電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電工女子【エレガ】インタビュー「場所と資格で選ぶ 今の女性の働き方」

電気業界は男性中心の社会 今それが少しずつ変わろうとしています。 女性の電気業界への進出 実際の現場ではどんな活躍をしていて、反面どんな問題があるのか。 電気業界を盛り上げる女性に話を聞きました。 女性の想いを伝える「エレガ」(Electric Girl)シリーズ


「神戸で働きたかったんです」


その言葉を聞いてもうなずける、見た目はとてもポップで神戸の町が似合う20代の女性。

その志望動機からは考えられない、仕事の話を語る、やりがいに満ちた声に驚いた。

Electric Girl 【エレガ】 001 設計業務に携わる女性



地元を出て、兵庫県に移住してきたという彼女。
お洒落なバーも一人で出かける大人な面も見せる。
そんな見た目とは裏腹に、今の仕事は放送電波の送信に関わる仕事をしている。

出身は四国の香川県。
高校は普通科には行かず高専へ。
高専は5年間通う大学のように専門的なことを学ぶ学校。
男子が多く、当時女子は1割ほどだったそう。
「なんで高専に行ったんですか?」の質問に

「高校の普通科に行っても仕方ないなと思って… それなら仕事をしようと思っていたんです」


という思いを語る。
15歳の時点での社会的な目線の広さに驚くも、親も無理に大学を勧めていなかったり、学校にそんなにこだわらなくてもいいのかなと小さな頃から考えていたと言う。

将来の仕事につながる高専での毎日は、女性が少なくても問題なかった。
男女に限らず仲良くなり楽しく過ごしていたそう。

そこでたまたま入った学科で専攻していたのが陸上無線技術士という資格。
学校在籍中に無事取得したという証拠に、免許も見せてもらった。

卒業後は

「神戸で働きたかった」


と言う。

話を聞くと、ご両親の出身が元々神戸。
だから子どもの頃からよく通っていて、大好きなエグザイルのコンサートがある京セラドームもある。

そこに加えて、持っている資格を活かせる仕事場を選んだ。

「仕事は楽しいです」


というエレガ。
設計したものができあがる喜び。
提案して見積もりをしてそれが通った時の喜び。
設計中に考えるときは

「パズルみたいで。それが出来た時はヤッターって感じです!」


と嬉しそうな表情を見せる。
仕事の話をしている時に何度も心から喜んでいる姿を見せてくれた。
本当に仕事が好きな様子だった。
そうはいっても周りは男性ばかりの職場。
技術枠で採用された女の人の前例がないから

「手探りなんです」


とも語る。
大変そうだけど、職場はどんな人間関係なんだろう?
聞いてみると…

関連する投稿


太陽光が当たるだけでセルフクリーニング 夢の電気素材「光触媒」とは

太陽光が当たるだけでセルフクリーニング 夢の電気素材「光触媒」とは

光触媒とは、太陽の光を当てるだけで表面を洗浄する機能を持った電気素材のことを言います。 そんな魔法のようなことがあるの? あるんです。実在しますし、実用化もされています。光触媒は、身近な生活の中でどのように活用されているのでしょうか?


リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

リニアモーターカーにも使われている夢のような金属素材「超電導」とは

聞きなれない言葉、「超電導」。これは電気抵抗がゼロである状態の電気素材のことです。 大きなエネルギーを作ることができるため、リニアモーターカーにも利用されています。またその他にもたくさんの場面で、今後使われていくであろう夢の電気素材です。今回は大きな可能性を秘めた超電導について、一緒に勉強してみましょう。


磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石の不思議。どこまで切り離したらN(S)だけになるの

磁石について、あなたはどれだけ知っていますか? 冷蔵庫にはりつく、N極とS極がある、砂鉄がくっつく…。 磁石は、不思議な特性がいくつもあり、奥が深いものです。 今回は、おもに3つのことについて触れていきます。きっとあなたも興味がわくはず。 僕と一緒に磁石について勉強していきましょう。


偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

偏差値50未満だった僕が電気主任技術者になるまでの話 後編

高校、大学と電気と向き合ってきた僕。それから社会人になり、さらに電気の魅力に気づいたのです。


ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

ブレーカーはどうして落ちるの?その原理を解説します。

家の中を見渡すと、エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、多くの電化製品があるはず。しかし家族から、「同時に利用しないようにね」と言われませんか? なぜこのように注意されるのか。それは、一度にたくさんの電気を利用するとブレーカーが落ちて家にある全ての電化製品が利用できなくなってしまうからです。もしブレーカーが落ちたら、自分の手でブレーカーを上げ、もとに戻さなければなりませんが、そもそもブレーカーはなぜ“落ちる”のでしょうか。非常に身近なことなのに、意外とその理由を理解していないかも?今回はブレーカーについて一緒に勉強していきましょう。


最新の投稿


10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

10年後に求められるスキルってなんだろう〜多様化する働き方を知る〜

今後、AIやロボット技術、VRや5Gなどが当たり前になることで、私たちの生活は大きく変わってくることが予測されます。この激変する環境下で、この先を見据えたスキルや考え方を身につけておけば、10年後にも活躍できるはず。この先の環境変化や求められるスキル・考え方を理解し、経験や学習を通して必要なスキルを身につけませんか。


電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安って具体的にどんな仕事?を解説します!

電気保安とは、言葉のとおり電気を安全に利用するために定期的な点検や検査を行うことです。このお仕事が適切に行われないと、漏電や火災事故が発生する危険性が高まります。つまり、電気保安を行う電気主任技術者は、そうした危険から日々、私たちの生活を守っているということです。本記事では、電気主任技術者の資格を有する僕が、電気保安のお仕事について詳しくお伝えしていきます。


不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

不景気なんて関係ない。安定の仕事ができる、それが電気管理技術者だ!

2020年に大流行した新型コロナウイルスは、全世界に経済の低迷をもたらしました。それによって、仕事を失った方や大幅な収入減になった方も少なくはありません。しかし、経済の変動を受けない職業がここに。それが電気設備を点検する、“電気管理技術者”です。参入するには資格と経験年数が求められる技術職ですが、北海道電気管理技術者協会に所属する石田浩倫さんは、「やる気さえあれば誰でもできる」と熱弁。石田さんのキャリアと共に、仕事の魅力を語っていただきましょう!


有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

有資格者が簡単に解説する「電験三種」の試験の中身

電気保安には欠かせない国家資格である「電験三種」。名前は聞いたことがあっても、試験の内容までは知らない方も多いかもしれません。今回は、有資格者の僕が、なるべくわかりやすく解説します。


「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

「キャリアって何だろう」 キャリアカウンセラーが解説!豊かな人生のための「働く」についての考え方

仕事とは何でしょう。10代を過ぎると、仕事に向き合う日がどんどん近づいていきます。いつかは直接携わることになる仕事、その仕事に向き合う準備を少しずつはじめてみませんか。この記事では、身近な「もの」から仕事を想像する、身近な「ヒト」がどんな仕事をしているのか聞いてみるという、2つの方法で仕事への理解を深めていきます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

今月のおすすめ
































最近話題のキーワード

Watt Magazineで話題のキーワード


筋トレ 筋トレ 効果 睡眠 ストレッチ