就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選

就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選

就活には様々な決断がつきもの。 「どの業界を中心に就活を進めようか」「早めにインターンに行っておくべきだろうか」と、就活を進めていくと無数の決断が必要だと気付きます。 この記事では発売1週間で5万部突破の話題書『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』から、そうした決断をする前に知っておきたいバイアスについて紹介します。


【バイアス⑤】メリットがない選択にはまってしまう「サンクコスト」

いままでたくさんの時間とお金を使ってきたからという理由で、メリットがない選択にこだわり続けてしまう心理

何年もがんばって働いてきた職場であれば、いかに業績が傾いてきたとしても、すぐに転職を決意するのは難しいでしょう。過去と自分を切り離すのは容易な作業ではなく、これまたあなたの幸福を下げる要因となります。


【バイアス⑥】手軽な情報に飛びついてしまう「感情バイアス」

自分の考えが間違っているという確かな証拠があっても、ポジティブな感情を引き出してくれる情報に飛びついてしまう心理

厳しい事実を受け入れるのは誰にとっても辛いものですが、ネガティブな感情を避けたいあまりに「好きを仕事にしよう!」「10年後の有望な企業はこれだ!」という情報にばかり意識が向かう現象は、誰にでも覚えがあるのではないでしょうか。


バイアスを取り除く第一歩は自分の問題として考えること

これらのバイアスについて、「そういう人っているよね」と客観視するのではなく、自分自身はどうだろうか、と投げかけて見てください。

バイアスを取り除くには、「もしかしたら自分も知らず知らずのうちにバイアスに陥っているかもしれない」と当事者意識を持って考えてみることが一番の方法です。就活の中でさまざまな決断をする際に、これらのバイアスに陥っていないかチェックしてみてくださいね。

元記事「就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選」は2020年3月26日にBUSINESS LIFEに掲載されたものです。

就活を始める前に!知っておきたい危険なバイアス6選 | BUSINESS LIFE

https://business-life.jp/life/17178

就活には様々な決断がつきもの。 「どの業界を中心に就活を進めようか」「早めにインターンに行っておくべきだろうか」 などと、就活を進めていくと無数の決断が必要になることに気付きます。 やっとの思いで決断した後「あの時こうしていれば……」「違う道を選んでいたら……」と後悔してしまう人は多いのではないでしょうか? そこで、この記事では発売1週間で5万部突破の話題書『科学的な適職 4021の研究データが導

関連するキーワード


就活

最新の投稿


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ