ネガティブな感情の出どころはどこ?自由になるためには”まず手放す”こと。

ネガティブな感情の出どころはどこ?自由になるためには”まず手放す”こと。

道徳的な日常生活の「実修」に専念する「カルマ・ヨーガ」は、ポーズや呼吸法、瞑想をしなくても行うことができる、”生き方のヨガ”。本記事では、ヨガ哲学が教えてくれる智慧と、デキる人たちの思考や習慣をヨガ的な習慣としてまとめました。


手放す

モノも情報も溢れ、何を選べばいいか悩まされることが増えました。この10年で情報量は約530倍にも増えているといいます。

そのため、必要なものを選ぶには、意志力や判断力といったエネルギーが必要です。仕事でもプライベートでも、自分が手に入れたものは愛着や慣れが生じ、そこには執着の心も生まれます。しかし時には、もう十分持っているのに、さらに手に入れようとしてしまうことさえあるでしょう。

『ヨーガ・スートラ』の八支則のニヤマ「足るを知る(サントーシャ)」。

こちらの準備が整うと、入ってくるものがあります。欲しくてたまらない時は中々手に入れられないものも、一旦そういう思いを手放してしまうと、向こうから入ってくることがあります。とはいえ、何もかも手放せば良いというわけではありません。

たとえば部下が突然退職したいと申し出てきた時、あなたがもし上司の立場だとしたら、どのように対応するでしょうか。本当に大切な部下であれば、退職の理由をしっかりと聞いたうえで、引き留めることが必要なケースもあるかもしれませんが、相手の決意が固い場合、無理に引き留めても良いことはありません。

会社の今後の事や自分の立場を優先して、辞めさせないことばかり考えるのではなく、部下のことを考え、気持ちを尊重したうえで、応援するつもりで手放してあげれば良いのです。

「去る者は追わず来る者は拒まず」

この言葉は示唆に富んでいます。人の行き来だけに限ったことではなく、富、名誉、物質、情報など、今あるモノゴトに執着しすぎて手放せなくなると、そこには不安や不満といったネガティブな感情や思考の滞りが表れるのです。

つねに流動的であるこの世の全てを受け入れるニュートラルなスタンスを大事にしましょう。一度自分がどれだけ多くのモノを持っているかを再確認してみるのもいいでしょう。

たとえば、軽い断食をするなどです。本当の空腹感を感じると、質素な食べ物でもそれを味わいながら食べた時に、自分が生きていることを改めて実感するはずです。同時に、食事を美味しくいただける体があることも、そう感じられる心があることにも感謝できることでしょう。その時、自分にとって「何か足りない」という足枷がはずれて、本当の意味で自由になるのです。

『ヨーガ・スートラ』の一文をここでご紹介します。

ヴィータラーガ・ヴィシャヤン  ヴァー  チッタン

こだわりを手放し、欲望の対象から自由になることでもまた、静かな心でいることができます。手放すことは自由になることです。手放すことは、静かで平穏な精神を取り戻すことに繋がるのです。

元記事「ネガティブな感情の出どころはどこ?自由になるためには”まず手放す”こと。」は2017年12月25日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

ネガティブな感情の出どころはどこ?自由になるためには"まず手放す"こと。 | BUSINESS LIFE

https://business-life.jp/mental/7295

「デキる人は、ヨガしてる。」(著:石垣英俊、及川彩)より 道徳的な日常生活の「実修」に専念する「カルマ・ヨーガ」は、ポーズや呼吸法、瞑想をしなくても行うことができる生き方のヨガといえます。 デキる人たちと接していると、こういった経典に基づくヨガの哲学を学んだかのように、実に毎日を自然体で過ごしているように見えます。 ここでは、ヨガ哲学が教えてくれる智慧と、「デキる人」たちの思考や習慣を、私たちなり

関連するキーワード


ヨガ

関連する投稿


成功者はみな瞑想している。マインドフルネス9つの効果

成功者はみな瞑想している。マインドフルネス9つの効果

「マインドフルネス」が近年、注目されています。瞑想を日常に取り入れていた著名人に、Apple創業者の故スティーブ・ジョブズ氏やマイクロソフト元会長のビル・ゲイツ氏などの名前がよく挙げられます。 なぜ、成功者といわれる人は、瞑想やマインドフルネスを日常に取り入れるのでしょうか。


デキる人になりたいなら「プロアクティブ」を心がけよ!

デキる人になりたいなら「プロアクティブ」を心がけよ!

デキる人って何が違うの?どんなことを心がけているの?


最新の投稿


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ