「LEDライトはなぜ光るの?」を簡単に解説します

「LEDライトはなぜ光るの?」を簡単に解説します

最近では、蛍光灯や電球が、LEDライトに置き換えられるようになってきました。今までの照明と明るさが違うため、明かりを見てLEDライトだと分かる人も多くいるのではないでしょうか。この記事では、LEDライトはどのような仕組みで光を放っているのかをわかりやすく解説します。


蛍光、電球の電気を光に変える仕組み

まずは、従来の照明器具が光る仕組みについて考えてみましょう。

照明器具の中で、一番はじめに発明されたのは白熱電球です。白熱電球の光る仕組みは非常にシンプルで、電気を流すと熱を放って光る物質(フィラメント)に電気を流し続けることで光を作ります。そのため、白熱電球に近づくと暖かく感じるのは、熱も一緒に出ているからです。

一方、蛍光灯は蛍光管内部にとても高い電圧をかけることで、電気が流れる部分から電子と呼ばれる電気の元が浮遊します。蛍光管内部を電子が浮遊して、蛍光管内部に塗られた電子が当たると発光する塗料に当たることで、外部に光を放ちます。仕組みは少しわかりづらいかもしれませんが、蛍光灯は白熱電球よりも、より明るい照明器具を開発した結果と言えるでしょう。

LEDライトは半導体でできている

最近、半導体不足というニュースをよく耳にしませんか。半導体は電子機器に使われているというイメージを持っている人がほとんどかと思いますが、実はLEDライトも半導体でできています。

半導体とは、文字通り「半分が導体」という物質です。電気の分野では、金属などの電気を通す物質を「導体」、ビニルなどの電気を全く通さない物質を「不導体(絶縁体)」と言われていますが、半導体はその中間の物質で、一定方向に電気を通すと電気を流したり、普段は電気を通さないのに、半導体の一部に電気をかけると、電気を通すようにスイッチのような役割をしたり、電気分野で様々な機器を動かすのに非常に都合がよい物質なのです。

その半導体の中には、電気を一定方向に流すと光を放つ物質があるということがある研究によって知られるようになり、さらには半導体を組み合わせることで、赤色や黄色、青色などさまざまな光を発生できるようになったのです。

構造を簡単に説明すると、二種類の半導体を組み合わせて、一方向に電気をかけることで、半導体の中にある電子が移動する途中で光を発生させます。
この、移動にかかる大変さが、様々な種類の半導体で異なるため、多くの種類の光を作り出すことができます。

今までの照明器具よりも様々な色の光を作り、長持ちする

白熱電球や蛍光灯は、白熱電球は暖かい黄色い光、蛍光灯は青白い光と、それぞれ特徴的な光がありました。LEDライトは半導体の組み合わせにより、様々な光を作ることができます。LEDライトの中にも明るさの調整や、色を変えたりする機能を持ったものがあるのはそのためです。

白熱電球は光ると同時に熱も発生させるため、どうしても材料の寿命が短くなります(電球が切れやすい)。電球切れは、フィラメントの寿命によって光らなくなってしまう状態のこと。蛍光灯も蛍光管内部に高い電圧をかけるため、同じように寿命が短くなります。それに対して、LEDライトはただ電気を通すだけで光り、熱などの発生も少ないというのが大きな特徴です。このため、LEDライトは他の照明器具に比べて長寿命で長持ちするのです。

LEDライトは消費する電気が少ない

白熱電球は電気を通すと、光と一緒に熱も発生させます。このうち、必要なのは光だけですが、熱も発生するため、光と熱を発生させるための電気を消費します。蛍光灯も高い電圧で電子を飛ばすために、必要な電気を流します。これらは電気から光を取り出すために必要な無駄でもあったのです。

これに対してLEDライトは、半導体に電気を流すだけで光を放ち、熱も白熱電球ほど発生しません。LEDライトで同じ光を発生させるために必要な電気は、白熱電球や蛍光灯の半分以下です。環境のために省エネなどが叫ばれているなか、LEDライトは、従来の照明器具から交換するだけで省エネになると言われていますが、その理由は今までの照明よりも劇的に電気を使う量が少ないからです。

LEDライトは今までの照明を変えていく

今までの照明はすべてLEDライトに変えられていくというほど、照明器具の世界に革命を起こしました。白熱電球や蛍光灯を製造している多くのメーカーは、LEDライトへの置き換えをすすめると発表しています。そうなると照明器具にかかる消費電力が下がり、社会全体の省エネにもなります。

LEDライトが一般的に販売されるようになったのは2010年ごろから、ごく最近のことです。それまでLEDライトに関する多くの研究がされていました。

普段何気なく使っている照明にも、電気から光を取り出すための様々な努力があり、その研究や開発は、今も続けられています。LEDライトを開発する過程で青色の光を取り出す半導体は、青色の光を安定的に発光する半導体が見つからず、その開発が非常に難航していました。光の三原色である赤、緑、青の光を発する半導体が開発できれば、LEDライトができるといわれていたのですが、青色の半導体は非常に苦労して開発されたものなのです。

普段から見ている照明からはあまり感じ取ることができませんが、当たり前の便利で快適な生活の中にも、研究の成果や開発の努力の結晶が詰まっているのです。

プロフィール

西海登

本業の技術職の傍ら、webライターとして活動。小説家になりたかった過去を引きずりながらも、本業でも関わりのある技術分野の解説と経済分野を結び付ける記事を得意とする。

本業では、ビルメンテナンス業界から産業用機器の電気設計職へ移り、設備関連の保守点検から構築に関する職業を一通り経験、近年ではIoT関連の仕事にも携わり、ライターとしてもIoT分野の記事執筆の実績も増えている。2015年頃から、小説家になりたかった過去を生かせるのでは?と考え、ライティング業務をスタート。朝4時に起きて執筆活動をする日々を送っています。

note

関連するキーワード


LED 電気のしくみ 電気

関連する投稿


太陽光発電はどういう仕組みで発電するの?

太陽光発電はどういう仕組みで発電するの?

広大な土地にソーラーパネルが設置されているメガソーラー発電所などが増えてきて、太陽光発電を目にすることが多くなってきました。太陽光のエネルギーを電気に変換するソーラーパネルがどのような仕組みで発電しているのかを解説します。


高校生に読んでほしい記事14選

高校生に読んでほしい記事14選

今、高校生に読んでほしい記事をWattMagazine編集部が厳選。 進路や受験勉強の悩み解決につながる記事や今日から使える電気のマメ知識を読んでみよう。


身の回りにあるギモンを解決!電波時計が正確に時を刻むワケ

身の回りにあるギモンを解決!電波時計が正確に時を刻むワケ

電波時計は普通の時計と違って、時刻を合わせなくても勝手に正確な時間を刻んでいきます。それはどのような仕組みで時間を合わせているのでしょうか?


【エッセンシャルワーカー対談 第三回】人が生きるために、そして生活を彩るために、欠かせない電気と食物。2つの業界から考える持続可能な未来とは

【エッセンシャルワーカー対談 第三回】人が生きるために、そして生活を彩るために、欠かせない電気と食物。2つの業界から考える持続可能な未来とは

新型コロナウイルスの感染拡大により、注目を集めている「エッセンシャルワーカー」。電気設備の保安点検を行う電気管理技術者は、エッセンシャルワーカーとして多くの人々の生活を支えています。第三弾では農業従事者の小黒さんをゲストのお招きし、対談を実施。電気業界と農業の現場で働くお二人から、互いの働く現場と今後、そして電気と農業のこれからの可能性について語っていただきました。


太さの違いがあるってほんと?電線の太さはどうやって決まるかを解説します。

太さの違いがあるってほんと?電線の太さはどうやって決まるかを解説します。

電線は太いものから細いものまで、様々な種類のものがあります。電線の太さは、「どの部分に使われる電線か」という用途に応じて、計算し、決められているのです。


最新の投稿


転電虫が教える!第二種電気工事士試験 実技対策【工具編②】

転電虫が教える!第二種電気工事士試験 実技対策【工具編②】

必ず必要な物ではありませんが、あれば合格がグッと近づくアイテムをご紹介します。 その1は下記のリンクへ!



現場で働く若手技術者3名が語る「配電の仕事はワンチーム。使命と技術で、社会を支え暮らしを守る。そこにあるのはチーム力」

現場で働く若手技術者3名が語る「配電の仕事はワンチーム。使命と技術で、社会を支え暮らしを守る。そこにあるのはチーム力」

愛知県名古屋市に本社を置き、電力供給、電気、空調衛生、情報通信設備の工事から、太陽光発電などのエネルギー事業、住宅向け設備工事まで幅広く手掛ける総合設備企業の株式会社トーエネックさま。「社会を支え、暮らしを守る」という会社の使命を果たすため、日々、あらゆる現場で技術者が奮闘しています。今回は若手技術者3名に集まっていただき、お仕事からワークライフバランス、そして将来に至るまで、語りあっていただきました。


【アプリ不要!】iPhoneの動作を軽くする方法を教えます

【アプリ不要!】iPhoneの動作を軽くする方法を教えます

「ある程度使用していると、iPhone動作が重くなった」「アプリがよく落ちるようになった」そんな経験はありませんか。 動作が重くなった場合、放置してしまうと重大な故障に繋がりますので、本記事を参考にしてくださいね。


ファーストフードは添加物まみれ! ミネラル不足にご用心

ファーストフードは添加物まみれ! ミネラル不足にご用心

安くて手軽でおいしいファーストフード。実は、この「おいしそう」にはたっぷりの食品添加物が使用されているのです。


今月のおすすめ