電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電気業界は男性中心の社会 今それが少しずつ変わろうとしています。 女性の電気業界への進出 実際の現場ではどんな活躍をしていて、反面どんな問題があるのか。 電気業界を盛り上げる女性に話を聞きました。 女性の想いを伝える「エレガ」(Electric Girl)シリーズ


「神戸で働きたかったんです」


その言葉を聞いてもうなずける、見た目はとてもポップで神戸の町が似合う20代の女性。

その志望動機からは考えられない、仕事の話を語る、やりがいに満ちた声に驚いた。

Electric Girl 【エレガ】 001 設計業務に携わる女性



地元を出て、兵庫県に移住してきたという彼女。
お洒落なバーも一人で出かける大人な面も見せる。
そんな見た目とは裏腹に、今の仕事は放送電波の送信に関わる仕事をしている。

出身は四国の香川県。
高校は普通科には行かず高専へ。
高専は5年間通う大学のように専門的なことを学ぶ学校。
男子が多く、当時女子は1割ほどだったそう。
「なんで高専に行ったんですか?」の質問に

「高校の普通科に行っても仕方ないなと思って… それなら仕事をしようと思っていたんです」


という思いを語る。
15歳の時点での社会的な目線の広さに驚くも、親も無理に大学を勧めていなかったり、学校にそんなにこだわらなくてもいいのかなと小さな頃から考えていたと言う。

将来の仕事につながる高専での毎日は、女性が少なくても問題なかった。
男女に限らず仲良くなり楽しく過ごしていたそう。

そこでたまたま入った学科で専攻していたのが陸上無線技術士という資格。
学校在籍中に無事取得したという証拠に、免許も見せてもらった。

卒業後は

「神戸で働きたかった」


と言う。

話を聞くと、ご両親の出身が元々神戸。
だから子どもの頃からよく通っていて、大好きなエグザイルのコンサートがある京セラドームもある。

そこに加えて、持っている資格を活かせる仕事場を選んだ。

「仕事は楽しいです」


というエレガ。
設計したものができあがる喜び。
提案して見積もりをしてそれが通った時の喜び。
設計中に考えるときは

「パズルみたいで。それが出来た時はヤッターって感じです!」


と嬉しそうな表情を見せる。
仕事の話をしている時に何度も心から喜んでいる姿を見せてくれた。
本当に仕事が好きな様子だった。
そうはいっても周りは男性ばかりの職場。
技術枠で採用された女の人の前例がないから

「手探りなんです」


とも語る。
大変そうだけど、職場はどんな人間関係なんだろう?
聞いてみると…

関連する投稿


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気とは何か? 23年の仕事を通じて気づいた電気の偉大な力

電気一筋のベテラン電気主任技術者が沖縄にいました。沖縄電気保安協会で働く萩原一貴さんは生まれ育った沖縄の電気を守り続けて23年。今回、萩原さんにご自身のキャリアを振りかえっていただきました。キーワードは「変幻自在」。暑さが続く8月の沖縄で話を聞きました。


電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

電気工事会社を変える電気工事会社!? 株式会社電建 【電気企業インタビュー】

「電気工事会社」のイメージというと、どういうものがあるでしょうか。 少し職人気質な方たちが、現場作業をこなしている様子? 体力のいる仕事? 建設業者のもと、過酷な環境で働いている光景? 3K(きつい・きたない・きけん)? そんなイメージを持たれている方も多いのかもしれません。 今回インタビューに訪れた電気工事会社さんはそのイメージとは全くかけ離れていました。 電気工事を目指す人たちに、是非とも知っていただきたい会社さんです。


生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

生活に密着したコイル製品〜身近なこんなところにも使われている!

「聞いたことはあるけど、何に使うものかは知らない」かもしれませんね。コイルは私たちの生活の多くの場面で大活躍している電気の部品の一つ。むしろ、これがないと生活は成り立たないのです…。今回は、あなたをそんな「コイル」の世界にお連れしましょう。


最新の投稿


控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

控えめに言って凄い資格! 「電験二種」所持の技術者が語るチームワークと誠実に働くことの大切さ

仕事はみんなで協力し合ってできるもの。ということで、今回のテーマは“チーム”です。関東電気保安協会の荒田浩一さんは、数10人の現場をまとめるリーダーを務めた経験から、「協力できることがあれば、協力する」と語っていました。この考えに至ったのはある経験があったから。チームで働く上での心掛けと仕事観を語っていただきました。


面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

面接で自信を持つ方法 |就活・転職活動 編-科学的な適職Q&A-

アンケートや調査で集まったキャリアにまつわる疑問から、書籍内でカバーしきれなかったものをピックアップし、『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』著者の鈴木祐氏に回答いただきます。


仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

仕事にダッシュ! この10年を走り抜けて気づいた「自分の到達点」

長く仕事に従事していれば、成功も失敗も経験するもの。そうした体験を経て、人は少しずつ大人になっていきます。中国電気保安協会で働く小笠原諒さんは、高校卒業後に社会人になって今年で10年。この間、嬉しいこともあったし、自分の未熟さを痛感したこともあったと言います。今回は小笠原さんに、この10年を振り返っていただき、働く中で気づいた、「仕事の喜び」を語っていただきました。


台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

台風により停電、そして災害地での復旧活動。そこで見えてきた“仕事の素晴らしさ”とは?

ここ数年、毎年のように日本にやって来る大型の台風。それにより、河川の氾濫や土砂崩れ、そして停電が発生しています。そんな時、災害地に向かい、電気の復旧活動をする人々が、関東電気保安協会の職員たちです。電気が使えず困っている人を助けるために向かった現場でどんなドラマが生まれたのでしょうか? 実際に復旧活動をされた関東電気保安協会の3人に話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月、台風15号が首都圏を直撃! 千葉県全域が停電! その時、男たちはどんな復旧活動をしたのか?

2019年9月9日、千葉県に台風15号が上陸。この台風により、首都圏およびその周辺地域は甚大な被害を受けました。特に千葉県全域での被害は大きく、多くの建物が停電に…。その復旧活動のため、多くの電気関係者が、災害地域に向かい、力を注ぎました。その団体のひとつが、関東電気保安協会。現場ではどんなことが起き、どんな困難に直面し、どう電気を復旧させたのでしょうか? 関東電気保安協会で災害時の作業を担当した3名に、お話を伺いました。 ※撮影時のみ特別にマスクを外し、インタビューはマスクを着用したうえで、換気をした屋内で実施いたしました。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ