未来を担う電気工事士 よしでんエンジニア 「電気の事故で消防士を出動させたくない」

未来を担う電気工事士 よしでんエンジニア 「電気の事故で消防士を出動させたくない」

今回紹介するのはカフェにPASを吊った電気工事士。彼の名は、よしでんエンジニア 義平幸也。驚くことに20歳と非常に若い。しかし姿や動きはすでに貫禄がある。作業も丁寧。安全への意識も高い。新しい事にもどんどん挑戦する。実験する。フットワークも軽い。そしてこうも言う。「自分はまだまだ。だからもっと技術を身につける」謙虚な想いをもっている。早熟でありながら向上心がある…加えて新しい感覚を持ち合わせている。20歳なのに、なぜこうまで電気に詳しく、経験豊富なのだろう。彼の進んできた人生はどんな道のりだったんだろう。そしてどこを目指しているのか。感じるのは新しい世代が電気業界に進んできていること。そう、これは次世代の電気工事士インタビュー


電気の英才教育を受けていた幼少時代 ~ ラジコンの改造とモーターの話 ~

電気に進むきっかけ。それはもう幼い子ども時代にあった。覚えているのはコードのついたラジコンの改造をしたこと。その改造とは…

「警報ブザーを作ったことを覚えています。壁にバケツをつけて、その中にそのラジコンを入れました。パトカー型のラジコンだったのでサイレンの音が鳴ってピカピカ光るんです。だからバケツの中に入れたままラジコンを動かすとバケツがピカピカ光って音も鳴って警報ブザーみたいだ!って喜んでいました」

その初めの記憶から驚かされる。もうこれは実験が始まっている。しかも彼のおじいさんは有名な電気会社のモーター事業部。モーターの話をずっと聞かされていた。始めはただ聞いていただけ。でも小学校の頃には理解できるようになっていたらしい。幼稚園に通うある日、「あげるわ」と言っておじいさんから渡されたのはブレッドボード。でもやっぱり興味を持ち自分から「パーツ買いに行きたい」と日本橋に連れて行ってもらい… こんな風に電気に関する英才教育が自然と始まっていた。

両親からよく買ってもらったのは、乗り物が好きなこともあってラジコン。でもことごとく解体されることに… 小3のときにレーザーポインタを両親からプレゼントに買ってもらう。そこに興味を持ったのも

「光が分散しないのはなんでかなと思って。結局分解しましたけど(笑)」

興味を持つ着眼点がすごい。

幼い時の将来の夢は消防士 ~ 電気以外にも広がる消防や科学への好奇心 ~

でも電気だけじゃない。両親にたまたま連れていってもらった消防出初式。そこで見た消防士にあこがれを持った。幼少期の将来の夢は消防士。それにTVに出てくる、でんじろう先生に憧れて科学にも興味を持ち「科学館に行きたい」と言い出す。スライムづくりや紫キャベツでアルカリ性か酸性か性質を調べる実験にもはまっていく。消防に科学… 色んなジャンルに興味を持った幼稚園、小学校時代を過ごした。そして中学校にあがり、飛躍的に実験のレベルが上がったそう。それは…

「電池がもったいないから電源装置を家で作ったんです。レギュレーターを使って電圧可変して。そのうち電熱線を、ニクロム線じゃなく、他の材質でしたらどうなるのか試したんです。例えばアルミやピアノの線とかで。他にも太くなったら熱くなるのか実験していました」

中学生にして家で電源装置を作る… ハッキリ言えるのは、これ、普通じゃない。加えて科学の実験も続けていく。それは電気分解。水と反応して冷たくなる作用を持つ硫酸アンモニウム。その水溶液に電流を通したらどうなるんだろう?そんな疑問が出たら早速実験。やってみたら緑色の物質ができて、水溶液も青くなった。なんで?と気になったらすぐ行動。科学館に電話して聞いていった。分かったのは硫酸銅が生成されたということ。驚くのはすぐ聞く行動力。カタログメーカーに電話して、詳しく製品のことを聞いたこともあるそう。どんどん分からないことを解明していく探求心を持っている。

中2で変わる将来の夢 電気工事士 ~ 工業高校でのクリエイティブな日々 ~

そして中2のとき、消防士になろうという気持ちが変わった。それは家にエアコンを取り付けに来てくれた電工さんに憧れをもったから。その電気工事士は壁を開けるのも試行錯誤しながらやっていた。でも仕上がりはとても綺麗で丁寧。その様子をじっと見ていた。その時、将来の夢が変わった。日常の中の一場面が大きな変化につながった。

だから高校は工業高校へ。入学後、ついに本格的に電気について学ぶ。弱電、強電、送配電について。そして腰道具も買い電気工事にはまった。空いた時間には実習もしていく。家でも学校でも。高2になると電工2種に合格。大阪府電気工事士技能競技大会に出て大阪府で準優勝ももらう。そして高3で電工1種に合格。着々と技術と資格を身につけていく。

「工業高校はめっちゃおもしろいです。本当に電気好きにはおすすめです。最高です。大学級の学びがあると思います。テストも簡単でした(笑)」

高2では部活も作った。工業高校なのに電気に関わる部活がない。でも色んな人に電気のことを知ってもらいたい。だから科学に詳しい友達と一緒に部活を作った。名前はメカトロ工作部。文化祭に作った製品を出した。電気と機械があわさったモノ。5万Vの真空放電や電子工作の体験もできるようにした。そして学校からも表彰を受けた。学校の先生には卒業した今もよく覚えてもらっていて、連絡も取り合っている。やはり特別な生徒だったみたいだ。

電気に関わるいくつかの大切な出会い ~ お金と技術とSNS ~

一方、高校時代に電気工事のバイトも始める。そこでの出会いも大きかった。その社長さんに言われたのは「お金はあとでついてくる。だから先に技術をつけたほうがいい」と。

「お金をもらっても技術なかったら、お客さんは満足しない。まずは技術を売っていく。そういう考えを学びました」

お金のことを高校の頃にもう学んでいた。しかも本質的なことを。この意識を持つのも本当に早い。この現場でもたくさんの思い出と経験があるようだ。

そしてTwitterも始める。ここではいくつか動画をあげている。そもそもこれは何のためなんだろう?

「危険性を知ってほしかったんです。消防技術安全所で働けたらと思ったこともありましたが、もちろん入れないし。だから自分で発信できたらと思って。」

あの動画にはちゃんと意味があった。電気の危険性を知ってもらって、安全に使ってほしい。周りの人に向けたメッセージだった。そして高校を卒業。就職先は電気工事会社。学校の求人先の中で、できるだけ小さな会社に入った。でもここで大きな壁にぶつかる。何か違う。労働時間があいまい。いつからが残業?片付けの時間は?それに仕事はマンションの中の作業だから、同じことばかり。やったことのない作業をしたい。でも今の職場は先輩からもほったらかされ、その中で危ない仕事も多い。

「ここでは自分が伸びない。時間がもったいない」

と思って転職を決め、次の仕事を探し始めた。そのときにカフェジカという東大阪にある電気技術者が集まるフリースペースと出会った。

カフェジカでのイベント ~ 電工イベントで初めての講師経験 ~

「カフェジカって電験のイメージでした。だから電工ってどうかな?行って大丈夫かな?と思っていました。でもはっしーさん(@電気制御 ハンドルネーム)がインスタでイベントをするのを発信しているのを見て、行ってみようと。そのあとカフェジカオーナーの水島さんがイベントしない?みたいな話になって、基本の計測器や電工の実習ならできるかなと。協力してくれるから、やろうと思いました」

イベントをやってみてどうだったんだろう?

「すごい良かったです。人もいっぱいいる! 実習している時も近い! マジか!って。 電工を少しでも広めれたかなとか、色んな分野の人がいて面白かったとか色々あります。「すごかった」と言われて嬉しかったです。そしてこういう環境を作ってくれた水島さんありがたいなと」

そう言ってこれからカフェジカでやりたいことも話してくれた。

「電工の講習をしたいです。高校生に電気工事で分からないことを教えたいです。授業だけじゃイメージ持ちにくいですから。安全な電気の発信もしたいです。こういうことをしたら危ないっていう指標を見せていきたい。一人ではできませんけど、カフェジカでは電気保安と電気工事が一緒になる、全ての電気業種が共有できる場所にしたいです」

もう下の世代に伝えることを考えている。そして自身の転職先に話題は戻る。

関連する投稿


「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

「実務経験を積むための保安法人」を立ち上げるベンチャー企業登場

電気の情報を発信している「電気通信ピカリ⚡」は東大阪にある(株)ミズノワが運営しています。その代表水島さんが新しく「実務経験を積むための電気保安法人」を立ち上げるため、クラウドファンディングを実施しています。https://readyfor.jp/projects/6600Vしかも実は2回目。一体どういう会社なのか、そしてどんな経緯があったのか、インタビューを決行させて頂きました


電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その5

好奇心の赴くままに、自分のやりたいこと、興味のあることに熱中してきた源内。今でいう”フリーランサー”として活躍を続けます。


電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その4

電気なデンキ。日本初エレキテルの復元を遂げたイノベーター・平賀源内 その4

その4では、いよいよ、平賀源内が日本初の電気技術者として活躍したときのお話をご紹介します。


電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電気業界は男性中心の社会 今それが少しずつ変わろうとしています。 女性の電気業界への進出 実際の現場ではどんな活躍をしていて、反面どんな問題があるのか。 電気業界を盛り上げる女性に話を聞きました。 女性の想いを伝える「エレガ」(Electric Girl)シリーズ


東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

東日本大震災で知った電気の大切さ。自動車メーカー、自衛隊を経て手に入れた「やりがいのある仕事」

「自分が本当にやりたいことは何だろう」。 それを知らずになんとなく働いている人は少なくないかもしれません。現在、東北電気保安協会で電気主任技術者の補助員として働く室井将史さんも、かつてはそうでした。なんとなく自動車メーカーに就職し、自分とマッチしない職場環境に悩む日々…。そんななか、自然災害のニュースを見て湧いてきた「人の役に立ちたい」という想い。そこから自衛官を経て、電気業界へ飛び込んだ室井さんは「今は、本当のやりがいを感じる仕事に就いている」と語ります。どのようにして、現在のお仕事にたどりついたか、転職ストーリーをお伝えします。


最新の投稿


猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

姿勢が悪い。ちょっと猫背気味だよね。 そんな言葉をかけられた経験はありませんか?本記事では猫背を解消する簡単な筋トレをご紹介します。


性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

性別を問わないこの仕事。生真面目な私は今日もみんなのために電気を守る!

一昔前は現場では男性が力仕事を、女性は社内で事務を、といった印象が色濃くありましたが、最近では価値観や働く環境が多様化し、誰もが自分らしく働ける環境が浸透してきました。工事現場で活躍する女性作業員もいますし、キャビンアテンダントとして働く男性もいます。そして、電気の世界でも変化が起きているのです。男性ばかりだったところから、いまでは女性職員も少しずつ増加。そして中部電気保安協会で働く関ひかるさんも男性に交ざって、働く日々を送る女性職員の一人。今回は関さんに電気保安という仕事について語っていただきました。


今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

今月のピンチをのりきる!簡単・無料で利用できるお小遣いアプリ5選

ついつい使いすぎてしまったお小遣い。月末までどうしようかな…そんな経験はありませんか?最近では簡単なアンケートやゲームをするだけでポイントが貯まり、お買い物時に利用できるアプリが次々と誕生しています。隙間時間にうまく活用してみましょう。


使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

使い過ぎは疲れの原因になる〜ほど良い距離でスマホと付き合うには

スマホを触っていると、いつの間にか何時間もの時間が経ってしまった。そんな経験はありませんか?動画やチャット、SNSなど、もはや生活の中では欠かせないスマホですが、長時間利用することで目に大きな負担をかけてしまうのです。今回は、スマホによる目の疲労や負担を軽減する方法について説明します。


電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

電気が進歩していく様子を最先端で見る―電気保安業務の楽しさ、そして難しさ

映画「君の名は」のモデルになった場所と言われている諏訪湖がある、長野県下諏訪町。この地域周辺の電気を守っているのが、電気保安業務に従事する畑佳暁さん(31歳)です。実家が電気工事業を営んでおり、幼い頃から電気の仕事は身近な存在だったそう。電気工事業務と電気保安業は同じ電気の仕事ではあるものの、業務内容に違いがあります。具体的にどのような違いがあり、どのような魅力があるのか、畑さんに明かしていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 ストレッチ 睡眠 資格 電気工事