猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

猫背に効く筋トレ「5秒スクワット」 姿勢を改善するには下半身から鍛えよう

姿勢改善に重要なのは、下半身を鍛えること! 悪い姿勢は見栄えが悪いだけでなく、コリ、頭痛、だるさ、疲労感などの体調不良の原因にもなります。本記事では、ZERO GYMの著書『エグゼクティブ・コンディショニング』から、正しい姿勢を保つための下半身筋トレをご紹介します。今すぐシャキッとしませんか?


下半身の筋肉が最重要! 

あなたは、つま先立ちができますか?
もしつま先立ちをしてぐらぐら揺れたり、お尻が後ろに出たり、かかとがすぐに地面についたりしてしまうなら、体が重力に逆らう力が弱まっているかもしれません。

私たちの体には「抗重力筋」という筋肉があります。背中・お腹・お尻・太もも・ふくらはぎなどにある筋肉で、文字通り、地球の重力に抗って姿勢を保持する働きをしています。私たちが立ったり座ったりできるのは、この筋肉があるから。体にとっては最重要な筋肉です。

もし、つま先立ちができなかったとしたら、この抗重力筋が衰えていると考えられます。とりわけ衰えているのが、下半身の筋肉。下半身の筋肉は、全身の筋肉のうち70%を占めていると言われるほど。
時間や手間をかけず、より効率的に体へアプローチをかけるには、まず下半身、そして胸、肩、上腕、背中、さらに体幹(腹部、わき腹、腰背)へと進めていくのが王道です。そして、その下半身の筋肉を最も効率よく鍛える方法がスクワットなのです。

心身ともに自信が増す「グラウンディング」

つま先立ちをして10秒立ち続けることができましたか?できなかった場合、土台が不安定な状態かもしれません。

「グラウンディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。groundは英語で「接地する」という意味で、グラウンディングは「地面にしっかりと根づく」ことを意味します。

グラウンディングは、ただ単に立っていることを意味するものではありません。仁王立ちしている男性をイメージしてみてください。彼の足は強く大地に根づき、しっかりと胸を張っています。その彼の心の内を想像してみましょう。ドキドキして不安を抱えているでしょうか?違いますよね。 体を安定させて、しっかりとグラウンディングすることは、体の強さだけでなく心の強さもつくりだします。つまり、自信のある自分づくりへとつながるのです。

最近は、運動不足による下半身の筋力低下により、足腰が弱く、背中が丸まっている方が増えました。それが、体だけでなく精神にも影響を与えているとしたら……?人前で話をしたり、大きな事業を動かす機会が多い人こそ筋力を強化し、グラウンディングを心がけたいもの。

グラウンディングができると、他にもさまざまなメリットが得られます。

首や肩の位置、腰の角度のゆがみなどが矯正され、肩コリ、腰痛など、さまざまな不調も改善されていくでしょう。きちんとした姿勢が保てるようになるので、体のゆがみによって臓器が妙な圧迫を受けることも減り、胃腸をはじめとした内臓の調子もよくなるはずです。

スクワットを毎日やって筋力を鍛え、グラウンディングできるようになれば、いつでも体の底から力が湧いてくるような状態が保てるようになるでしょう。

時短&簡単&効果最大! 『5秒スクワット』

スクワットは、一つの動きで得られる効果がいくつもあります。


◉太ももの「大腿四頭筋」という非常に大きな筋肉(抗重力筋の一つ)を使える

◉血流を促すターミナルポイント「股関節」を刺激できる

◉どこでも誰でもできる

◉自重を最大限にかけられる

◉代謝アップ効果が期待できる

◉筋力アップ効果が期待できる

◉体幹が強くなる効果が期待できる


ZERO GYMがお勧めするのは、1回を5秒かけて行う5秒スクワットです。

5秒スクワットを実践しよう

①足を腰幅くらいに開きます。つま先と膝は同じ方向に揃えます。

②息を吸いながら「1、2」と2秒でお尻を落とします。このとき、椅子に座るように、後ろに重心がくるようにします。つま先が浮かない範囲で、かかと重心で行います。

③お尻を落として「3」と、約1秒その格好で留まってください。ここを惰性でやってしまわないことで、効果的になるのです。

④「4、5」と2秒で、息を吐きながらゆっくり立ち上がり、①の姿勢に戻ります。

【ポイント】

お尻を落とすとき、膝がつま先よりも前に出ないように。前に出るのと、出ないのとでは、太ももにかかる重力が大きく変わってきます。また、膝を曲げるよりも、足の付け根を先に曲げてお尻を落とすイメージで実施しましょう。

ポイントは勢いをつけないこと、しっかりお尻を落とすこと、そして呼吸を止めないことです。

「15回×3セット」を隙間時間に!

関連するキーワード


ストレッチ

関連する投稿


【動画あり】ストレッチで仕事効率アップ!デスクワークの疲れを取ろう

【動画あり】ストレッチで仕事効率アップ!デスクワークの疲れを取ろう

長時間の座り仕事で、首肩や足腰のコリがひどい。でも、忙しくて整体やマッサージはおろか、運動する時間もとれない……そんな人も多いのでは。今回はYouTube等でも活躍する人気パーソナルトレーナー・林ケイスケさんから、仕事効率を高めたいビジネスパーソンに向けたストレッチ方法を教えてもらいました。


ストレッチの効果って?おすすめのストレッチも紹介

ストレッチの効果って?おすすめのストレッチも紹介

ストレッチとは、筋肉を伸ばすこと。なぜ、筋肉を伸ばすことが体によいとされているのでしょうか。 答えは、私たちの体が縮んでいるからです。運動不足で縮まったままの筋肉は凝り固まって弱ってしまいます。 猫背も縮んでいる状態の1つです。パソコンやスマートフォンを使って前のめりの姿勢になっているとき、脇や腹筋、下半身の筋肉は、縮んでいるのです。 また、ストレスや緊張も筋肉が縮む原因に。そんな体の縮みを改善してくれるのがストレッチです。


外出自粛のストレスに負けない!快適ストレッチとメンタルケア  快適ストレッチ編

外出自粛のストレスに負けない!快適ストレッチとメンタルケア 快適ストレッチ編

テレワークや外出自粛期間中の運動不足とストレスを解消するためのメソッドを『ZERO GYM(ゼロジム)』のトレーナー・松尾伊津香が動画でレクチャー。新型コロナのストレスに負けないように、しっかり体を動かして、ポジティブなメンタルをキープしていきましょう。


寝転がるだけで快眠!「動かないストレッチ」で睡眠の質を高める姿勢をつくる

寝転がるだけで快眠!「動かないストレッチ」で睡眠の質を高める姿勢をつくる

仕事も遊びも体力が必須!睡眠の質を高めてパフォーマンスを向上させよう。


最新の投稿


10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

今後、AIやロボット技術、VRや5Gなどが当たり前になることで、私たちの生活は大きく変わってくることが予測されます。この激変する環境下で、この先を見据えたスキルや考え方を身につけておけば、10年後にも活躍できるはず。この先の環境変化や求められるスキル・考え方を理解し、経験や学習を通して必要なスキルを身につけませんか。


電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安とは、言葉のとおり電気を安全に利用するために定期的な点検や検査を行うことです。このお仕事が適切に行われないと、漏電や火災事故が発生する危険性が高まります。つまり、電気保安を行う電気主任技術者は、そうした危険から日々、私たちの生活を守っているということです。本記事では、電気主任技術者の資格を有する僕が、電気保安のお仕事について詳しくお伝えしていきます。


不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

2020年に大流行した新型コロナウイルスは、全世界に経済の低迷をもたらしました。それによって、仕事を失った方や大幅な収入減になった方も少なくはありません。しかし、経済の変動を受けない職業がここに。それが電気設備を点検する、“電気管理技術者”です。参入するには資格と経験年数が求められる技術職ですが、北海道電気管理技術者協会に所属する石田浩倫さんは、「やる気さえあれば誰でもできる」と熱弁。石田さんのキャリアと共に、仕事の魅力を語っていただきましょう!


有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

電気保安には欠かせない国家資格である「電験三種」。名前は聞いたことがあっても、試験の内容までは知らない方も多いかもしれません。今回は、有資格者の僕が、なるべくわかりやすく解説します。


「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

仕事とは何でしょう。10代を過ぎると、仕事に向き合う日がどんどん近づいていきます。いつかは直接携わることになる仕事、その仕事に向き合う準備を少しずつはじめてみませんか。この記事では、身近な「もの」から仕事を想像する、身近な「ヒト」がどんな仕事をしているのか聞いてみるという、2つの方法で仕事への理解を深めていきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ