効率良く資格試験に合格するコツとは

効率良く資格試験に合格するコツとは

資格試験のために一生懸命勉強しているのになかなか合格しない。しかし、それはコツやポイントを見逃しているだけで、勉強方法を改善することで成果がでる場合も。この記事では資格試験に合格するためのちょっとしたコツを3つご紹介します。ぜひともご参考ください。


効率良く資格試験に合格するにはコツがある!そのコツとは?

合格しやすい人ってどんな人だろう?

資格試験に合格しやすい人となかなか合格できない人には、勉強量以外にどのような違いがあるのでしょうか。合格しやすい人には、おもにこんな特徴があるようです。

・固定観念に縛られず柔軟に考えられる人
・客観的に物事を捉え、考えられる人
・継続して努力ができる人

自分の考えだけが正しいと押し通すのではなく、良い・正しいと感じたら他者の意見も素直に取り入れることはとても大切です。自分をしっかり持っていることはとても素晴らしいことですが、柔軟な考えで受け入れることで、ものごとの見方や捉え方が大きく変わっていきます。

また、目的や目の前のことにとらわれすぎず冷静沈着な視点を持つことも大事。自分にはどのような勉強方法が合っているのか、集中ができるのはどのような方法かを知るために、客観的に考える癖をつけると良いでしょう。

すぐに成果が得られないとしても、コツコツと地道に努力することは、勉強でも仕事でも重要なことです。継続が苦手という人は、小さなゴールを自分で作り、まずはそれを達成することからはじめてみましょう。

計画を立て優先順位をつけよう

試験はあらかじめ日程が決まっているため、その日に合わせて勉強する必要があります。そのため、今の実力を把握して、苦手克服と実力をつけるために必要なスケジュールを試験日から逆算して組み立てましょう。

勉強計画には、試験までの日数と1日あたりの時間割を考慮したうえで「その日に、何をどこまで習得するのか」、配分をしていきましょう。

学校や部活動、バイトなどがあると、資格試験の勉強にあてる時間は1日の中でもかなり限られます。必ず押さえておくべき箇所、苦手な箇所、いつも間違える箇所は反復して勉強しましょう。

同じ間違いを何度もしない

試験に合格するには、基準を超える、または高得点を獲得することが大事ですが、同じミスを何度も繰り返さないことも同じように大切です。自分がミスしがちな問題の傾向を知り、対策を行いましょう。

また、時間内で問題を解くことに焦りすぎて、ケアレスミスが生まれることもあります。試験の時間内で見直しまでできるよう時間配分に気をつけたり、自己採点の時にしっかりと間違えた原因を分析する癖をつけるといいでしょう。

関連するキーワード


資格試験 資格 勉強方法

関連する投稿


資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

資格を得て知った仕事の楽しさ。電気保安業務と資格の関係

電気を守る仕事に就きたい! しかし電気の仕事をするには国家資格が必要です。今回は電気保安業務にはどのような資格が必要かについて、九州電気保安協会の梅林良行さんに教えていただきました。梅林さん自身は試験に落ちた経験があるとのことで、不合格という経験を糧に合格を獲得、次のステージへと飛躍してきた梅林さん。資格取得までに苦労したこと、資格を取ったことで得た仕事の楽しさとは?


次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

次こそ第二種電気工事士に合格する!勉強のコツ

第二種電気工事士は、店舗や会場設営で電気工事をする際に必要な資格です。経済産業省が管轄している国家資格ですが、独学で合格する人も少なくありません。そこで今回は、「第二種電気工事士」取得するための勉強方法のおすすめをご紹介していきましょう。


大学受験に効果的な3つの勉強方法

大学受験に効果的な3つの勉強方法

大学受験のための勉強法は、いくつもノウハウがあります。この記事では、大学受験に役立つ勉強方法や大切なポイントについて解説していきます。


知られざる技術者の世界 ー 日本のインフラを守る電気工事士の仕事

知られざる技術者の世界 ー 日本のインフラを守る電気工事士の仕事

一般家庭から商業施設まで、電気工事を一気に担う電気工事士。現場での電気設備の竣工だけじゃない、彼らの仕事の魅力を公開。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ