科学的に証明されている最強の勉強方法「アクティブ・リコール」とは

科学的に証明されている最強の勉強方法「アクティブ・リコール」とは

一生懸命にテスト勉強をして自信満々でテストを受けたけど、当日にテストの問題をみると覚えた内容を忘れてしまっていたという経験は、学生ならば一度はしたことがあるはずです。私自身も勉強に何時間も費やし、テキストの再読や要約を繰り返したり、蛍光ペンでハイライトをいれたりして工夫したのに結果が出せなかったことが多くあります。 ほとんどの学生が自分の時間をできるだけ効率よく使って、しっかり身につけたいと思っているはずですが、具体的に、どのように勉強すれば良いのでしょうか。今回は、誰でもできる効率的な勉強方法を紹介していきます。


ポイントは「アクティブ・リコール」

その勉強方法がアクティブ・リコール(Active Recall)と呼ばれる方法です。日本語に直訳すると、「能動的に思い出す」という意味です。これは、自ら積極的に記憶を刺激する勉強方法で、その反対は、受動的(Passive)な勉強方法であるテキストの再読やハイライトとなります。

たとえば、英単語を勉強する場合、英単語の本をただひたすら読むというのは受動的な勉強方法ですが、反対に単語帳を使って単語帳の表に書いてある英単語がなにを意味するのかを思い出そうとするのが、アクティブ・リコールを使った勉強法です。つまり、アクティブ・リコールとは、自分の記憶を刺激して、積極的に脳から情報を引き出そうとするテクニックのこと(参考1)。これを実践することによって、脳の記憶が強化され、覚えた内容をすぐに忘れてしまう可能性が軽減するようです。

学生を対象としたアクティブ・リコールの実験結果

実際に、多くの研究によってアクティブ・リコールがもっとも効率の良い勉強法であることが証明されています。

たとえば、学生を対象にして行われたある実験では、学生たちは2つのグループに分かれて単語を暗記しました。最初のグループはアクティブ・リコールを実践しながら単語を暗記し、もうひとつのグループはアクティブ・リコールなしで勉強をしました。そして最終的に2回のテストを両方のグループで行いました。テストの結果は、アクティブ・リコールを行ったグループの方がはるかに多くの単語を記憶していることがわかりました。

暗記が終わってから10分後に行われたテストでは、従来の方法で勉強したグループは36%の単語を記憶していて、アクティブ・リコールで勉強したグループは53%の単語を覚えていました。また、それから1週間後に行われた2回目のテストでは、アクティブ・リコール無しのグループが4%、アクティブ・リコールを実践したグループは35%の単語を覚えていたのです(参考2)。つまり、アクティブ・リコールを使って勉強すれば、より多くの内容を暗記できるだけでなく、その内容が長期的に脳に記憶されるということです。

アクティブ・リコールを実践してみよう

ここでは、数あるアクティブ・リコール勉強法のなかでも、簡単で特に効率が良いとされている方法をお伝えします。その勉強方法とは、自己テストです。

たとえば、テキストのひとつの章を読み終えるごとに、自分が読んだ内容を覚えているかどうかを確認するためにテストをつくり、しばらくしてから回答してみましょう。このように自分自身でテストを実施することで、アクティブ・リコールを使った勉強方法になるため、記憶が定着しやすくなります。

また、自己テストが良い勉強法である理由はそれだけではありません。自己テストに慣れれば、テキストを読んでいるときに自然と「何を問題として出すべきか」を考えながら読むようになる、つまり、テキストを読みながら、重要な点を瞬時に判断する能力が格段と上がるのです。これができるようになると、どのような問題が試験に出るのかを予想することが上手になり、さらに効率よく勉強することができます。

まとめ

アクティブ・リコールは最も簡単で、もっとも効率の良い勉強法のひとつです。なによりも、誰でも実践でき、効率よく成績を上げることができるのでぜひ、実践してみましょう。この勉強方法のもうひとつのメリットは、どの教科にも応用することができるという点です。短い時間で効率よく勉強し、しっかり結果へと結びつけていきましょう。


参考サイト
※1 Make It Stick: The Science of Successful Learning
https://www.amazon.com/Make-Stick-Science-Successful-Learning/dp/0674729013?_encoding=UTF8&qid=1638262722&sr=8-1&linkCode=sl1&tag=faresd00-20&linkId=95c5f088c52b92481d05eac62411dcf4&language=en_US&ref_=as_li_ss_tl

※2 Improving Students’ Learning With Effective Learning Techniques: Promising Directions From Cognitive and Educational Psychology
https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1529100612453266

プロフィール

柴次郎

知識ゼロの状態で1年半受験勉強をし、偏差値42の高校から、偏差値72の大学へ入学。時間効率を最大限にあげる勉強法で、TOEIC900点、英検準1級を習得。少ない時間で最も効率よく勉強する方法を教えています。

この記事のWriter

知識ゼロの状態で1年半受験勉強をし、偏差値42の高校から、偏差値72の大学へ入学。
時間効率を最大限にあげる勉強法で、TOEIC900点、英検準1級を習得。少ない時間で最も効率よく勉強する方法を教えています。

関連する投稿


第二種電気工事士試験の筆記試験合格を目指す!最低限覚えるポイント

第二種電気工事士試験の筆記試験合格を目指す!最低限覚えるポイント

前回は第二種電気工事士に最短で合格するポイントについて解説しましたが、今回は筆記試験に着目して解説します。通常、「識別」「計算問題」「配線図」について、ある程度の内容を理解して解くことができれば問題ありませんが、範囲が広く全ての内容を把握するのは難しいです。 この記事では、試験にでてくる頻度が高いものをピックアップして解説します。ぜひ、ご参考ください。


知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

知って得する!第二種電気工事士の計算問題攻略のポイント

「計算問題が苦手」という人もご安心を。電気工事士の資格取得試験で出題される計算問題にはいくつかパターンがあり、ポイントさえ抑えれば攻略することができるのです。この記事では、重要な攻略ポイントを3つお伝えします。


【受験生必見!】記憶力をあげるコツは?受験勉強に活かせる心理学

【受験生必見!】記憶力をあげるコツは?受験勉強に活かせる心理学

「全然覚えられない…」「覚えたはずなのに忘れちゃう」 そんな経験、ありませんか? 一生懸命に勉強していても、覚えられないとモチベーションも下がりますよね。今回は、受験勉強に役立つ心理学“記憶術”について解説します。


勉学の秋がやってきた!? コツを掴んで効率よく勉強するための記事5選

勉学の秋がやってきた!? コツを掴んで効率よく勉強するための記事5選

芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、そして勉学の秋…! 「勉強は苦手」「なかなか集中できない」というあなたに、勉強がはかどるかもしれない記事をまとめてご紹介します。


数学が苦手な高校生必見!克服するための勉強方法とは?

数学が苦手な高校生必見!克服するための勉強方法とは?

数学のテストで点数が取れない、問題が解けない、理解できないと悩んでいませんか?数学に苦手意識があると受験や進路にも影響が出てしまいますよね。でも、安心してください、数学が苦手な人でも克服する方法があります!この記事では、数学が苦手な高校生が克服するための勉強方法を紹介します。数学に対する苦手意識をなくし、成績アップにつなげましょう!


最新の投稿


電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編①

電気工事士の問題を解いてみようシリーズ 学科編①

電気工事士の学科試験では実際にどんな問題が出て、なにを覚えればいいのでしょうか? 学科編①はコンセントを表す図記号について解説します。


【電気屋うさ坊】1〜4話「うさ坊登場!/ほか」

【電気屋うさ坊】1〜4話「うさ坊登場!/ほか」

新人電工のうさ坊たちがシドニー都市電設で繰り広げるドタバタ劇! 電気工事のお仕事に役立つ情報もある…かも…? 初回は1〜4話をまとめてお届け!


パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(後編)

パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(後編)

電気保安協会全国連絡会では、海外の電気保安の組織と定期的に情報交換を行っています。2023年10月、本部をパリに置く、電気設備の検査関係業務を手がける公益法人、フランス電力需要家保安協会(以下、CONSUEL)との情報交換会へ、電気保安協会の社員3名が参加しました。WattMagazineでは、普段は耳にすることができない気になる海外の電気事情について伺おうと、3名に会議を通して学んできたことをインタビュー。 後編では、日本と海外の違いなどについて語っていただきました。


最短で獲得!第二種電気工事士試験の技能試験対策「最低限おさえたいポイント」

最短で獲得!第二種電気工事士試験の技能試験対策「最低限おさえたいポイント」

筆記試験と異なり、技能試験は1つのミスで欠陥工事扱いとなり、不合格となります。しかし、事前に問題もわかるため試験対策さえすれば合格は可能ですので、万全の状態で試験に臨みましょう。今回は「最短」で合格するために最低限やっておきたいことをまとめました。ぜひ、ご参考ください!


パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(前編)

パリで国際会議デビュー…!? 電気保安協会の若手社員が見た世界の電気保安事情とは(前編)

電気保安協会全国連絡会では、海外の電気保安の組織と定期的に情報交換を行っています。2023年10月、本部をパリに置く、電気設備の検査関係業務を手がける公益法人、フランス電力需要家保安協会(以下、CONSUEL)との情報交換会へ、電気保安協会の社員3名が参加しました。WattMagazineでは、普段は耳にすることができない気になる海外の電気事情について伺おうと、3名に会議を通して学んできたことをインタビュー。それぞれ、どんな景色を見て、学んで、感じてきたのでしょうか…?


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング