東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

「自分が本当にやりたいことは何だろう」。 それを知らずになんとなく働いている人は少なくないかもしれません。現在、東北電気保安協会で電気主任技術者の補助員として働く室井将史さんも、かつてはそうでした。なんとなく自動車メーカーに就職し、自分とマッチしない職場環境に悩む日々…。そんななか、自然災害のニュースを見て湧いてきた「人の役に立ちたい」という想い。そこから自衛官を経て、電気業界へ飛び込んだ室井さんは「今は、本当のやりがいを感じる仕事に就いている」と語ります。どのようにして、現在のお仕事にたどりついたか、転職ストーリーをお伝えします。


人に勧められるままに自動車メーカーに就職。しかし…。

――大学では何を専攻されていましたか。

 

「工学部の応用生命システム工学科に所属し、そこでプログラミング言語のC言語を使った研究をしていました。将来はシステムエンジニアになる人が多い学科です」

 

――大学時代、夢中になっていたことは?

 

「アイスホッケー部に所属し、部活に励む日々を過ごしていました。ただ、熱を入れすぎて1年留年しちゃいましたが(笑)。また、牛丼店でのアルバイトにも精を出していました。3年ほど働いていたので、学生なのにオペレーションを任され、正社員として働かないかと誘われたほど。その言葉につられ就職を前向きに考えましたが、両親から『せっかく工学部で専門的な勉強をしたんだから、それを活かせる仕事に就いた方がいい』と説得され、牛丼店への就職は諦めました」

 

――新卒ではどのような業界を選んだのでしょうか。

 

「大手自動車メーカーに入社し、エンジンのレイアウト設計を担当していました。ただ、牛丼店の就職を親に反対されたから、大学で学んだことが活かせるような企業を受けただけで…。本心で『この企業しかない!』と思って受けたわけでなくて。自分が本当にやりたいことが分からないまま、教授に言われた通りに入社試験を受け、内定。モヤモヤとした気持ちが定まらないまま社会人生活をスタートさせてしまいました」

 

――自動車メーカーで働いてみていかがでしたか?

 

「私自身、もともとコミュニケーションを取ることが苦手な性格。そのため、黙々と業務をこなすレイアウト設計の仕事を希望しましたが、実際には外部の業者や他部署とのやりとりが多く、高度なコミュニケーションが求められました。それが気づかないうちにストレスになってしまって。正直に言うと、そんなに興味のない仕事でしたし、改めて向いてないと気づいて、結局、1年で退職してしまったんです。今思えば、親に反対されてでも自分のやりたいことを貫けばよかったなと思います」

現場でのお仕事。手際よく作業する室井さん。

陸上自衛官に。転職理由は「人の役に立ちたい」から

――続いて就職した先は陸上自衛隊。なぜ自衛官になろうと思ったのでしょう。

 

2010年のハイチ沖地震のニュースで自衛官たちが支援活動をしている姿をみて、『人の役に立つ仕事に就きたい』と思い、自衛隊を志望しました。それに、前職で痛感した、自分のコミュニケーション力のなさを克服しなければと思ったのも理由の一つ。自衛隊の仕事はチームワークが必要不可欠です。嫌でもコミュニケーションを取らなくてはならないため、ここでならコミュニケーション力が培われるのではないかと思いました」

 

――自衛官時代はどのような業務を担当されていましたか。

 

「現場へ赴くと本部とのやりとりが必要になりますよね。そのやりとりをするための通信状況を整える仕事に就きました。希望とは違う業務でしたが、被災地などへ出向いて土木作業の支援活動をしたかったので、それなりにやりがいを感じていました」

 

――苦手だったコミュニケーションは克服できた?

 

「はい。人見知りもしなくなりましたし、度胸もつきました。物怖じすることも減り、精神的にも強くなることができましたね」

 

――自衛官として順風満帆だったと思いますが、電気業界に転職。なぜ転職を決意されたのでしょうか。

 

「転職を決意したのは、長く働ける仕事に就きたいと思ったから。自衛官の定年は50歳代半ばですので、定年退職後に再就職するのは年齢的にも難しい。また、子どもが生まれたことで、家族のためにも長く働ける場所へ身を置きたいと考えまして。その点、現在の仕事は65歳まで長く働けるので安心して取り組むことができるんです。(20204月から職員の定年が65歳まで延長となり、定年退職後も再雇用制度有り)

 

それに自衛官時代、東日本大震災に遭遇したことも大きかったですね。駐屯先の宮城県で震災被害を受け、被災地に電気が届かない日々を過ごしました。その時、電気がないとなにもできない現実と電気の大切さを痛感し、人々の生活に欠かせない電気を守る仕事に就きたいと思ったことも転職理由の一つです」 

プライベートではマラソンに参加と、超アクティブ!

無くてはならないもの、それが電気だ。

――電気を守る仕事が数多くあるかと思いますが、電気主任技術者を選ばれた理由はなんでしょうか。

 

「もともと、電気主任技術者という仕事については知っていました。大学時代の友人から、電気主任技術者という仕事、この業務に従事するための資格である『第三種電気主任技術者』について話を聞いていましたので。この仕事のことが心に引っかかり始めたところで震災を経験したため、さらに興味が膨らみ、資格を取ろうと勉強をはじめました。働きながら勉強をしていましたので、資格取得まで足掛け5年かかりましたが(笑)」

 

――電気主任技術者のお仕事について教えてください。

 

「ビルや学校、スーパーなど大きな建物にある電気設備(自家用電気工作物)の安全点検や管理をする仕事をしています。まだ実務経験が不足しているため、いまは先輩の補助員として同伴し、経験を積む日々を送っています。早く一人前になって担当員として働きたいですね!」

 

――新しい業界に飛び込むことに不安はありませんでしたか?

 

「異業種からの転職でしたし、もちろん不安でした。ですが、みなさん優しく受け入れてくださいましたし、周囲に助けてもらいながら業務をこなしているので、不安は解消されつつあります。電気の仕事に興味があればこの仕事は楽しめますし、未経験でもフォローしてくれる環境が用意されているので、だれでも安心して働くことができる。それが非常に素晴らしいなと思っています」

デスクワークも難なくこなします

――どんな時に仕事の喜びを感じますか?

 

「最初は測定器や試験器の使い方さえもわかりませんでしたが、いまは使えるようになっている。そうやって、業務の中で少しずつスキルアップしている自分に気づいた時は嬉しいですね。

電気がないと建物も機能しないじゃないですか。その、一番要となる電気を自分の手で守っていることに責任感とやりがいを感じています」

 

――そんな室井さんにとって“電気”とはなんですか?

 

「無くてはならないもの。震災を経験する前は、電気はあって当たり前のものと思っていたのですが、実はそうではなかった。電気がないとできないことがたくさんある。そんな電気をみんなの元に届くよう努力している人がいると知りました。その電気を今後も支えていきたいと思っています」

<室井将史さんプロフィール>

東北電気保安協会の仙台南事業所に所属。大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務した後、約9年間陸上自衛官として主に通信業務に携わることに。その間、東日本大震災を経験し、電気の大切さを痛感し、今まで以上に生活にかかわった仕事に就きたいという想いから電気主任技術者の免状を取得し、中途採用に募集に応募し、採用された。現在は補助員として実績を積む日々を送っている。

<取材・執筆>

野田綾子

関連するキーワード


キャリア 転職 電気

関連する投稿


「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

電気の情報を発信している「電気通信ピカリ⚡」は東大阪にある(株)ミズノワが運営しています。その代表水島さんが新しく「実務経験を積むための電気保安法人」を立ち上げるため、クラウドファンディングを実施しています。https://readyfor.jp/projects/6600Vしかも実は2回目。一体どういう会社なのか、そしてどんな経緯があったのか、インタビューを決行させて頂きました


未来を担う電気工事士 よしでんエンジニア 「電気の事故で消防士を出動させたくない」

未来を担う電気工事士 よしでんエンジニア 「電気の事故で消防士を出動させたくない」

今回紹介するのはカフェにPASを吊った電気工事士。彼の名は、よしでんエンジニア 義平幸也。驚くことに20歳と非常に若い。しかし姿や動きはすでに貫禄がある。作業も丁寧。安全への意識も高い。新しい事にもどんどん挑戦する。実験する。フットワークも軽い。そしてこうも言う。「自分はまだまだ。だからもっと技術を身につける」謙虚な想いをもっている。早熟でありながら向上心がある…加えて新しい感覚を持ち合わせている。20歳なのに、なぜこうまで電気に詳しく、経験豊富なのだろう。彼の進んできた人生はどんな道のりだったんだろう。そしてどこを目指しているのか。感じるのは新しい世代が電気業界に進んできていること。そう、これは次世代の電気工事士インタビュー


市場価値を高めるための科学的なポイント|科学的な適職Q&A「強み・市場価値」編

市場価値を高めるための科学的なポイント|科学的な適職Q&A「強み・市場価値」編

この記事では、アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきました。


電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

好奇心の赴くままに、自分のやりたいこと、興味のあることに熱中してきた源内。今でいう”フリーランサー”として活躍を続けます。


電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その4

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その4

その4では、いよいよ、平賀源内が日本初の電気技術者として活躍したときのお話をご紹介します。


最新の投稿


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

ついつい使いすぎてしまったお小遣い。月末までどうしようかな…そんな経験はありませんか?最近では簡単なアンケートやゲームをするだけでポイントが貯まり、お買い物時に利用できるアプリが次々と誕生しています。隙間時間にうまく活用してみましょう。


使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

スマホを触っていると、いつの間にか何時間もの時間が経ってしまった。そんな経験はありませんか?動画やチャット、SNSなど、もはや生活の中では欠かせないスマホですが、長時間利用することで目に大きな負担をかけてしまうのです。今回は、スマホによる目の疲労や負担を軽減する方法について説明します。


電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 ストレッチ 睡眠 資格 電気工事