アジア旅行の必需品は「クロックスと防寒具」?雨季も乾季も気をつけたい、アジアの気候事情

アジア旅行の必需品は「クロックスと防寒具」?雨季も乾季も気をつけたい、アジアの気候事情

四季がある日本では、徐々に季節が移り変わるさまも赴き深いものがありますが、日本の周辺にあるアジア諸国では、季節が「雨季」と「乾季」のみという国も。 この記事では出張や旅行に役立つ、天気に関する情報を元バックパッカーの気象予報士がお伝えしたいと思います。


アジア諸国に雨季・乾季があるのはなぜ?

日本人からすると、ちょっとなじみの薄い雨季と乾季、普段はほとんど意識をしませんが、出張や旅行となると、急に気になる存在になりますよね。

では、なぜ、日本には四季があるのに、アジアの多くの地域は季節が2つなのでしょうか?

アジア諸国は、赤道に近い所に位置しているため、一年を通して、太陽からの強い日差しを受けて、暑くなります。

大陸と海洋は比熱(温まりやすさや冷めにくさ)が違うため、気圧配置が季節ごとに逆になり、吹く風の向きが逆になります。(季節によって吹く方向が違う風のことを「モンスーン」と呼びます)海上で水蒸気をたっぷり含んだ風が陸地に流れ込む時季は「雨季」。この風の向きが変わって、大陸から海に向かって流れ込むと、「乾季」になる。これが主なメカニズムです。(その中間の猛烈な暑さとなる時期を「暑季」と呼ぶ所もあります。)

基本的に、この雨季をもたらすモンスーンは南から北上するため、南にある地域ほど、次の期間で雨季がやってきます。

・マレーシアのクアラルンプールやシンガポールは11月~2月頃
・インドネシアのバリ島などは11月~3月頃
・ベトナムのホーチミンやカンボジアは5月~11月頃
・タイのバンコクは6月~10月頃

一方、日本は、北極の寒気と熱帯の暖気の中間にあたる「中緯度帯」に位置しているため、「寒気の入りやすい時期が冬、暖気が入りやすい時期が夏、その間が春、秋」と季節が分かれるのです。

ちなみに、熱帯のモンスーンの影響を日本でも一部受けていて、それが、日本の梅雨にあたります。

雨季も乾季も雨具は必須!おすすめは「クロックス」

ところで、乾季=雨が降らないというイメージはありませんか?

実際、タイなど大陸にある国では、乾季は雨が降りにくいようですが、インドネシアなどの島国などでは、「雨季と比べて、比較的雨が少なく過ごしやすい」くらいというのが実情。雨季でも、一日中雨が降り続くことはまれで、ザッと激しく降って止む地域がほとんどです。
そのため、どの季節に訪れても必須なのが、雨具。折りたたみ傘やカッパなどが代表格ですが、実は基本装備だけでは足りないんです。

なぜなら、大都会の都市部を除いて、まだまだアスファルトが整備されていない地域も多く、雨が降るとぬかるんで、泥まみれになってしまうことがしばしばあるため。アスファルトがあったとしても、ガタガタに割れていたり、排水がうまくいかない場合は、南国の激しいスコールによって道路があっという間に冠水することも日常茶飯事です。そのため、雨具はもちろん、濡れても大丈夫な「クロックス」などのサンダルがあると、お気に入りの靴が泥まみれにならずに済みます。

仕事で行かれる方は、道路が冠水した時のためにズボンを多めに持参する、大事な仕事道具のPCが雨に濡れてダメにならないように、撥水加工のカバンを用意するといった対策をしておくと大きなダメージは防げるでしょう。

暑い地域・時季でも防寒具やカイロを

そして、2点目は暑さと寒さ。

インドなどでは、最も暑い時季の5月頃は、熱波で50℃近くまで気温が上がり、毎年のように死者が出るなど、命に係わる暑さになることもあります。
そのため、最大の暑さ対策をすることが重要で、薄手の服や帽子、体を冷やすスプレーはもちろん、日焼け止め、虫さされの薬などをお持ちになる方は多いと思います。

ただし、アジアでも防寒具が必要なくらい寒くなることもあるのです。

例えば、雨の後や夜間は、気温がぐっと下がる所もありますし、標高の高い所に行けば、南国でもかなり寒くなります。山の上の方では、雪が降ることもしばしば。



更に冷房がステータスとなっている国では、室内がキンキンに冷やされていることも多く、外との温度差も激しいため、体調を壊しやすいもの。

どんなに暑い地域に行くときでも、羽織るものやストールなど、防寒出来るものがひとつでもあると快適さが全然違います。

また、風邪などを引いた時のために、常備薬やカイロ、ティッシュやウェットティッシュ、冷えピタなどもあると重宝します。(海外の薬は日本人には強すぎることも多いため。カイロなどは使わなければ現地の人にプレゼントすると喜ばれます)

怖いのは水だけじゃない!「アジア旅行×ペットボトル×食中毒」に注意

関連するキーワード


お役立ち

最新の投稿


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

年間売上1000万も夢じゃない!? 転職2回で“電気ドリーム”を掴んだ電気主任技術者のハナシ

転職で、まったく異なる業種に就いて、そこから活躍するのは簡単なことではありません。しかし、異業種から電気の世界に転職し、現在では年間売上1000万円を達成した電気主任技術者がいます。それが、九州電気管理技術者協会に所属する織田秀彦さんです。理容師と塾講師を経て電気の世界に飛び込み、66歳(2020年11月現在)になった今でも現役として活躍し、「仕事が楽しい!」と語る織田さんの“電気ドリーム”とは?


電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

電気は1人で灯せない。“チーム電気”で挑んだ台風19号による復旧活動【中部電気保安協会座談会・後編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生した中、長野県が受けたダメージは特に甚大でした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害に。それにより電気の供給がストップ。電気が使えない…そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。後編では、復旧活動で求められる“チーム力”をテーマに語っていただきました。復旧活動を指揮した早川さんが「多くの方の協力があって、電気を灯せる」と明かすように、電気はみんなの力がひとつになって灯せるもの。チームで動く上で大切なこととは?


消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

消えた明りを取り戻せ! 復旧活動で求められる志とは?【中部電気保安協会座談会・前編】

2019年10月12日に上陸した台風19号。日本各地で多大な被害が発生しましたが、中でも長野県が受けたダメージは特に甚大なものでした。河川は氾濫し、多くの建物や家が浸水被害にあい、電気の供給がストップ。「電気が使えない」。そんな状況に困惑する人々を救うため、中部電気保安協会の長野営業所の皆さんは切磋琢磨して、復旧活動に努めました。前編と後編に渡ってお送りする、“電気の復旧活動”。前編では、当時の復旧活動について、実際に復旧活動に従事された早川さん、森川さん、田平さん、そして多田井さんの4人に語っていただきました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ