「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 後編

「電気を止めるな!」電気保安業務に従事する僕が伝えたいこと 後編


それぞれの選任の仕方

電気主任技術者の選任には、次の3つの方法があります。

 

・自社選任

社内で選任者を選ぶ方法です。社内の有資格者が電気主任技術者の仕事を担当します。

 

・外部選任

社内に有資格がいない、でも電気主任技術者を常駐させたい。そんな時に他社の設備管理会社に電気主任技術者の仕事を委託します。

 

・外部委託

スーパーや飲食店などの小規模な施設では受電する際は高圧ですが、実際に利用する時には100V200Vの低圧にしてエアコンや蛍光灯に利用するだけのため故障のリスクが低く、社内に専門の有資格者を置くことはほとんどありません。

 

そんな場合は他社に電気主任技術者の選任を依頼し、必要な時のみ点検してもらったり、定期的な点検とトラブル対応をお願いしたりします。

 

ですので、小さな店舗や施設にとっては外部委託の制度がとても助かるものとなります。普段は技術的な仕事が発生しないため、電気のスペシャリストを雇用する必要がないためです。また電気のことを考えずに済むので本業に集中できます。

以上から、外部委託という制度はなくてはならないものだということがわかるのではないでしょうか。ただ、この外部委託人材を誕生させるためには、様々な“関門”を突破しなくてはなりません。

外部委託人材が生まれるまでの“関門”とは

関門その1:電気主任技術者の資格を取得しなければならない

 

外部委託人材になるには、まず電気主任技術者にならなくてはいけません。これは自社選任、外部選任を目指す方でも共通です。そして、電気主任技術者になるためには電気主任技術者試験に合格する必要があります。電気主任技術者試験は、合格率10%を下回ることが多い筆記試験と、認定校を卒業し実務経験を積んだ後、面接、書類提出という長い道のりを経ることでやっと資格取得ができる認定試験という方法の2種類があります。

このように、電気主任技術者への道は大変険しいものですが、合格すれば多くの職場で尊敬される立場となることができます。

 

関門その2:実務経験が積みにくく、粘り強く働かなければならない

参照:平成29年度電気施設等の保安規制の合理化検討に係る調査 電気保安人材の中長期的な確保に向けた調査・検討事業

外部委託人材になるには、保安法人か保安協会に就職するか、管理技術者となって独立するかしか手段がありません。(本来、保安協会は保安法人に含まれますが、上記データでは分けて説明されています)

 

そして、新卒で外部委託人材として原則受け入れてくれる企業は保安協会のみであるため、外部委託人材になるには電気保安協会に就職せねばならないのです。

 

では、既卒ならどうでしょうか?既卒の場合も、電気保安の実務経験が複数年必要となるため、簡単には外部委託人材になることができません。(もちろん年数は最低条件ですし、スキルが伴っていないと難しいのです。さらに、採用面接もあります)。ビルや公共施設での電気保安実務を積んだのち、実力が伴っていれば保安法人や保安協会に就職することができます。

 

また、管理技術者も同じように複数年の実務経験が問われます。管理技術者とは保安法人や保安協会に所属するのではなく、個人事業主として開業する人のことを指します。ただ、社内業務として電気関係の仕事が少ない、またそのことから会社としても面倒や手間がかかるため実務を行わせないなどを理由に、実務経験を積むことが難しいのが現状

です。

 

僕の場合は職場の先輩電気主任技術者が丁寧に指導してくれるため、現在、着実に経験を積むことができています。その方の心ひとつで僕のスキルが大幅に変わるかもしれないと感じましたが、きめ細やかな指導を受けているので、日々、スキルアップを実感できています。それでも電気保安業務が頻繁にあるわけではありませんが…。

 

電験資格は参考書や過去問を見て勉強すればわかりますが、電気保安の実務は大きい箱やら、電線やらがただ並んでいて、一目ではどこから手をつけて良いかすら検討がつきません。電気保安にはマニュアルなんてありませんし、基本の業務はトラブル対処です(停電作業という代表的な電気主任技術者業務が存在しますが、その基本的な内容に関しては流石にマニュアルが存在します)。

 

僕は電験の資格を持っていますし、座学についてはすでに習得しています。ですが、この業務を通して、座学と実務の知識のズレを補修するのは決して簡単なことではないと実感しています。電気のオンオフですら、そもそもブレーカーがどこに存在しているかわからなければできませんから。それに電気は目に見えるものではないため、闇雲に作業をすることは非常に危険です。

 

以上から実務経験を積むことがいかに困難であるかがわかっていただけたのではないでしょうか。そして、この実務経験を経なければ外部委託人材にはなれません。

関門その3:仕事への知名度が低く、目指す若い人材が少ない

 

これが一番の問題です。

そもそも、電気主任技術者という仕事自体を知らない人が多いので、外部委託人材なんてもちろんご存知ないかと思います。

 

電機メーカーのように、家電量販店で販売されるような新しい製品を開発するお仕事でもありません。ゼネコンのように大きな建物がライトアップされ、その地域の象徴になるようなものを作るお仕事でもありません。
上記2つのように誰もが知っている、憧れる、あなたの生活を発展させる、そんな仕事ではないですので知名度はあがりません。

しかし、電気保安は「あなたの生活を守る」ために、なくてはならないお仕事です。そしてその仕事を担当しているのが電気主任技術者であり、外部委託人材なのです。

 

電気を守れ!

今後、どんなに世界が変わろうとも、人々は電気を必要としながら生きていくことでしょう。電気はそれほど生活に密着しているものですし、ほとんどの仕事は電気がなくてはなりたちません。生活の根底を支えている電気。生活の基盤を築いている電気。すべて人に灯りを届けるこの仕事は、たとえ目に見えなくても、本当に素晴らしいものです。

 

この記事を読んで、少しでも電気の仕事に興味を持っていただけましたら幸いです。是非、僕と一緒に日本の電気を守っていきましょう!

 

プロフィール

どわーふ

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカーで電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして「電気主任技術者が運営する就活転職応援サイト」https://denken.site/を運営中。Twitterのアカウントはこちら

関連するキーワード


電気保安 電気主任技術者

関連する投稿


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

関西電気保安協会の若手ホープが語る、「25歳の僕が見つめる電気業界の未来」

「電気業界で働く人は40代や50代が多そう…」なんとなくですが、そんなイメージを持っている人も少なくないのでは。しかし、そんなことはありません! 毎年、多くの若手がこの世界の扉を叩き、切磋琢磨しながら働いているからです。その一人が関西電気保安協会の“若手ホープ”里本樹さん(25歳)。18歳で入社し、今年で8年目。今回は里本さんに、電気業界の現在、そして未来について伺いました。実務経験を積む中で気付いた、働く上で大切なこととは?


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者となるまでの話 前編

将来あなたは何になりたいですか? パイロット? サッカー選手? ユーチューバー? 憧れる職業はたくさんあると思いますが、なりたい職業は異なりますよね。あなたが将来、本当に就きたい職業はなんでしょうか…? まだ進路を描けないあなたに、今回は、僕が経験したことをお話しします。この記事が将来の夢につながる、何かのきっかけになりますように。


入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社から4年。新人ではないけれどベテランとまでは至っていない。そんな私が感じた「電気を守る」ということ

入社4年目といえば、経験をそれなりに積み、仕事に慣れてやりがいと自信を感じる時期ではないでしょうか。同時に多くの失敗も経験し、苦い経験に右往左往することもあるでしょう。今回は新人ではないけれどベテランとまでは至っていない、入社4年目の女性職員・佐久間絵里さん(仮名)にWattMagazine編集部がインタビューを実施。北海道電気保安協会で電気主任技術者として働く佐久間さんが、入社4年目になって知った仕事の魅力とは?


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ