【体育祭より熱狂する!?】電気にも競技大会があるって知ってた?「電気工事技能競技全国大会」とは

【体育祭より熱狂する!?】電気にも競技大会があるって知ってた?「電気工事技能競技全国大会」とは

私たちの暮らしに欠かせない電気。そして日々、電気の安全を守り、各家庭や施設などに安定した電気を供給しているのが、電気工事業に携わる人々です。そんな電気のプロ達が、自分の技術を競いあう大会があることをご存知でしょうか?それが「電気工事技能競技全国大会」なのです。


電気工事技能競技全国大会って?

プロフェッショナルの技を見るため、多くの観客が選手の前に集まる。

電気工事技能競技全国大会とは参加者が電気工事の技術を競い合う大会で、技術者団体として施工技術の向上や業界内外・将来の担い手である若者(学生・生徒)などに対する業界のPRを目的として開催されています。
第一回は2014年11月29日に開催され、以降は隔年で実施。大会規模は何とおよそ2,000人(来賓や来場者数などを服む)程度で、一般の部、女性の部、高校生の部がそれぞれ設定されています。大会では挑戦者たちが各々のスキルで電気工事業関連製品を作成して展示し、それが審査員の鋭い目によって審査されます。普段はなかなか見ることができない電気の現場を垣間見ることができる貴重な機会であり、そのライブ感はまるでスポーツそのもの。国家資格にもと付いた“モノづくりの現場”で出来上がった製品たちは、一種の芸術作品とも言えるほど完成度が高く、美しく展示されていました。

2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、残念ながら開催を断念することとなりましたが、第4回は2022年に開催されます。本記事では次回の大会の予習として、第1回から第3回までの熱きハイライトをご紹介します!

第3回電気工事技能競技全国大会

2018年11月30日、第3回電気工事技能競技全国大会が両国国技館で開催されました。
本大会のテーマは「目指せ“頂上”(てっぺん) 燃やせ熱き魂 競え極限の技」。一般の部が30名、女性の部が5名、高校生の部が9名、総勢44名が参加し、白熱の戦いを繰り広げました。

歴代チャンピオンの泉谷祐真さん、小柳剛之さんが来賓として出席し、選手を激励。そして選手宣誓、準備体操から、KY活動(危険予知)で競技がスタート。ホイッスルが会場に鳴り響きます。
競技課題は電線配線や配管、電灯盤などの設置を組み合わせたもの。一般の部の競技時間は180分、女性の部の制限時間は150分。金属管などの配管の本数を減らすなど、一般の部の課題から簡略化された部分はあるものの、必要な技能は同じ。真剣な眼差しと無駄のない手つきに、観客も息を飲みました。

一般の部では新潟県電気工事工業組合に所属する小嶋一彦選手、女性の部では熊本県電気工事工業組合の高 奈津美選手、高校生の部では茨城県玉造工業高等学校の新橋翼選手がそれぞれチャンピオンの座を獲得しました。

女性部門の大会風景。無駄がなく、優雅で華麗に仕上げていく姿は非常に美しい!

力強さ、逞しさ、集中力を肌で感じられます。

第2回電気工事技能競技全国大会

大会スローガンは、「競え!翔け!技モノがたり!目指すは熱き孤高の和!」
2016年11月25日に両国国技館で開催された第2回電気工事技能競技全国大会。今回からは、一般の部30名に加え、女性の部が5名、高校生の部が5名、総勢40名のプロフェッショナルが参加しました。

前大会と同じく、選手1名が課題にもとづき、競技パネルに作品を作成。日頃より培ってきた技術力を作品で表現します。目の前にあるのは、限られた資材とこのパネルのみ。技術課題には、いかにして適切かつ円滑に工事を行うかという創意工夫、そして何よりも安全性が問われます。安全・安心な電気を体現するために、選手たちはテキパキと作品作りにのぞんでいました。

第二回のチャンピオンには、一般の部が佐賀県電気工事工業組合の小柳剛之選手、女性の部が福井県電気工事工業組合の前田宏枝選手、高校生の部では千葉県立千葉工業高等学校の齋藤平也選手が選ばれました。

第1回電気工事技能競技全国大会

記念すべき第一回は、「呼び起こせ、スペシャリストの新たな風!」をスローガンに掲げ、2014年11月29日に開催されました。全国から電気のスペシャリストが30名集まり、各々がプロならではの技を披露。
技能競技の課題は、電気工事の基本的な配管・配線工事に加え、計測ユニット、HEMSコントローラーなど多岐に渡るもの。当日は事前に公表されていた課題からボックスとブレーカーの取り付け位置が変更されるなど、難易度の高い課題が出題されました。また、技術試験とは別に学科競技も行われるというハードな内容の本大会。緊張感に包まれた会場では、普段は見ることができない技術者の高度な技術に観客から感嘆の声が漏れ、芸術的な完成作品に感動する人も。

初代チャンピオンに輝いたのは、中国ブロック 島根県電気工事工業組合に籍を置く、泉谷祐真選手。電気工事業界に新風が吹き込んだ、貴重な大会でした。

まとめ

関連する投稿


事務員から現場監督へ。職種を変えて分かった、電気の現場で働く楽しさ

事務員から現場監督へ。職種を変えて分かった、電気の現場で働く楽しさ

会社で働く人にとって人事異動は付き物ですが、今まで経験したことがない業務に就くのは、期待と同時に不安を抱えるもの。甲信電気で働く宗岡いずみさんもそうでした。事務員として働いていたある日、現場へ出ないかと言われ、気づけば電気工事の現場監督に。急な打診にもかかわらず楽しめたと語る宗岡さんに、現場で働く魅力を教えていただきました。


男性ばかりの現場で女性が働くのは大変ですか? 電気工事業界で奮闘する20代女子のリアルトーク(前編)

男性ばかりの現場で女性が働くのは大変ですか? 電気工事業界で奮闘する20代女子のリアルトーク(前編)

空に向かって、力強く、まっすぐと伸びる「鉄塔」。みなさんは、電気を運ぶ送電線を支えるこの建造物を“守る”お仕事があることをご存じでしょうか。その現場で今、活躍している20代の女性たち、それが岳南建設で働く松山由夏さんと亀田紫野さんです。2人は若き女性技術員として日々、鉄塔を見つめ続けています。男性ばかりで、なおかつ体力が必要な現場。この仕事を選んだ理由を伺いました。


知られざる技術者の世界 ー 日本のインフラを守る電気工事士の仕事

知られざる技術者の世界 ー 日本のインフラを守る電気工事士の仕事

一般家庭から商業施設まで、電気工事を一気に担う電気工事士。現場での電気設備の竣工だけじゃない、彼らの仕事の魅力を公開。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ