就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選

就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選

就活には様々な決断がつきもの。 「どの業界を中心に就活を進めようか」「早めにインターンに行っておくべきだろうか」と、就活を進めていくと無数の決断が必要だと気付きます。 この記事では発売1週間で5万部突破の話題書『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』から、そうした決断をする前に知っておきたいバイアスについて紹介します。


人間の脳に巣食う恐ろしい「バグ」バイアス

人間の脳には適職選びを間違った方向に導く「バグ」が存在することをご存知でしょうか。

行動経済学で「バイアス」と呼ばれるこの「バグ」には、さまざまな種類があり、意思決定を誤らせるもの、記憶をゆがめるもの、人間関係を乱すものなど、あらゆる方向から私たちを間違った道に誘い込みます。ここでは就活の失敗につながりやすい厄介なバイアスを6つご紹介します。

【バイアス①】自分の信じたい情報だけを信じる「確証バイアス」

自分がいったん信じたことを裏づけてくれそうな情報ばかりを集めてしまう心理

典型例としてあげられるのが、「いまの時代はフリーな働き方が最高だ」と思い込んだ人が、独立して成功を収めた人の情報ばかりを集め、同じような考え方をする仲間とだけ付き合うようにこと。一度、この状態はまってしまうと、企業の良いニュースや独立に失敗した人の情報には目もくれず、自分と違う生き方を好む人たちを批判し始めてしまう場合も。

【バイアス②】選択肢に左右される「アンカリング効果」

選択肢の提示のされかたによって、まったく異なる決定をしてしまう心理

たとえば、あなたが転職先を選ぶ最初の段階で「年収500万円」の企業に心をひかれたとしましょう。すると、この「年収500万」という数字が基準値になってしまい、「お金は重要ではない」と頭で理解していても、どうしてもそれ以下の年収では物足りなく感じてしまいます。

【バイアス③】裏づけのない情報が刷り込まれる「真実性の錯覚」

くり返し目にしただけの理由で、その情報を「真実に違いない」と感じる心理

ニュースサイトなどで「これからの働き方は従来のルールが通じない」「今後は個人の能力が問われる時代だ」といった文言に何度も触れることで、そこに数字やデータの裏づけがなくとも事実だと思い込んでしまう場合があります。


【バイアス④】重視するポイントを過大評価「フォーカシング効果」

職探しにおいてあなたが重要視するポイントが、実際よりも影響力が大きいように感じられてしまう心理

「Googleのように社食が充実していたら最高だな」と思う人からすれば、社食がもたらす喜びが必要以上に大きく見えますし、「福利厚生だけは譲れない」と考える方は、福利厚生を重んじる会社が実態より、”良い”と感じてしまいます。


関連するキーワード


就活

最新の投稿


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

ついつい使いすぎてしまったお小遣い。月末までどうしようかな…そんな経験はありませんか?最近では簡単なアンケートやゲームをするだけでポイントが貯まり、お買い物時に利用できるアプリが次々と誕生しています。隙間時間にうまく活用してみましょう。


使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

スマホを触っていると、いつの間にか何時間もの時間が経ってしまった。そんな経験はありませんか?動画やチャット、SNSなど、もはや生活の中では欠かせないスマホですが、長時間利用することで目に大きな負担をかけてしまうのです。今回は、スマホによる目の疲労や負担を軽減する方法について説明します。


電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

通勤時間の悪影響を受けない対策法|科学的な適職Q&A「仕事への満足度」編

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 ストレッチ 睡眠 資格 電気工事