高校生のための進路の考え方3ステップ【大学・短大・専門学校】

高校生のための進路の考え方3ステップ【大学・短大・専門学校】

私はこれまでに学習塾で高校生の進路指導を10年以上行っており、現在も『兵庫いぶき塾』という学習塾で、生徒のみなさんに進路指導を行っています。大学進学から、就職・短大・専門学校まで、これまで様々な種類の進路選びのサポートをしてきましたが、進路を決めることはとても決して簡単なことではありません。 この記事では、進路を決めるまでの流れを大きく3つのステップに分けてお話します。進路選びに悩む高校生に役立つ内容ですのでぜひご覧ください。


ステップ①3つのポイントで自分探しをする

進路を考えるための1歩目として、自分のことについて知るための『自分探し』をしてみましょう。ポイントは次の3つです。

①自分の好きなこと
②自分が得意なこと
③自分でやりたい(やりたくない)こと

①自分の好きなこと

まずは、自分が好きなことを思いつくだけ書き並べてみましょう。音楽やスポーツ、映画や旅行など何でもOKです。自分が好きなことを書き出したら、好きなことに関連する職業について調べてみましょう。たとえば、音楽が好きならアーティストや演奏者以外にもたくさんの職業があります。

• 楽器の制作や販売
• 音楽ライター
• 音楽教師
• 楽器の調律師
• コンサートホールの管理会社

中には、音楽が好きだった生徒が、高校卒業後にコンサートホールの管理会社に就職した生徒がいます。一つの分野には、様々な職業があるはずですから、もしかすると、その中から「なりたい」と思えるようなものに出合えるかもしれません。

②自分が得意なこと

自分が得意なことが人の役に立った。そんな経験があればなおベストです。私の周りには、料理が得意で、調理実習で班の評価が上がったことが調理師を目指すきっかけになった知人がいます。
自分が得意なことが他人から評価されたことを思い出してみましょう。その中に、もしかすると進路選びのヒントが隠れているかもしれません。

③自分でやりたい(やりたくない)こと

「○○の勉強がしたい」というのであれば、そのような学びができる大学への進学を第一に考えるべきですが、「やりたいことがない」という人も少なくないはずです。
そうした人は、「やりたくないこと」を考えてみてください。たとえば、「接客業はしたくないかも」というのであれば、接客を業務内容に含まない職業について調べてみると良いでしょう。

ステップ②進路の種類について学ぶ

高校生にとっての進路は、大学進学・短期大学進学・専門学校進学・就職の4つどちらかになることがほとんどです。大学進学が49.7%、短大進学が5.1%、専門学校が15.9%、就職が17.5%という割合です。(文部科学省 平成30年度学校基本調査について)

大学と短大は、一般教養から専門領域まで幅広く学び、専門学校は、職業に直結する専門領域の知識や技術を学びます。大学と短大を比較すると、大学は修業年限が短大や専門学校よりも長い分だけ、より幅広く、深い知識や技能が身につけられます。
大学に通うメリットは短大や専門学校と比べて、課外の活動や将来の準備をする時間を長く取ることができることです。反対に、早く社会に出ることを目標にするのであれば短大、専門学校から就職を目指す選択肢を考えることになるでしょう。

③進路を決定する

自分の好きなこと・得意なこと・やりたいことを理解した上で、進路種別を照らし合わせていきましょう。4年間学んだ後で就職を狙う人は大学へ、資格や実用性の高い学習を短期間行った上での就職を狙うなら短大へ、選択は十人十色。

ここまで読んで、「まだどうすればいいか決められない」という人は、大学進学をオススメします。大学進学を目指すのであれば、受験勉強をしなくてはなりませんし、4年間の学費の準備も必要です。すすめる理由は、大学生活4年間を「やりたいことを探す時間にする」ためです。学部や学科は、なるべくいろんな方向に進むことができると良いですね。

最近では理系・文系問わず総合的な学びが出来る学部や学科も増えていますから、ぜひ、調べてみてください。大学の志望校の選び方については次の記事で詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。

志望校はどうやって選ぶ?〜受験生からのよくある質問3つにお答えします!

https://www.watt-mag.jp/articles/323

「志望校がなかなか決められない」「今考えている志望校でいいのかな?」と不安な気持ちを持っている高校生は少なくありません。 これまで学習塾で働く中で、志望校をどのように選べばいいか悩む気持ちを多く聞いてきました。今回は志望校選びについて特に相談をもらうことが多い質問を3つご紹介し回答したいと思います。

まとめ

進路は大学に進学することだけが全てではありません。自分に合った選択をしましょう。
まずは自分探しを今回の記事をヒントに実践してみてください。そして、説明会に参加したり、インターネットを使って情報収集をしたり積極的に進路を考えてほしいと思います。

プロフィール

しのはら塾長


兵庫いぶき塾の塾長。
これまで学習塾で15年以上、教務部長や教室長として勤務。中学・高校・大学受験について指導を続けてきた。2020年3月兵庫県西宮市で兵庫いぶき塾を開校。現在も小学生から高校生まで指導を行なっている。塾での指導に合わせて、兵庫県公立高校入試第一志望合格のための学習情報サイト"いぶきwebスクール"を運営中。
兵庫いぶき塾:https://hyogoibuki.com/
いぶきWebスクール:https://ibuki-webschool.com/

関連する投稿


【高校生必見!】勉強を継続するために大切な心構えと5つのコツ

【高校生必見!】勉強を継続するために大切な心構えと5つのコツ

大学受験や定期テストのために勉強をしなければと思っていても、それとは反対に継続して努力することは簡単なことではありません。この記事では、勉強を継続するための心構えと勉強を継続するコツについて解説します。


現場で働く若手技術者3名が語る「配電の仕事はワンチーム。使命と技術で、社会を支え暮らしを守る。そこにあるのはチーム力」

現場で働く若手技術者3名が語る「配電の仕事はワンチーム。使命と技術で、社会を支え暮らしを守る。そこにあるのはチーム力」

愛知県名古屋市に本社を置き、電力供給、電気、空調衛生、情報通信設備の工事から、太陽光発電などのエネルギー事業、住宅向け設備工事まで幅広く手掛ける総合設備企業の株式会社トーエネックさま。「社会を支え、暮らしを守る」という会社の使命を果たすため、日々、あらゆる現場で技術者が奮闘しています。今回は若手技術者3名に集まっていただき、お仕事からワークライフバランス、そして将来に至るまで、語りあっていただきました。


高校生に読んでほしい記事14選

高校生に読んでほしい記事14選

今、高校生に読んでほしい記事をWattMagazine編集部が厳選。 進路や受験勉強の悩み解決につながる記事や今日から使える電気のマメ知識を読んでみよう。


【好印象の作り方】新学期に友だちが作りやすくなる方法とは

【好印象の作り方】新学期に友だちが作りやすくなる方法とは

進級や進学はワクワクする反面、「仲の良い友だちとの別れが寂しい」「新しいクラス・環境で友だちができるか不安」など、友だちづくりに不安を抱えることもあるでしょう。 今回は、好印象で友だちが作りやすくなる方法を紹介します。人間関係に不安のある人は是非試してみてくださいね。


進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

進路に迷っている10代必見!将来への不安を軽減する方法4選

10代は、勉強や進路、友人関係など、多くの悩みや不安を感じやすい時期です。「将来、大丈夫かな?」という漠然とした不安は誰にでもあるものですが、その気持ちが積み重なっていくと、不安に押しつぶされてしまうことも。この記事では、不安を軽減する簡単な方法をご紹介します。


最新の投稿


電気工事士マンガ「転電虫」 第十七回 腰袋の使い道

電気工事士マンガ「転電虫」 第十七回 腰袋の使い道

職人さんたちが腰につけている腰袋。作業中には欠かせないものです。


秋に寂しい気持ちになるのはどうして?心の専門家が解説

秋に寂しい気持ちになるのはどうして?心の専門家が解説

夏の暑さが少しずつ終わり、過ごしやすくなる秋。何かをしようという意欲もわく一方で、何故か寂しい気持ちになることもあります。今回は、秋の気候と寂しい気持ちになる心理について解説します。



先輩社員と後輩社員が語る「教える側の想いと教わる側の想い––シーテックで働くこと」~電力部門 現場編~

先輩社員と後輩社員が語る「教える側の想いと教わる側の想い––シーテックで働くこと」~電力部門 現場編~

愛知県名古屋市に本社を置き、中部電力グループとして電気設備工事や電力関連工事から風力発電などの再生可能エネルギー事業までを手掛ける株式会社シーテックさま。「現場で働く」編では、同社で働く入社6年目の先輩社員・山口(やまぐち)さまと入社2年目の後輩社員・後藤(ごとう)さまにご参加いただき、仕事へのやりがい、普段は言えない一言を語っていただきました。


【Googleを攻略せよ!】データ・タスクを共有し企画を成功に導くツールと使いかた

【Googleを攻略せよ!】データ・タスクを共有し企画を成功に導くツールと使いかた

学校の出し物や有志のイベントなどで、企画の運営をされたことはありますか? 参加する側は本番当日を待つだけですが、運営側になると企画を考えたり、スケジュールを作って制作を進めたり、かなりの労力が必要です。 今回は、企画遂行に役立つGoogleのツールをご紹介しますので、ぜひ活用してくださいね。


今月のおすすめ