大学受験に効果的な3つの勉強方法

大学受験に効果的な3つの勉強方法

大学受験のための勉強法は、いくつもノウハウがあります。この記事では、大学受験に役立つ勉強方法や大切なポイントについて解説していきます。


大学受験に合格する為の勉強方法とは?

自分の目的に合った内容の勉強ができていますか?

「〇〇大学に行きたい!」「この学部で勉強したい」「将来この仕事に就きたい!」など、まずは自分の目的を明確にしてゴールを定めましょう。

目的と目標が明確になったら、受験日に向けて勉強の計画を立てます。計画の立て方は学年により最適な方法が変わっていきます。1・2年生の場合は、行きたい大学の傾向をつかみましょう。赤本などを参考に、過去の問題にどんなものが多いのかをチェックしたり、予備校や塾の先生に相談したりするなどして、問題の傾向を聞いてみるとよいでしょう。

志望校がこの時点で決まっていない場合は、基礎的な科目のレベルを上げることに力を入れるとよいでしょう。基礎的な科目とは、英語・数学・国語です。とくに英語は文系理系に関わらず高配点なのできっちりと得点を稼ぎたい科目。将来、電気関係に進みたい人は数学も大切です。

3年生になったら志望校の候補がある程度絞られていると思いますので、徹底的に学部対策を行いましょう。この時期に過去問に集中できるように1・2年生で基礎を固めておく必要があります。

試験科目の選択も合格率に関わる

英・国・数以外にも、社会や化学などの項目の受験を受ける場合もあります。
合格率を上げることが一番の目的なのであれば、試験科目の選択も重要です。
たとえば社会系の科目でいうと、
・世界史
・日本史
・地理
・政経
の4つに分けられます。
学部によってはこのうち1つだけでよかったり、2つの科目を組み合わせなければならなかったりします。なるべく避けたいのは歴史関係の科目を組み合わせることです。

とくに世界史は時間軸と地域の範囲がかなり広いので暗記量が膨大です。自分の得意・不得意を加味してピックアップしましょう。

生活環境や体調を整えることも大切!

大学受験はたしかに大切なイベントですが、健康あってのことです。勉強を重視して生活環境が乱れ体調を崩してしまっては元も子もありません。

また、日中に勉強に集中するためにも睡眠時間はきちんと確保してください。とくに受験直前になると睡眠時間さえ惜しいと感じてしまいますが、クリアな頭で試験当日にのぞみ、あなたの実力をしっかり発揮するためにも睡眠は重要です。

関連するキーワード


大学受験 勉強方法

関連する投稿


次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

第二種電気工事士は、店舗や会場設営で電気工事をする際に必要な資格です。経済産業省が管轄している国家資格ですが、独学で合格する人も少なくありません。そこで今回は、「第二種電気工事士」取得するための勉強方法のおすすめをご紹介していきましょう。


効率良く資格試験に合格するコツとは

効率良く資格試験に合格するコツとは

資格試験のために一生懸命勉強しているのになかなか合格しない。しかし、それはコツやポイントを見逃しているだけで、勉強方法を改善することで成果がでる場合も。この記事では資格試験に合格するためのちょっとしたコツを3つご紹介します。ぜひともご参考ください。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ