電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

「電気工事会社」のイメージというと、どういうものがあるでしょうか。 少し職人気質な方たちが、現場作業をこなしている様子? 体力のいる仕事? 建設業者のもと、過酷な環境で働いている光景? 3K(きつい・きたない・きけん)? そんなイメージを持たれている方も多いのかもしれません。 今回インタビューに訪れた電気工事会社さんはそのイメージとは全くかけ離れていました。 電気工事を目指す人たちに、是非とも知っていただきたい会社さんです。


田んぼは電建さんのトレードマーク ~ 田んぼがリクルートサイトのメインになっている理由 ~

電建さんのビルに着きました。
白を基調としたとてもきれいな自社ビル。
入り口は作業場や駐車場にもなっているガレージですが、掃除道具や作業道具が整然と並べられ、ものすごく整っています。

2階の事務所へ上がると、部屋もガラス張りで見通しが広く、机の上にはドリンクメニューもあり、本当にカフェのような穏やかな空気が流れていました。

そしていつの間にか前には(株)電建 松本社長がいらっしゃっいました。

(株)電建 
代表取締役 松本晃幸

落ち着いた雰囲気に、鋭いまなざし、でも笑う姿は豪快
お若いのに経営者としての貫禄を漂わせる社長の松本さん率いる株式会社電建さん。

ホームページを事前に見させてもらっていたのですが、これがとても分かりやすい。
受電設備のことも優しく書いてあり、お客様の読みやすさを第一に考えられています。
僕自身、電気のことはまだ勉強を始めたばかりの状態ですが、とても参考にさせていただけたので、ご覧になっている方も是非見てみて頂きたいです。
https://www.m-denken.com/

ホームページでは、電気工事に関する事も多数書いているのですが、目立つところに田んぼの写真があります。

「電建ライス倶楽部」

そこを押すとリクルートページに移ります。
https://www.m-denken.com/recruit/
電建さんは会社で京都の美山で田んぼを耕していると、書いています。

「なぜ自社のリクルートページで、田んぼを前面に押し出したのでしょうか?」


そんな質問からインタビューはスタート。
すると電気工事会社が田んぼを始めたきっかけから話は始まる…

「僕はずっとトライアスロンをやっていて、その知り合いから田んぼをやらないかと勧められたんです。でもやるのは大変だと分かっていた。だから断ろうと思ったのですが… ちょっと待てよと。これ、お客さんとかも呼んだらここでコミュニケ―ションでき、僕らも知ってもらえるプライベートな付き合いできるなと。よくゴルフ行って仲良くなったりするじゃないですか。その代わりに田んぼで仲良くなればいい。お客さんも自分のところのお客さんを連れてこれたら、お客さん同士もいいし、僕らももっといい。社員の家族も連れてこれて、人間同士の付き合いをここでできたらもっと仲良くなれる。これ最高やなと」

「それに育てるという過程で、PDCAもそこで回すことができる。こうやったらこうだったと。これ正に経営力なんですよね。肥料まきすぎたとか失敗もあり、天候にも左右されながら。急に不況になったり、法律が変わったりっていうのが一緒なんです。絶対学べるなと思って始めたんですね」

田んぼ作りは会社にとってたくさんの経験と学びを会社にもたらしてくれる。深いコミュニケーションの場づくりにもなる。その田んぼ作りも今年で3年が終わり、その中でも一番うれしかったことを話してくれました。

「僕一番うれしかったのは社員さんの子どもさんが、お母さんに手紙書いてくれたことです。「お母さん、田んぼをやってる会社に勤めてくれてありがとう」と。子どもは僕らの予想以上に田んぼを楽しみにしている。子どもにしたら遊びなんですよ。僕らちょっとした労働っていうイメージがある(笑) 3年目になったらね、去年よりもお手伝いするようになってね。子ども達はそこですぐ仲良くなって。僕らも見習わなアカンなと思いますし、子ども見てると幸せな気分になります。自分の子どもは大きくなってるんで、ちっちゃい時にこういう環境があればなという風に思いました。これ続けていきたいですね」

子どもにとっても必要な場所。子どもの話をするときに優しい表情になる松本社長。それは今後の田んぼでのビジョンにもつながっていきました。

「今、就労困難者とか、色んな壁にぶち当たっている人がいます。これって大人の責任やと思うんですよ。社会の責任。損得勘定、勝ち負けに走り過ぎた日本の結果なんですよね。日本の子どもって世界でぶっちぎりのトップで孤独を感じてるんですよ。2位の倍ぐらいあるんです。それもね、どうしたもんかなと思って。僕ができることっていうと、そこでグループホームみたいなのを作って社会に出ていく準備、そういう場所が作ること。

例えば鬱になってしまった子がね、農作業をやるとかなりの回復率が見られるっていうデータがあるんです。規則正しい生活をして、生き物を育てる。共同で作業をする。それから元気になって、自分の会社に入ってくれてもいいし、知り合いの会社に紹介をしてもいい。それに僕はここで商売をしようと思っています。生産するものに付加価値つけて、ホンマの収益を得たい。じゃないとそこに人が住まないんです。そこで生活できる場所を作りたい。それは不可能ではないと思ってるんです。企業家としてそれがしたい。結果的に、そういう風に田んぼがウチの会社のトレードマークになったんです」

田んぼは社会に出るまで準備する場所にもなっていきそうです。そんな素敵な田んぼは電建さんのトレードマークになり、経営戦略にも使われるようになっていったと語られました。

「以前のテーマは他社との差別化だったんです。でも他社との差別化って、それは大事なんですけど、どうしても、比べてしまってるじゃないですか。比べたくないんですよ、人と。僕らの独自のワールドを作ろうということで。フッと考えると、田んぼだったんです。無農薬の田んぼやってる電気屋であることって僕らにとって特別なものちゃう?となって。

だから今年の夏の産業フェア(※あまがさき産業フェア)でもお米しか展示してないです(笑) お客さんが来て「何屋さんですか?」って(笑) 浴衣来て、お米並べて、農家の写真をパネルで作って貼って。それしかやってないです。なんの目的かよくわからないです(笑) まあ、目的があるとすれば、僕らを知ってもらいたいという思いですよね。そこで色んな人が立ち寄ってくれて、お米炊いて「どうぞ食べていってください」って言って、食べてもらって。それだけでしたけどね。仕事に何にも結びついていない。でもそういうことをやり続けることが僕らにとって大切なんです」

田んぼを通して電建さんがやろうとしていることを知ってほしい。そしてそこに共感してくれる人とつながるため、リクルートページのトップ画像に田んぼが選ばれたという事なのですね。そこに共鳴して電気が好きなら、きっと電建さんに合っている人が来る。それほど、田んぼは電建さんにとって大切な存在だと教えて頂けました。

江戸時代の棟梁のような、何でもできる めちゃくちゃ格好良い電気工事士 ~ 電気工事士のイメージを変える電建さん ~

二つ目の質問は

「就職先として、『電気工事会社のイメージが悪いこと』について率直に、どう思われますか?」

ということ。

先日、電気科に通う学生が「電気工事会社は、イメージが良くなくて、しんどそうだからあまり選択肢に入れていない」と言われた水島さん。そんな話ばかりが学生の中で蔓延しているのかと、少しショックを受けたという。電建さんの目線から、何かそういった学生や、第二新卒の方々に向けたメッセージなどを聞いてみました。

「まず僕が目指している電気工事士っていうのは、他所ではありえない電気工事士なんですよね。今の建築業界、電気工事士に限らず、大工さんや色んな技術者など作業服きてやってる人って、みんな作業員になってるんです。職人じゃない。昔は職人って言ったら、学校の先生とか、色んなプロとかと言われる人と肩を並べれた。大工の棟梁は籠にのって現場に出てたんです。籠ですよ籠。大工道具を現場に担いでいくのは、下っ端の人間で、棟梁は籠にのって現場に出てたんです」

棟梁は籠にのって現場へ? 
全然知らなかった昔の話。詳しく教えてくれました。

「江戸時代、建物のほとんどは国が建てていたんですよね。お城とか長屋とかも。それを建てるときに、殿さまから商人から、全部大工の棟梁が話を聞きに行って「じゃあこういうのを建てましょう」って言ってたんですよ。その人が見ずぼらしい格好で殿さまに会えますかという話なんです。それなりの格好をして、籠にのってどこにでも行っていた。それくらい位が高い人だったんですよ。なぜかというとまず山に行って木を選ぶ。「この木とこの木を使おう」って。で、刻みの指示をする。図面を書く。当然見積もりはする。字は書けないといけない。上棟式の時、柱に書かないといけないですからね。祝いの歌は歌える。すごいでしょ?」

確かに本当にすごい。
今までの思っていた職人とイメージが違います。

「そんな人、誰が尊敬しないですか?これが職人ですわ。ホントの。今の電気工事士どうですか。図面通りやって。「材料はお前ら持ってこい」と言われ、自分たちも「俺らはこれをやるだけや」って。自らの価値を下げてるんです。そら日給月給しかもらわれへんよ。それで値段もずっと変わらないですよ。

でも彼らがそうなったのは、建築が大量生産の時代に工務店ができ、設計会社ができ、図面書く人ができたからです。分業化していく事によってみんな作業員になってしまった。でもうちは違います。電気工事士も図面も書ける。見積もりもできる。完璧にとは言わないですよ。でも現場管理もできる。作業もできる。これめちゃくちゃ値打ちないですか。格好良くないですか。僕はそういう会社をやるしかないなと思ったんです。小さくてもちゃんと稼げる仕組みと技術を身につけるような会社を」

近代によって分断された仕事。それにより職人が作業員へ。だからこそ昔の棟梁さんができていたような何でもできる電気工事士を生み出す会社を作っている。でもそんな工事士がたくさん増えれば今までのイメージが絶対に変わります。

「もう一つは電気工事って最高の仕事でしょ。電気なかったらこの世は回んないですよ。あらゆる仕事そうですけど。絶対必要で、今後もどんどん仕事が出てくるこの仕事になぜ魅力を感じへんねんと。しかもなり手が少ないでしょ。余計ねらい目やと。絶対引く手あまたになると。最高の仕事ですよ。それを周りが伝えていかないといけないね」

そうです。そのためにこの記事をここでのせること。それをたくさんの人に見て頂く事。それによって電気に関わる仕事の魅力、そして電建さんの魅力が伝わってくれたらと思います。

関連する投稿


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

「聞いたことはあるけど、何に使うものかは知らない」かもしれませんね。コイルは私たちの生活の多くの場面で大活躍している電気の部品の一つ。むしろ、これがないと生活は成り立たないのです…。今回は、あなたをそんな「コイル」の世界にお連れしましょう。


電力自由化とは〜電気も自由に選べる時代に〜

電力自由化とは〜電気も自由に選べる時代に〜

電力自由化がスタートしてから、数年が経ちました。しかし、いまだにどのようなシステムなのか分からないという人も少なくはないはず。今回は、電力自由化の特徴やメリットについてわかりやすく解説します。


初心者向けに簡単解説!電気の専門用語一覧集

初心者向けに簡単解説!電気の専門用語一覧集

電気業界では感電や漏電のように、日常生活の中で誰もが聞いたことのある専門用語だけでなく、実際に現場で仕事するとさまざまな専門用語が飛び交います。この記事では、電気にまつわる多様な専門用語を初心者の方でも分かりやすくご紹介します。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ