東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

「自分が本当にやりたいことは何だろう」。 それを知らずになんとなく働いている人は少なくないかもしれません。現在、東北電気保安協会で電気主任技術者の補助員として働く室井将史さんも、かつてはそうでした。なんとなく自動車メーカーに就職し、自分とマッチしない職場環境に悩む日々…。そんななか、自然災害のニュースを見て湧いてきた「人の役に立ちたい」という想い。そこから自衛官を経て、電気業界へ飛び込んだ室井さんは「今は、本当のやりがいを感じる仕事に就いている」と語ります。どのようにして、現在のお仕事にたどりついたか、転職ストーリーをお伝えします。


人に勧められるままに自動車メーカーに就職。しかし…。

――大学では何を専攻されていましたか。

 

「工学部の応用生命システム工学科に所属し、そこでプログラミング言語のC言語を使った研究をしていました。将来はシステムエンジニアになる人が多い学科です」

 

――大学時代、夢中になっていたことは?

 

「アイスホッケー部に所属し、部活に励む日々を過ごしていました。ただ、熱を入れすぎて1年留年しちゃいましたが(笑)。また、牛丼店でのアルバイトにも精を出していました。3年ほど働いていたので、学生なのにオペレーションを任され、正社員として働かないかと誘われたほど。その言葉につられ就職を前向きに考えましたが、両親から『せっかく工学部で専門的な勉強をしたんだから、それを活かせる仕事に就いた方がいい』と説得され、牛丼店への就職は諦めました」

 

――新卒ではどのような業界を選んだのでしょうか。

 

「大手自動車メーカーに入社し、エンジンのレイアウト設計を担当していました。ただ、牛丼店の就職を親に反対されたから、大学で学んだことが活かせるような企業を受けただけで…。本心で『この企業しかない!』と思って受けたわけでなくて。自分が本当にやりたいことが分からないまま、教授に言われた通りに入社試験を受け、内定。モヤモヤとした気持ちが定まらないまま社会人生活をスタートさせてしまいました」

 

――自動車メーカーで働いてみていかがでしたか?

 

「私自身、もともとコミュニケーションを取ることが苦手な性格。そのため、黙々と業務をこなすレイアウト設計の仕事を希望しましたが、実際には外部の業者や他部署とのやりとりが多く、高度なコミュニケーションが求められました。それが気づかないうちにストレスになってしまって。正直に言うと、そんなに興味のない仕事でしたし、改めて向いてないと気づいて、結局、1年で退職してしまったんです。今思えば、親に反対されてでも自分のやりたいことを貫けばよかったなと思います」

現場でのお仕事。手際よく作業する室井さん。

陸上自衛官に。転職理由は「人の役に立ちたい」から

――続いて就職した先は陸上自衛隊。なぜ自衛官になろうと思ったのでしょう。

 

2010年のハイチ沖地震のニュースで自衛官たちが支援活動をしている姿をみて、『人の役に立つ仕事に就きたい』と思い、自衛隊を志望しました。それに、前職で痛感した、自分のコミュニケーション力のなさを克服しなければと思ったのも理由の一つ。自衛隊の仕事はチームワークが必要不可欠です。嫌でもコミュニケーションを取らなくてはならないため、ここでならコミュニケーション力が培われるのではないかと思いました」

 

――自衛官時代はどのような業務を担当されていましたか。

 

「現場へ赴くと本部とのやりとりが必要になりますよね。そのやりとりをするための通信状況を整える仕事に就きました。希望とは違う業務でしたが、被災地などへ出向いて土木作業の支援活動をしたかったので、それなりにやりがいを感じていました」

 

――苦手だったコミュニケーションは克服できた?

 

「はい。人見知りもしなくなりましたし、度胸もつきました。物怖じすることも減り、精神的にも強くなることができましたね」

 

――自衛官として順風満帆だったと思いますが、電気業界に転職。なぜ転職を決意されたのでしょうか。

 

「転職を決意したのは、長く働ける仕事に就きたいと思ったから。自衛官の定年は50歳代半ばですので、定年退職後に再就職するのは年齢的にも難しい。また、子どもが生まれたことで、家族のためにも長く働ける場所へ身を置きたいと考えまして。その点、現在の仕事は65歳まで長く働けるので安心して取り組むことができるんです。(20204月から職員の定年が65歳まで延長となり、定年退職後も再雇用制度有り)

 

それに自衛官時代、東日本大震災に遭遇したことも大きかったですね。駐屯先の宮城県で震災被害を受け、被災地に電気が届かない日々を過ごしました。その時、電気がないとなにもできない現実と電気の大切さを痛感し、人々の生活に欠かせない電気を守る仕事に就きたいと思ったことも転職理由の一つです」 

プライベートではマラソンに参加と、超アクティブ!

無くてはならないもの、それが電気だ。

――電気を守る仕事が数多くあるかと思いますが、電気主任技術者を選ばれた理由はなんでしょうか。

 

「もともと、電気主任技術者という仕事については知っていました。大学時代の友人から、電気主任技術者という仕事、この業務に従事するための資格である『第三種電気主任技術者』について話を聞いていましたので。この仕事のことが心に引っかかり始めたところで震災を経験したため、さらに興味が膨らみ、資格を取ろうと勉強をはじめました。働きながら勉強をしていましたので、資格取得まで足掛け5年かかりましたが(笑)」

 

――電気主任技術者のお仕事について教えてください。

 

「ビルや学校、スーパーなど大きな建物にある電気設備(自家用電気工作物)の安全点検や管理をする仕事をしています。まだ実務経験が不足しているため、いまは先輩の補助員として同伴し、経験を積む日々を送っています。早く一人前になって担当員として働きたいですね!」

 

――新しい業界に飛び込むことに不安はありませんでしたか?

 

「異業種からの転職でしたし、もちろん不安でした。ですが、みなさん優しく受け入れてくださいましたし、周囲に助けてもらいながら業務をこなしているので、不安は解消されつつあります。電気の仕事に興味があればこの仕事は楽しめますし、未経験でもフォローしてくれる環境が用意されているので、だれでも安心して働くことができる。それが非常に素晴らしいなと思っています」

デスクワークも難なくこなします

――どんな時に仕事の喜びを感じますか?

 

「最初は測定器や試験器の使い方さえもわかりませんでしたが、いまは使えるようになっている。そうやって、業務の中で少しずつスキルアップしている自分に気づいた時は嬉しいですね。

電気がないと建物も機能しないじゃないですか。その、一番要となる電気を自分の手で守っていることに責任感とやりがいを感じています」

 

――そんな室井さんにとって“電気”とはなんですか?

 

「無くてはならないもの。震災を経験する前は、電気はあって当たり前のものと思っていたのですが、実はそうではなかった。電気がないとできないことがたくさんある。そんな電気をみんなの元に届くよう努力している人がいると知りました。その電気を今後も支えていきたいと思っています」

<室井将史さんプロフィール>

東北電気保安協会の仙台南事業所に所属。大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務した後、約9年間陸上自衛官として主に通信業務に携わることに。その間、東日本大震災を経験し、電気の大切さを痛感し、今まで以上に生活にかかわった仕事に就きたいという想いから電気主任技術者の免状を取得し、中途採用に募集に応募し、採用された。現在は補助員として実績を積む日々を送っている。

<取材・執筆>

野田綾子

関連する投稿


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

「電気工事会社」のイメージというと、どういうものがあるでしょうか。 少し職人気質な方たちが、現場作業をこなしている様子? 体力のいる仕事? 建設業者のもと、過酷な環境で働いている光景? 3K(きつい・きたない・きけん)? そんなイメージを持たれている方も多いのかもしれません。 今回インタビューに訪れた電気工事会社さんはそのイメージとは全くかけ離れていました。 電気工事を目指す人たちに、是非とも知っていただきたい会社さんです。


「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

「過去の自分」が「今の自分」を支えている。“中途社員の星”が語る電気保安の仕事

電気保安の職場では「新卒入社→定年退職」が定番のキャリアコースでしたが、最近は中途採用にも力を入れています。とはいえ中途入社をすると、経験の差が出てしまい活躍できないのでは…と感じる方もいるかもしれません。しかしそんな不安は心配ご無用。九州電気保安協会の米田健志さんは、電気保安の経験ゼロで中途入社し、活躍しています。米田さんは「過去の経験が今に活きている」と語り、経験の差はあっても中途だからこそできることがあると明かします。また、教育制度が充実していて、先輩や同僚のフォローがありましたので安心だったとのこと。今回は米田さんから、中途社員が輝く方法を伺いました。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ