3月25日は「電気記念日」!心にふわっと灯りをともそう

3月25日は「電気記念日」!心にふわっと灯りをともそう

3月25日は「電気記念日」と呼ばれていますが、その理由をご存じですか?この日は、日本の公の場で初めて電灯が灯された日を記念して制定されました。今回は「電気記念日」とは何か?この時点灯された電灯がどのようなものだったのか?など丁寧にご紹介いたします!


電気記念日って何の日?

3月25日は「電気記念日」です。
この電気記念日は、日本の公の場で初めて電灯が灯された日がもととなり制定されました。

初めて電灯が灯されたのは1875年3月25日。
当時、「東京電信中央局」の開局祝賀会が開催されていました。この祝賀会は伊藤博文によって開かれ、各国行使や大臣など150名を越える人々が参加する盛大な式典でした。

伊藤博文は、式典の中で東京虎ノ門にある工部大学校の講堂を電灯で灯すというイベントを開催します。

講堂に光が灯ると、当時の人々はその素晴らしさに驚いたと言われています。これが日本で電灯が灯された初めての瞬間でした。

この時、灯された電灯は「アーク灯」と呼ばれる電灯でした。

アーク灯は、現在使用されている電球と異なり、電気の放電を利用して発光する電灯です。
とても明るく白い光を放つのが特徴で、その明るさは蝋燭2000本分(2000カンデラ)とされます。
そのため、電灯や街灯を知らない当時の人々からすると、アーク灯が光る光景はとても素晴らしく感じられ、点灯の様子は錦絵に描かれることもありました。

また、東京電灯会社が銀座二丁目に日本で初めて設置した街灯もこのアーク灯です。
その後発明される白熱電球やガス灯と比べても非常に明るく、広い場所を照らすのに適した街灯でした。

初めて灯が点いてから145年、生活の一部となった電気の行方

初めて電灯が灯されてから現在まで、145年が経ち、現在、電気は生活において、なくてはならない存在となりました。電球や街灯をはじめ、家電やスマートフォンなど、いたるところに電気は使用されています。

そんな何気なく使っている電気ですが、それも「電灯が初めて灯された日」があってこその今なのです。電気記念日をきっかけに、電気について考えたり、電気を支える人ついてもっと知ったりする機会にしましょう。

日本電気協会では、電気記念日に合わせて、記念行事を行っています。
ポスターの配布や雑誌、放送、記事の掲載などでPRしていますので、ぜひご確認ください!

電気に関連する日は、他にもある!

今回の記事では、「電気記念日」について紹介いたしましたが、電気に関連する日は他にもたくさんあります!

電気通信日(5/17)

電気通信日は、国際電気通信連合の基盤となった最初の万国電信条約が署名された日に、ちなんで、5月17日と制定されました。
技術革新やインターネットの発達によって変化する社会をあらためて認識するほか、情報格差による生きづらさを支援することを目的に設立された国際デーです。

あかりの日(10/21)

10月21日のあかりの日は、エジソンが白熱電球を発明した日を称えて制定された記念日です。エジソンの発明により明かりが様々なところに普及し、照明は暮らしや文化を支えてきました。
また、現在当たり前となってしまったあかりについて考える日にするために、毎年、「あかりの日 全国小学生ポスターコンテスト」なども開催されています。

実はエジソンの発明には、日本のあの素材が使われているんですよ…!
気になる方はこちらの記事もご覧ください。

トーマス・エジソンの白熱電球と日本の竹 | 電気業界で活躍する高校生・大学生のキャリアを伴走

https://www.watt-mag.jp/articles/388

誰もが知っている発明王、エジソン。そんなエジソンの白熱電球に日本の竹が使用されたことをご存知でしょうか?本記事では、過去から現在に至るまでの、日本とエジソンの関係についてご紹介します。

配線器具の日(11/11)

11月11日は、「配線器具の日」です。 これは、11月11日の「1111」の部分をコンセントの穴に見立てて制定されました。
配線器具とは、電流の受け口となる部分のことで、具体的にはコンセントやスイッチ、プレートやブレーカーなどのことを言います。
配線器具は安全に電気を使用するために取り付けられていますが、きちんと点検を行わないと危険な事故となる場合があるので、配線器具の日には点検を呼び掛けています。

この記事のWriter

関連する投稿


電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

電気予報士・伊藤菜々さんが解説!エアコンに使われている「ヒートポンプ」のしくみ

入力するエネルギー以上に熱を作ってくれる、省エネ効果抜群のヒートポンプ。エアコンやお湯を作るエコキュートなどにも使われています。どうして効率がいいのか、省エネ効果や、今後どういう場所で活用されるのか、現在研究されている内容も合わせて解説します。


札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その5「電工ナイフ」

札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その5「電工ナイフ」

げんき〜でんき〜げんき〜でんき〜!札電協青年部の部長の岡田さん、監査の坂本さんが紹介する電気工事に欠かせない7つ道具。今回は電工ナイフをご紹介します!


家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で出来る停電対策を解説!停電の原因・注意点・類似用語も!

家庭で電気を使いすぎたり、落雷が起きたりすると発生する停電。身近な現象でありながら、いくつか種類があることや、具体的な対策まで熟知している方は少ないはず。そこで今回は停電に関する基本的な内容も含め、原因や対策などを解説していきます。


札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その3「スケール」

札電協青年部がお伝えするゲンキな電気の世界!電気工事7つ道具その3「スケール」

今回ご紹介するのは、電気工事をはじめ、さまざまな工事で使われるスケールです!実際にスケールを使っていろんなものを測ってみました。


電動アシスト自転車とは?定義・構造・注意点などを網羅的に解説!

電動アシスト自転車とは?定義・構造・注意点などを網羅的に解説!

通常の自転車に比べて楽に走れる電動アシスト自転車。モータの力によって楽に走れると知りながらも、具体的な構造まで知っている方は少ないはず。そこで今回は電動アシスト自転車の構造や使用上の注意点などを網羅的に解説します。


最新の投稿


【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

【第二種電気工事士】間違えやすい識別の押さえるべきポイント(機器・測定器編)

第二種電気工事士の筆記試験で重要視する分野に「識別」がありますが、種類が多く初めて電気に関わる人は最初の壁になるのではないでしょうか。この記事では、識別の中でも間違えて覚えやすい機器や測定器類に今回はスポットをあてて解説していきます。


 十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

十人十色でこだわりたい【腰道具は職人のロマンNO.2】by.札電協青年部

電気工事士の欠かせない道具たち。100人いれば、100通りある「マイベスト」。今回は第二弾です!


「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

「ブロックチェーンってなに?」神奈川県工業高校で特別講座を開催。熱狂した講座のアフターレポート

グラフィックデザイナーの細谷巌さんや“ハマのドン”として知られる実業家の藤木幸夫さんなど、多くの著名人を輩出している神奈川工業高等学校。電気科、建設科、機械科、デザイン科があり、専門的な知識を学びたい学生さんに人気です。 今回は同校にて最先端テクノロジーに関する特別講義があるとのことで、WattMagazine編集部がお邪魔させていただきました。


2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

2024年4月に開講!次世代の電気関係者を育成する「北陸電気保安協会ミライウムアカデミー」とは?

電気保安の未来を守るために今春、新たに開設されたミライウムアカデミー。今回はミライウムアカデミーの詳細についてお伝えします。


電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気業界は、誰もが活躍できる時代へ。電気保安協会で働くベトナム人技術者へインタビュー!

電気保安協会では、2024年3月よりベトナム人技術者4名が来日し、4月から定期採用者(正社員)として研修を受けています。研修はすべて日本語のため、やや苦労もあるようですが、助けを借りながらもマナーや電気保安業務について学んでいるようです。そんな4名にインタビューを実施しました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング