が多くいらっしゃると思います。この記事では、非正規雇用の自分が転職を決意した理由、お金や手続きなどについて、体験・経験したことを紹介していきます。


【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

【受験の悩み】勉強中に家族や友だちにイライラしてしまうのはなぜ…?

受験勉強中、理由もなく家族や友だちにイライラする自分に気づいて、自己嫌悪に陥ってしまう。このイライラはどこからくるのでしょうか? 受験期は自分と懸命に向き合っているからこそストレスも溜まりやすいもの。 今回は、家族や友人にイライラする心理とその原因について解説します。


疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

疲れに効くポイントは「股関節」と「脳」!最速で疲労回復に導く4ステップ

寝ても寝ても疲れが取れない、四六時中仕事のことが浮かんできて気が休まらない…多忙な現代社会において、しつこい疲れに悩まされている方は多いはず。今回は、ZERO GYMによる書籍『超疲労回復』[ZERO GYM(著)、松尾 伊津香(著)、板生 研一(監修)、駒澤 真人(監修)]から、現代人の疲れが取れない2つの原因と、最速で疲労回復に導く4ステップを特別にご紹介します。


これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

これで便秘とサヨナラしよう!消化を助ける3つの菌

健康な人なら、1日に1度はあるお通じ。「毎日お通じがあるよ」という人でも、便の状態をしっかり把握できている人は少ないかもしれません。私たちが食べたものは体内で消化吸収され、吸収された栄養素を使い、身体に吸収された栄養素は、エネルギーや身体に必要な物質をつくり出すのに使われます。その残りとして不要になったものが「便」です。つまり、せっかく栄養バランスのよい食事をとっても、栄養素が体内できちんと利用されなければ、栄養不足と同じ状態になってしまいます。食べたものを使える身体にするには、きちんと消化吸収ができる身体へと変えていきましょう。


入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

入社5年目。社会の基盤を支えるこの仕事を誇りに日々、前進を続ける女性技術者が願う「これからの電気と、私と。」

2021年8月24日、東京パラリンピックが開催されました。その幕開けを彩る華やかな開会式で、パラ楽団によって演奏が奏でられるなか、リレー形式で次々に掲揚台へと運ばれていくパラリンピック旗。掲揚台までまもなくという終盤に差し掛かり、パラリンピアンたちから旗を託されたのは、8人のエッセンシャルワーカーでした。その1人として先頭で旗を運ぶ大役を担ったのが、東京電力パワーグリッドに所属する大峠志帆さんです。全世界が注目する舞台で、会社のユニフォームを身にまとい、堂々たる姿を見せてくださった大峠さんに、開会式出演のエピソードや現在の仕事についてお話を伺いました。


今月のおすすめ